隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鳩打隧道(6)

hato114.jpg

反対側坑口。入口と同じ扉がきちんと取り付けられていた。 扁額はくぼみだけ。名前は入っていなかった。

hato115.jpg

さて、それでは謎解きである。扉は何のためにあるのか。飯田市役所に問い合わせてみた。次のご回答(1)、(2)をいただいた。
 (1)冬期、扉を閉めることによって、隧道内の温度を保ち凍結を防ぐため。
 (2)この地域は積雪が多く、隧道内へ雪が進入することを防ぐため。

以上である。飯田市役所のご担当者様、お忙しいところ誠にありがとうございました。皆さん、飯田に行きましょう。

hato116.jpg

なお、鳩打隧道の入口付近には、上の写真のような東屋があります。ここで一服いたしましょう。(完)
スポンサーサイト
  1. 2008/11/09(日) 13:36:53|
  2. 鳩打隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

鳩打隧道(5)

hato112.jpg

隧道内は暗く、デジカメのフラッシュだけでは心もとない。車のヘッドライトを借りてちょっと一枚。荒々しい岩石のマダラ模様があった。

hato113.jpg

出口付近は一部補強されていた。 約300mの隧道であった。 次号は、なぜ扉があるのか、飯田市の公式見解をもとにその謎を解き明かします。
  1. 2008/11/05(水) 11:32:18|
  2. 鳩打隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

鳩打隧道(4)

hato109.jpg

隧道内に進入すると、すぐに素堀り区間が現れる。車一台分の幅はある。天井から水が滴り落ちている。

hato110.jpg

出ました! 素掘りとコンクリートのコラボレーション。何回見ても見飽きない、ときめきの一瞬である。

hato111.jpg

コラボ区間を越えると、壁の色がガラリと変わる。岩石の種類が異なるのであろうか・・・。
  1. 2008/11/04(火) 13:16:49|
  2. 鳩打隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鳩打隧道(3)

hato106.jpg

向かって右側の扉にぐぐっと接近してみる。格子状の赤い骨格に、白い布が張ってあった。布に触ってみる。地厚の布だ。丈夫そうである。写真右側にあるように、扉は、コンクリートの壁面と鎖で接続されていた。これを外すには、特別な工具が必要だ。

hato107.jpg

続いて、左側。小さな出入り口みたいなものが右下にあった。この小さい出入り口から隧道内に入る姿を想像してみてほしい。茶室に入るが如く、である。風情を醸し出している。次号から、いよいよ隧道内部に突入だ。その前に、チョットだけ内部をお見せいたしましょう。

hato108.jpg

ストレートのトンネル。かなり古そうだ。
  1. 2008/10/30(木) 13:52:55|
  2. 鳩打隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鳩打隧道(2)

hato103.jpg

林道をさらに進み、峠に到達。鳩打隧道とのご対面である。最高の瞬間である。すると、あるではないかあるではないか。坑口に何やらアヤシイものが付いている。

hato104.jpg

近づいてみる。おお!障子のような2枚の扉!

hato105.jpg

扁額。右から「鳩打隧道」。う~ん、読めない・・・。
  1. 2008/10/26(日) 13:26:04|
  2. 鳩打隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

鳩打隧道(1)

hato101.jpg

長野県飯田市の飯田高原。以前、「扉がある」と言われるトンネルの探索に出かけた。しかし、写真のように一車線林道が雪に埋もれ、これ以上車が進めなくなった。つまり、断念したのだ。そのときの詳細はこちら(←“こちら”をクリックしてください)。時は流れ、リベンジすべく、立ち上がった。

hato102.jpg

だいたい同じ場所からの撮影。おお!晴れてます進めます!行きま~す!!
  1. 2008/10/22(水) 20:53:07|
  2. 鳩打隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
ちょっと気になる所
(HiroKittyさん)
ほんわかした隧道愛。隧道ファンの癒し所です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。