隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夜の戸谷隧道(3)

yoru144.jpg

さらに前進すると・・・いたいた・・・こうもりの集団が。

前回訪問したときよりも若干、数が少ないような気がする。

yoru145.jpg

うへえ! それでもやっぱり、鈴なりは見てて気持ちのよいものではない。

不定形の軌道を描きながら、目の前をすごい勢いで横切るこうもりさんたち。

故意か偶然か、時々顔面に激突してくれるこうもりさんたち。


yoru146.jpg

それでもめげずに前進だ。 出口が見えない。 これは夜に訪れる大きなメリットであろう。


yoru147.jpg

補強板が見えてきた。 出口はもうすぐそこである。

yoru148.jpg

闇の中でじっと佇む反対側坑口。

戸谷は両方の坑口からすさまじいオーラを発していた。

その迫力に耐えきれず、尻もちをついた。

yoru149.jpg

反対側坑口付近の石仏様。

またお会いしましたね。 こんばんは。

石仏様のお顔をのぞくと・・・

ひいぃ・・・今回は怒ってらっしゃる。 前回訪問時は苦笑だったんだけど・・・。

寝てたのに起こされた! 誰かと思えばまたお前らか! 石仏様のお声を確かに聞いた。

ひいぃ・・・ごめんなさい・・・でも、多分、また来ます。 よろしくお願いします。

(完)



スポンサーサイト
  1. 2010/05/27(木) 11:18:57|
  2. 戸谷隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜の戸谷隧道(2)

yoru140.jpg

戸谷隧道坑口にカメラを向けるDAiN氏。

照明をすべて消すと、そこにあるのは漆黒の闇だけである。

夜の戸谷隧道からは、何者をも寄せ付けない、すさまじいオーラが噴出していた。


yoru141.jpg

はぁ~いハハハイ、ハイハイハイ! 気合一声、DAiN氏の突入である。


yoru142.jpg

ちょーっと、アンタたち! 尻を突き合わして何を撮影してんの・・・?


yoru143.jpg

みなさん、まじめにやりましょう。 ボクが望んでいるのは、コレ。

だ~れも居るはずのない、深い闇の中から、ぼわ~んと浮かび上がる戸谷の内部。

一人だったら、絶対に、絶対に、絶対に、絶対に、絶対に、入れません。

  1. 2010/05/24(月) 13:28:51|
  2. 戸谷隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

夜の戸谷隧道(1)

yoru139.jpg

今回はオマケ編です。

夜の戸谷隧道。 ナハハハ。

別に夜に行ったからって、どうということもないんですけどお。

オマケ編なのでお許しアレ。


  1. 2010/05/05(水) 11:27:44|
  2. 戸谷隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コラボレーション第2弾!戸谷隧道(11)

totani43.jpg

ゆっくり、ゆっくり、隧道内を進行する。 向こうのほうでコウモリが何やら騒いでいるが、もう大丈夫。

何百羽でも、かかってきなさい! うはははは! さっきまでビビって泣いていた自分がうそのようである。

いつもの如く、隧道内で佇んでみる。 至福のひとときである。 

(上の写真は、byまきき氏)

totani45.jpg

出口に近付くにつれ、戸谷はまた違う顔を見せてくれた。 デロデーロが滲み出ていた。

totani47.jpg

戸谷隧道を象徴するこの一枚 (この写真は、byまきき氏)。

鉄製逆U字。 煉瓦積み。 そして見事な対称形で飛行するコウモリ。

煉瓦積みの右側下方を見てほしい。 なにか窪みが見えるでしょ?

totani46.jpg

その中には、小部屋にチョコンと納まった石仏様の御姿があった。

どうもお騒がせいたしました。

以上で戸谷隧道のレポは終了である。 お付き合いいただいたまきき氏、そして読者様に感謝します。

(完)

