隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

熱海の隧道(2)

atami002.jpg

熱海市街地からほど近い、塀に挟まれた怪しげな小道に入る。


atami003.jpg

小道の先には、例の看板が。 左カーブの先にその物件はある。


atami004.jpg

出た!

何回も書くが、隧道と出会うこの瞬間がたまらない。


atami005.jpg

その隧道は右にカーブしているものの、写真上では何の変哲も無いように見える。

atami006.jpg

内部の様子。

大きい右カーブは魅力的であるが、もう出口である。 普通の隧道のように見える。

だが、赤の「a」地点に背中を押しつけて撮影側した、次の写真をご覧いただきたい。


atami007.jpg

なんじゃあこりゃあ!!

入口と出口が同じ方向を向いている。 しかもすごい急坂で。

こんな隧道見たことない。

魚眼レンズが欲しかった・・・。

なお、本隧道は管理人クイック氏の「穴と橋とあれやらこれやら」に詳しい。

是非、ご覧ください。

atami008.jpg

出口側坑口。

なお余談だが、交通量はまずまずあるのだ。 鉢合わせを避けるため、慣れたドライバーは隧道突入前にクラクションを全開にする。 隧道内を歩行していた少年が、「うるせーっ」と毒づいていた。

(完)



スポンサーサイト
  1. 2014/11/24(月) 11:35:13|
  2. その他の隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

熱海の隧道(1)

atami001.jpg

静岡県熱海市。

こんなトンネルもあるのだなぁ~・・・

と感心させられる隧道。

乞次号。


  1. 2014/11/16(日) 21:43:40|
  2. その他の隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

こわくび隧道(2)

DSC01038.jpg

DSC01039.jpg

こわくび隧道。小さい坑口。ヒト身長よりちょっと高い程度。
DSC01040.jpg

DSC01042.jpg

内部の様子。
  1. 2007/09/26(水) 14:13:48|
  2. その他の隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こわくび隧道(1)

DSC01037.jpg

長野県伊那市にある美和湖。静かに佇むこの湖のほとりに、かわいいトンネルがあった。
DSC01036.jpg

写真中央に小さく見えるのが坑口。
  1. 2007/09/19(水) 14:22:44|
  2. その他の隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

猿軍団(3)

20070817145558.jpg

猿との遭遇ショックからまだ立ち直れていないが、次のトンネルに向かう。上の写真は猿出没地からすぐのところにある、何の変哲もない県道トンネルではあるが、その坑口の向かって左側にちっこいトンネルがポカンと口をあけているのだ。
20070817150034.jpg

横峰トンネルという名前のそのトンネルは、湖の周回道路の一部であるらしいが、最近は全く使われていないようである。県道を普通に車で走行している限り、この横峰トンネルには気付かないであろう。
20070817150240.jpg

中に入ってみる。狭くて暗いが残念ながらやや短い。でもスミマセン、途中で引き返しました!出口にサルが居るような気がして・・・
  1. 2007/08/17(金) 15:04:24|
  2. その他の隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

猿軍団(2)

20070813132421.jpg

そのトンネルは、通行止めのチェーンの先にあるようだ。早速、このチェーンをまたいでみる。だが、しかし、それから先は一歩も進めなかった。なぜなら、猿ですよ猿!モンキーです。一匹の猿が木の上からこちらを窺っているではあーりませんか。そのときは、「ほーっ!猿ですか。こりゃ面白い。それでは写真を一枚・・・」などと呑気にデジカメを猿に向けたのですが、突然、私の真横でガサガサッ、ガサッ!と木々を揺する激しい大きな音が・・・これは猿の群れに違いない!ひーっ襲われる、そりゃ逃げろ!というわけで、トンネルはおろか猿の写真も撮れない有様。どうも申し訳ございません。
  1. 2007/08/13(月) 13:33:59|
  2. その他の隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

猿軍団(1)

20070810204219.jpg

夫婦トンネル周辺の探索を終えて、次なる目的地へ向かいます。栗山ダムにも程近い八汐湖。地図を眺めていると、主要地方道(県道)から僅かにはずれた八汐湖の周辺に、800m近くはありそうな隧道が見てとれるのであります。上の写真をみてください。山腹になにやら妖しい穴があいています。
20070810204642.jpg

その坑口付近をアップ!手前に何やら鉄橋みたいのもあるし、いったいどうなっているのか!・・・でも期待しないでください。本レポートははっきり言って腰砕け。なぜなら・・・(乞次号)。
  1. 2007/08/10(金) 20:49:01|
  2. その他の隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長尾隧道(4)

20070619234422.jpg

朝日に輝く長尾隧道反対側坑口。朝早い箱根は様々な野鳥の鳴き声に溢れていた。
  1. 2007/06/19(火) 23:45:30|
  2. その他の隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長尾隧道(3)

20070617180245.jpg

内部。
  1. 2007/06/17(日) 18:03:06|
  2. その他の隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

長尾隧道(2)

20070612195739.jpg

私の愛車SUZUKI GSX 1400 と長尾隧道。
  1. 2007/06/12(火) 19:58:51|
  2. その他の隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
ちょっと気になる所
(HiroKittyさん)
ほんわかした隧道愛。隧道ファンの癒し所です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。