隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夜の池原隧道(16)

yoru136.jpg

三号隧道反対側坑口。

高さ2.2m、幅1.8mの規制標識が闇から浮かび上がっている。

こちら側から入坑したドライバーは、この標識の意味を後ほど嫌というほど味わうことになろう。

yoru137.jpg

三号隧道の扁額は、ご覧のようにありませんでした・・・。

yoru138.jpg

三号隧道坑門に安置された石仏様。

お供えの花は新しい。

恐らく、定期的にどなた様かがお供えになっているのであろう。

以上で夜の池原隧道編は終了です。 ご清聴を感謝いたします。

なお、夜の池原隧道車載動画は、まきき氏のトンネルコレクションで好評ONAIR中です!

ここ”をクリック!

次号は、おまけ編です。 お調子こいて、夜の●●隧道をご紹介いたします!



スポンサーサイト
  1. 2010/04/26(月) 13:15:40|
  2. 池原隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

夜の池原隧道(15)

yoru132.jpg

コンクリートブロックを過ぎると、三号隧道はまた新たな表情を見せてくれる。

コンクリートブロックが途切れたあたりから、な~んか様子が妖しい・・・。

yoru133.jpg

下り坂である。 この坂を下るとびっくりする。 出口はよく見えているにもかかわらず。

yoru134.jpg

坂を下って振り返った、の図。

坂を下るにつれ、いつの間にか、穴の断面が段々と大きなってゆくのだ!

隧道が大きくなったのか、こっちが縮んだのか、どっちなんだ?

yoru135.jpg

写真を撮るまきき氏と、天井の高さを見比べてほしい。

この高さ、全く意味をなしません。

あ~も~ゾクゾクです・・・。

ありがとう、富山県。

  1. 2010/04/20(火) 12:52:29|
  2. 池原隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜の池原隧道(14)

yoru130.jpg

中を覗いてみると・・・

途中まではきれいに化粧されているようだ。

でもその先に、なにか、ある。

yoru131.jpg

なんじゃこりゃあ!

なんでしょうか、この左右のコンクリートブロックは。

幅規制? でも、隧道内の道幅はとくに狭くなっていない。

ああ、でも、もしこのブロックが大きく道幅を規制していたとしたら・・・ (以下、想像)

何も知らないドライバーが、胸一杯に不安をためこみ、この得体のしれない三号隧道に進入してくるでしょう。

せ、狭い・・・。 ヘッドライト程度の光量ではその先の状況が分からない。

不安で胸が爆発しそうだ。

それでもドライバーは狭苦しい隧道の壁にボディーをこすらないように、必死にステアリングを操作するでしょう。

そこでこの幅規制に出会うのである。

ああーっ!! もう、ここまで来たら前進もバックもできない! ドライバーは悶絶するでしょう・・・。

そういう状況に遭遇してみたい!! (でもやっぱり怖い・・・)

さて、このコンクリートブロックが何であったのか、結局分からなかったのだが、ブロックの上にDAiN氏とまきき氏がうれしそうに横たわっていたことを付記いたします。

  1. 2010/04/16(金) 13:20:11|
  2. 池原隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜の池原隧道(13)

yoru128.jpg

三号隧道。 ここにも魂が震える数々の仕掛けが存在した。

yoru129.jpg

坑口付近は、しろ~く、細かい。 壁面がソーメンのように無数に刻まれていた。

  1. 2010/04/14(水) 21:01:06|
  2. 池原隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜の池原隧道(12)

yoru123.jpg

内部の様子。 異形である。 畏敬の念を覚える。 ← あははは・・・

yoru124.jpg

出口近くでは、素掘り区間が大きく右にスイングしているではないか! そんなことを意に介さず、何事も無かったかのように、突如現れるコンクリートの坑口。 DAiN氏と記念撮影。

yoru125.jpg

コンクリートの補強といっても、ご覧の通り。 古い隧道なのである。

yoru126.jpg

二号隧道の反対側坑口。 見てくださいこの迫力を。 おどろおどろしい外観である。 夜がその迫力を一層倍増させている。

yoru127.jpg

二号隧道に突進するテリオス丸丸号。 隧道内でドアは恐らく開きません。

  1. 2010/04/08(木) 09:25:07|
  2. 池原隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

夜の池原隧道(11)

yoru120.jpg

お次は二号隧道。

暗闇からにゅっと現れた。

小さい坑口がカワユイ。

yoru121.jpg

中をのぞいてみる。

コンクリートで補強されたその先は、やっぱり素掘りのお楽しみ区間。

yoru122.jpg

ほーらやっぱり!!

すんごいヒダヒダ。

  1. 2010/04/03(土) 19:38:30|
  2. 池原隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜の池原隧道(10)

yoru117.jpg

出口付近。 こんな隧道を今だに現役にしていてくれる、富山県に感謝。

yoru118.jpg

池原一号隧道出口側坑口。 やってくれます。 隧道の中の隧道。 はぁ~い、もう、ドキドキです・・・。 この「意味の無さ」に感謝です・・・。

yoru119.jpg

池原一号隧道内を進むテリオス●●●号の勇姿。

  1. 2010/03/10(水) 12:39:17|
  2. 池原隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

夜の池原隧道(9)

yoru114.jpg

隧道内はモコモコ。 微妙なねじれも見てとれる。

yoru115.jpg

路面は濡れている。 どこからか、水が滲み出ているのだ。

yoru116.jpg

古い隧道なのである。 傷んでいる部分、多数。

  1. 2010/02/01(月) 10:27:53|
  2. 池原隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜の池原隧道(8)

yoru113.jpg

メンバー紹介。

向かって右側。 新戦力のDAiN氏である。 チャリの世界で君臨し、その功績はアマタあり。 どんなに暑くも寒くても、作務衣で漕ぎ出す出で立ちは、はあ~い、はははい、ハイハイハイ! 埋もれた穴は、掘りましょう。 掘って掘って掘りまくれ! 酸素があるのか無いのかは、ロウソク立てて調べましょう! という、ツワモノである。

中央。 おなじみのまきき氏である。 ドミンゴ軽トラ一回転。 オシャカのクルマは数知れず。 それでも懲りずに現在は、テリオス丸丸改造し、未知なるミチを突き進み、サイフがあろうがなかろうが、行っちゃえ行っちゃえここも行っちゃえ! それに伴い現在は、本人望むも望まずも、オオゲジ博士になりにけり。 という、愛すべきゲジゲジ博士隧道博士である。

向かって左側。 当方である。 以下省略。

  1. 2010/01/29(金) 20:24:26|
  2. 池原隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜の池原隧道(7)

yoru111.jpg

さあ、それでは中を覗いてみよう。

まず、路面。 濡れている。 どこからか、水が滲み出ているのであろうか。

次に側面。 広くなったり狭くなったり。

天井を見ると、不規則なパーツが適当に並んでいる感じだ。

その先はなんか、モコモコしている。

やってくれます。 池原隧道。

  1. 2010/01/24(日) 19:50:00|
  2. 池原隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
道にあるちょっと気になる物
(HiroKittyさん)
新装開店!ほんわかした隧道愛は健在だ。隧道ファンの癒し所です。
maya46の日記
(mayaさん)
戦跡探索のプロフェッショナル。地元民しか分からない遺構を聞き込み調査で果敢に発掘!すごい行動力に脱帽です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。