  1. 2009/10/19(月) 14:03:33|
  2. 戸谷隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コラボレーション第2弾!戸谷隧道(10)

totani39.jpg

隧道内は、所々が鉄製逆U字により補強されていた。 おしゃれである。
 
ヒダヒダと、上下左右のうねりは、何か動物の腸内のようであった。

totani40.jpg

天井から側壁にかけて付着した水滴。 ライトに反射してきらめいていた。 チャーミングである。

totani41.jpg

水滴を調査するまきき氏。 戸谷はあらゆるものに触れることができる。 それほどに狭い空間なのである。 あーっ! ペロペロ舐めるの忘れちゃった・・・。

totani38.jpg

撮影風景。

まきき氏作製の強力ライトが、戸谷の魅力をくまなく照らし出していた。

まきき氏の尻もなぜか赤く光っていた。

なお、まきき氏の名誉のために補足するが、まきき氏の尻光は、安全確保のためである。 つまり、自分の存在を後方に知らせようとするものである。 まさに、“尾灯”であった。

  1. 2009/10/14(水) 14:07:05|
  2. 戸谷隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コラボレーション第2弾!戸谷隧道(9)

totani34.jpg

戸谷隧道坑口。

はるか遠く向こうに、一点、光の穴が見えた。

このような隧道が現役として(?)、いまだ日本にあることに感謝する。

totani35.jpg

補強板が規則正しく連なっていた。

このような無機的な光景も、時として趣を醸し出す。 寒々しい模様は異空間のようである。

totani36.jpg

素掘り区間となった。 ヒダヒダが幾重にも連なる。 どういう風に、掘ったのだろう・・・。

totani37.jpg

戸谷隧道の中央部である。 戸谷隧道内部は、微妙なアップダウンがある。

これにより、出口の光が届かない箇所がある。

そこでは、穴がどんどん小さくなっていく・・・そんな風に感じる。

ああ・・・これが戸谷か・・・。 

  1. 2009/10/08(木) 20:54:24|
  2. 戸谷隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コラボレーション第2弾!戸谷隧道(8)

totani31.jpg

さて・・・徒歩で完抜けしたものの、「戸谷隧道内部を、ゆっくりと、味わった。」 とは言い難い。 すなわち、我々の目的は未だ達成されていない。 再び戸谷隧道坑口に対峙する二人。 いよいよ次号から戸谷隧道の旬の味覚をご紹介いたします!! その前に、ちょっとだけ予告編を。

totani32.jpg

隧道特製ヨーグルト。

totani33.jpg

隧道内でサンバを踊り狂う、まきき氏。

なお、まきき氏のトンネルコレクションでも戸谷隧道ONAIR中です!! “ここ”をクリック!!

  1. 2009/10/02(金) 09:34:49|
  2. 戸谷隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コラボレーション第2弾!戸谷隧道(7)

totani26.jpg

乱れ飛ぶコウモリを隧道内から押し出す。 トコロテンである。

第一の補強板が見えてきた。

胸キュンなのであるが、今はコウモリとのガブリ寄りに懸命である。

totani27.jpg

第二の補強板が見えてきた。

ネットで良く見た光景が、眼の前にあった。

コウモリはとうとう土俵際である。 張り手を相当食らったが、鼻血程度で済みそうだ。

totani28.jpg

そしてとうとう戸谷隧道徒歩完抜けである。

やった・・・やったねまききさん! 幾多の困難を乗り越えた男たちの眼に光るものを確かに見た。

それは、群青色の顔色が再び紅に染まる瞬間でもあった。

totani29.jpg

坑口前で我々を見守る石仏。 石仏様も我々の快挙を祝福してくれているのだろう。 だが・・・。

totani3029.jpg

違った。 この御顔は、苦笑だ。 「しょうもない輩じゃのお・・・」 石仏様の御声を確かに聞いた。

なお、まきき氏のトンネルコレクションでも戸谷隧道ONAIR中です!! “ここ”をクリック!!
  1. 2009/10/02(金) 09:28:32|
  2. 戸谷隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コラボレーション第2弾!戸谷隧道(6)

