隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

栃折隧道(13)

tochi039.jpg

まきき氏の驚愕の発想により、栃折隧道の封印は解除された。

赤丸で囲んだところに、秘密の通路があったのだ。

tochi040.jpg

反対側坑口は、青いビニールシートで覆われていた。

扁額を確認しなければならない。

ビニールシートの隙間に無理矢理デジカメを突っ込み、やっと撮れたのが下の一枚である。

tochi0389.jpg

ゲロゲロ~・・・

得体の知れないものも沢山写ってしまった・・・。

tochi042.jpg

出口の先から続く道。

tochi044.jpg

100mほど下ると、国道471号線が見えてきた。

tochi045.jpg

国道側からみた、栃折隧道方面。

中央やや左に写る謎の物体は、まきき氏の生霊である。

tochi046.jpg

現在の栃折峠。

この峠を越えるために、栃折隧道が掘られたのだ・・・。

tochi047.jpg

さて、我々の冒険もこれにて終了であります。

様々な困難を乗り越えつつ、栃折隧道を完抜けすることができました。

ありがとう、栃折隧道。ありがとうまきき氏・・・。

って、アンタ! 俺のハナシ聞いてんの!?

上の写真は、栃折隧道に魂を抜かれて呆けたまきき氏である。

これにて一件落着。 ご清聴を感謝いたします。

(トンコレでも栃折隧道が公開されてます! リンク先からGO!)

(完)




スポンサーサイト
  1. 2010/08/15(日) 18:06:32|
  2. 栃折隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

栃折隧道(12)

tochi032.jpg

崩落部分を振り返って見た、の図。

激しいですな・・・。


tochi034.jpg

ゴール近くの隧道は、落盤だらけ。

危ないですな・・・。


tochi035.jpg

向かって左側から右側に、巨大岩石がドカーン!

ここは危険です。 みなさん、近寄るのはやめときましょう・・・。


tochi037.jpg

終点。

厳重に封鎖されていた。

ここの通過は許しません、という強い意志が感じられた。

我々の冒険もとうとうこれまで。

私は十分満足し、引き返そうとした。

でも、まきき氏が驚くべき行動に出る!


tochi036.jpg

厚手のビニールシートをめくってみる。

この発想に当方は度肝を抜かれた。

普通は思いつきませんよ。

この状況下で、はぁーん!!と感心してしまった。

まきき氏の飽くなき探求心がそうさせたのだ。

めくったビニールシートのその先に、懐かしいおひさまの光があった。

(上の写真は、byまきき氏)

  1. 2010/08/06(金) 09:32:59|
  2. 栃折隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

栃折隧道(11)

tochi028.jpg

私も突入。 (上の写真は、byまきき氏)

依然として恐怖感に支配されているが、ここまでくれば、もう、ある意味、開き直りである(ヤケクソともいう)。


tochi029.jpg

うぅ・・・狭い・・・腹が引っかかる・・・  (上の写真は、byまきき氏)


tochi030.jpg

ふぃ~・・・通り抜け完了! (上の写真は、byまきき氏)

そしてその先、当方のマナコに飛び込んできたものとは・・・


tochi031.jpg

出口であった。

封鎖されているようだ・・・。

さぁ・・・どうしようか・・・。

  1. 2010/07/30(金) 14:57:13|
  2. 栃折隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

栃折隧道(10)

tochi025.jpg

崩落部。

耐えがたい恐怖の中、やっとここまで進んできたが、我々の冒険もここまでとなった。

ボーゼンと佇む男たち。

数々の試練を乗り越えた男たちの眼に、光るものを確かに見た。

でも、せっかくここまで来たのだ。

閉塞部を確認しなくてはならない。


tochi026.jpg

崩落部の上に這い上がると・・・

おぉっ!!

まききさん、まききさん、穴、あいてるよ! 閉塞してないかも!!

隧道上部がちょこっとだけ顔を出していた。

天井を見上げるとドームが形成されていた。 天井がドカーンと落ちてしまったようだ・・・。

でもこの穴、えれー小さい。

どのくらいかというと・・・


tochi027.jpg

このくらい・・・。


  1. 2010/07/25(日) 15:10:14|
  2. 栃折隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

栃折隧道(9)

tochi019.jpg

コンクリート補強面に見つけた鈴なり。

このあと、当方と、まきき氏と、鈴なりの大運動会が開催されることになる。


tochi020.jpg

コンクリート補強部が終了した。

幾つもの崩落が見られた。

これらを乗り越え、先に進むのだ・・・。


tochi021.jpg

また現れた第2のコンクリート補強部。

このコラボに当方は胸キュンなのである。


tochi022.jpg

第2のコンクリート補強部を過ぎると、ダイナミックで荒々しい岩石群が顔を出し始める。


tochi023.jpg

さらに先に進むと・・・あーっ! とうとう恐れていた事態が・・・


tochi024.jpg

閉塞していた。

ここまで来たのに・・・。

うむぅ・・・残念無念。 我々の冒険もさすがにここまで、と思われた。

だが・・・

(乞次号)




  1. 2010/07/12(月) 14:08:10|
  2. 栃折隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

栃折隧道(8)

tochi016.jpg

崩落部分を乗り越えた、の図。

またもや現れたコンクリート補強部分。

その先には、ヒト一人分の通路が、細く長く続いていた。

我々を深い闇に誘っているのだ・・・。

そんな気がした・・・。


tochi017.jpg

崩落部分から振り返った、の図。

だいぶ、進んじまった・・・。

今となっては、モ~戻れない・・・。


tochi018.jpg

コンクリート補強部分に進んでみると・・・。

うぅ・・・これはキてます・・・。

縦に細長く、頭部だけクルンと丸まった、ビミョ~な形状。

闇の先は、何も見えなかった。

ここまで来たら、モーあの世である。

チョ~こえ~・・・。

  1. 2010/07/06(火) 14:01:48|
  2. 栃折隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

栃折隧道(7)

tochi013.jpg

閉塞(崩落?)地点に向かってさらに進んでみる。

ゆらゆらと揺れる水面が、まきき氏ライトを反射していた。


tochi014.jpg

閉塞地点はもうすぐそこだ。

その先に道は通じているのだろうか・・・。


tochi015.jpg

おお!

崩落は思ったよりも小規模だった。

我々の冒険は続行と決まった。

出発・・・進行!


  1. 2010/07/02(金) 17:50:14|
  2. 栃折隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

栃折隧道(6)

tochi011.jpg

コンクリート補強部分を越えた風景。

角ばった岩石が織りなす逆U字状のアーチが、隧道の奥の方に向かって幾重にも連なっていた。

岩石は黄土色が基調であるが、それとは違う薄い青色や紫色も見てとれる。

我々が進行することによって路面を覆う水面がユラユラと揺れている。

この世のものとも思えない、この美しい風景に、しばし沈黙。

息苦しい隧道内に居ることを、忘れてしまった瞬間であった。


tochi012.jpg

撮影風景。

まきき氏ライトが隧道の奥を照らしている。

その先に、問題の閉塞部分が現れた。

我々の冒険は、あそこで終了なのであろうか・・・

乞次号・・・。

  1. 2010/06/23(水) 13:40:11|
  2. 栃折隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

栃折隧道(5)

tochi007.jpg

さらに先に進むと・・・

コンクリート補強部分が現れる。

この存在が、素掘り部分を引き立たせていると思いますが、どうでしょうか・・・?

入口からここまで、ずーっと水が溜まっていた。 水深=くるぶし。


tochi009.jpg

補強部分でうれしそうにライトを向ける、まきき氏。

ご覧のように、ヒト一人サイズの隧道である。


tochi010.jpg

ちなみに・・・

まきき氏ライトを小灯にすると、この暗さ。

うぅ・・・

すみませーん! ライトつけてくださーい!! でなければ・・・

おウチに帰らせていただきます・・。

  1. 2010/06/18(金) 09:16:26|
  2. 栃折隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

栃折隧道(4)

tochi006.jpg

ためらいながら震える足で一歩一歩ゆっくりと進んでいく。

隧道内のおよそ三分の二は、浸水している。

ズコー、ピチャピチャ、ズコー、ピチャピチャ。

水の中を進む二人の長靴の音だ。 隧道内で反響している。

素掘り部分は、もろい岩石の連なりによって形成されているようだ。

所々に小さい崩落があった。

入口からまだ僅か数メートルに過ぎないのに、もはやここは現世ではない。

先に進むにつれ、“あの世”の色が濃くなっていくのだ・・・。



  1. 2010/06/11(金) 12:59:53|
  2. 栃折隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
道にあるちょっと気になる物
(HiroKittyさん)
新装開店!ほんわかした隧道愛は健在だ。隧道ファンの癒し所です。
maya46の日記
(mayaさん)
戦跡探索のプロフェッショナル。地元民しか分からない遺構を聞き込み調査で果敢に発掘!すごい行動力に脱帽です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。