totani23.jpg

もう決めた! 行くといったら行くのだ! 覚悟を決めた私は、まきき氏と横一列に並び、戸谷の深い闇に埋もれていったのである。

冷静になって眺めてみると、胸キュンポイントもあるではないか。 素掘りとコンクリートのコラボである。

totani24.jpg

さらに進むと、やっぱりいた。 コウモリのコロニーが天井に連なっているではないか! アフーン・・・。

totani22.jpg

もう勘弁してくださいお代官様ぁ! 鈴なりのコウモリコロニーからの見事なフライトである。

それもハンパじゃない数だ! ムキョキョキョキョ・・・スパシャパ・・・シューッッ!

コウモリの激しい自己主張だ。 アヒョーン! もうダメ! やっぱりおうちに帰ります!

だが・・・ん?

totani25.jpg

コウモリは当たらないのである。 つまり、こういうことである。

コウモリが顔面めがけて音速で近づいてくる。 ひいい! 思わず両手で顔面をガードする。 しかしコウモリは数センチ手前で見事にUターンするのである。

うほほーい!! 勇気百倍。 コウモリは当たらない。 これなら完抜けできそうだ。 でも安心は禁物。 初心者マークのコウモリは見事に顔面に激突してくれます・・・。

なお、上の写真は戸谷隧道の中心部付近である。 ううぅ・・・クセエ!! そうなのである。 路面の真ん中に見えるのはコウモリの糞である。 アンモニアくせーっ! 眼と、鼻と、喉がやられた! うぅーっ ゲホゲホ。

  1. 2009/09/29(火) 20:47:08|
  2. 戸谷隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コラボレーション第2弾!戸谷隧道(5)

totani19.jpg

あたたかく、大きな手のひらが、「おうちに帰る」と泣きじゃくる私の肩に置かれた。 まきき氏である。

まきき氏が言う。 「行けるとこまで行きましょう。」

確かにそうなのである。 石川県のこんな山奥まで付き合わせ、挙句の果てにサイフ騒動まで巻き起こし、迷惑千万のこの私が、ここで引き返す訳にはいかないのである。

意を決し、再度坑口に仁王立ちである。 でも、我々の決意を知ってか知らずか、無数のコウモリは大宴会の真っ只中であった。

totani21.jpg

まきき氏とともに一歩一歩、ゆっくりと隧道内を進行する。 (上の写真はbyまきき氏。) 数十メートル進むと、コウモリが特定の地点に集中しているのが分かった。 うぅ・・・もう無理! ムリなものはムリ! もうこれ以上、一歩もすすめませーん! でも・・・

totani20.jpg

核心部分に到達してしまった。

天井を見上げると、コウモリの上にコウモリが、そのまた上にコウモリが、さらにその上にコウモリが・・・。 鈴なりである。

ひいい!! 狂喜乱舞するコウモリのド迫力。 ここまで来てはみたものの、ここは退散である。 誰が何と言おうとも退散である。 無理です無理です無理でござんす、あああもう駄目! たいさんだよ退散だよ、タイサーン!! ハアハア。

だが・・・。 坑口まで舞い戻った我々の心拍数が回復するころ、まきき氏の口からとんでもない一言を聞いたのである。

「やっぱり徒歩で完抜けしましょう。」

真っ直ぐ大きく見開かれた両眼。 眉間に刻まれたシワ。 引き締まった口元。 うぅ、これは本気だ。この男は本気だ・・・。 その迫力に飲み込まれ、私も思わずこう言ってしまったのである。

「行きますか!」

ええーっ!! 自分でも信じられないこの展開。 まったくもって、どーなっちゃうの!?

乞次号。

  1. 2009/09/26(土) 00:03:24|
  2. 戸谷隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
ちょっと気になる所
(HiroKittyさん)
ほんわかした隧道愛。隧道ファンの癒し所です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。