隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

田野畑村の隧道(15)

nibu46.jpg

出口の前にもう一つあった、コンクリート補強部。

若干の余裕があるので、眺めてみた。


nibu47.jpg

すると、鉄製のフックが固定されていた。

これは一体、何のために? お分かりになる方、教えて下さい。


nibu48.jpg

やっとのことで、出口に到達。

隧道の長さは、そうだなぁ~・・・ 150mくらい?

いいかげんで、スミマセン。


nibu49.jpg

出口から見た、三陸海岸風景。


nibu50.jpg

ついにやりました! ボクにもできました。 すべての隧道、完抜けです!

数々の試練を乗り越えた男の目に、光るものを確かに見た。

バンザーイ! バンザーイ! (赤い矢印は今通り抜けた隧道)

これにて、田野畑村の隧道編を終了いたします。

ご清聴を感謝申し上げます。

(完)


スポンサーサイト
  1. 2010/12/03(金) 14:37:03|
  2. 田野畑村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

田野畑村の隧道(14)

nibu41.jpg

突如現れたコンクリート補強。

我に帰ってしまった瞬間。

通り難い。 通り難いですよこれは。

今更引き返すこともできないし。

地獄に通ずる穴かも。


nibu42.jpg

コンクリートは意外に分厚かった。

でもゆっくり観察することはできない。

こんな状況ですから。

前も後ろもありません。 あるのは深い闇だけ。


nibu43.jpg

コンクリート補強を抜けても、まだ、出口は見えない。

自分としては、極限状態の真っ只中。


nibu44.jpg

さらに進むと、ねじれた隧道のその先に、やっと光がさしてきた。


nibu45.jpg

恋い焦がれた出口の光である。

ふぅ。

全身の力が抜けた・・・。


  1. 2010/11/29(月) 12:29:10|
  2. 田野畑村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

田野畑村の隧道(13)

nibu36.jpg

私は決断した。

闇に向かって進むのだ。

そう。

わたしはお人形ちゃん。

何の思考ももたない。

何も、感じない。

恐怖でさえも。

そう信じる。


nibu37.jpg

先に進むと、天井からしずくがポタポタと落ちて、そこのところが白く変色しているけど、私はおにんぎょうなので、よく分かりません・・・。


nibu38.jpg

先に進むと、さっきと同じように、右下になんか、小さい岩がたくさん集まってますけど、私はおニンギョウなので、よく分かりません・・・。


nibu39.jpg

ここは遊歩道なので、排水口らしきものがあったりして、多少の整備もされているようですけど、私はお人形なので、よく分かりません・・・。


nibu40.jpg

その先に何か見えましたが、わたしはおにんぎょうなので・・・って・・・

あぁぁ~!

突然現れたコンクリート補強。

我に返ってしまったこの瞬間。

自分の置かれている状況に気付いてしまった。

前も後ろも深い闇。

いたたまれない。いたたまれませんよこれは。

でも・・・

素掘りと人工物とのコラボのあまりの美しさに、ボーゼン。

わたしはどぉしたらよいのでしょうか ハアハア・・・

  1. 2010/11/18(木) 09:02:57|
  2. 田野畑村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

田野畑村の隧道(12)

nibu34.jpg

でもまぁ、ここまで来たのだから、中を覗いてみるか・・・。

うぉぉい・・・ やっぱり中は真っ暗だ!


nibu35.jpg

三歩進んだ状態。

あぁぁ・・・ 恐怖で言葉になりません!

進むのか、進まないのか、それとも進むのか、進まないのか・・・

どうしましょうか・・・。


  1. 2010/11/05(金) 17:50:46|
  2. 田野畑村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

田野畑村の隧道(11)

nibu28.jpg

ともかく、階段をおりよう。

次の隧道の前までは行ってみよう。


nibu29.jpg

階段の一番下の写真。

これは中々のもんです。

ぶっきらぼうな階段。

味だ。 味を感じる。


nibu30.jpg

大きな岩を乗り越えて・・・。

って、ここホントに遊歩道なのっ!?

とツッコミを入れてみる。

前進するのは結構大変です。


nibu31.jpg

やっと近づいてきた・・・。

ハアハア


nibu32.jpg

カンバンが誘ってる・・・。 中に入れと。

誘われちゃってる、オレ・・・。


nibu33.jpg

隧道道開設以来、初めての縦写真。

急峻に反り立つ岩肌。

その下で、カワユク黒い穴を見せてる坑口。

入る、入らないにかかわらず、キュンとくる光景だ。

あぁ~ たまらない・・・ この瞬間が何とも言えない・・・。


  1. 2010/10/28(木) 13:26:56|
  2. 田野畑村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:47

田野畑村の隧道(10)

nibu20.jpg

あぁぁもうダメ!

僕もうおうちに帰ります!

でも・・・

神奈川県から10時間もかけて、やっとここまでやって来たのですよ。 シッポを巻いて逃げ帰るわけにはいかない。

神奈川県から5時間以内だったら、おうちに帰ってたな・・・。

うふふふ・・・。


nibu21.jpg

ヘッドライトの細い光をたよりに、手さぐり状態で進行する。

隧道内の色彩がな~んか変わったが、それを細かに分析する余裕はない。

おぉぉぉ! これは怖いよ! 何年やっても暗闇は慣れないよ!

入口から何メートル進んだかなぁ・・・。 結構進んだ気もするが・・・。

後ろを振り返る余裕はない。


nibu22.jpg

んなぁ! ・・・蝙蝠だよ! 戸谷隧道で蝙蝠は克服した筈だが、この誰もいない状況では・・・この一人っきりの状況では・・・も~勘弁してくださいお代官様ぁ。


nibu23.jpg

あぁぁ左カーブだよ!

もうこの辺で許して下さい!

カーブの先には出口ありますよね!?

ハーイ、出口、カモ~ン! ハアハア


nibu24.jpg

あぁぁぁ 出口ありました!

皆様どうもありがとう。

皆様のおかげで出口が出てきました。

あ~・・・ホッとした・・・。


nibu25.jpg

隧道の長さは100mくらいかな?

いや~参りましたよホントに。

何回も言ってますけど、当方は暗闇がとっても苦手なんです。

じゃあなんで隧道巡りしてんだよ! ってツッコミを入れてみる。

きっと、恐怖と快感のバランスが保たれているからだろう、なんて分析する余裕が出てきた。

あーっつ!!!

忘れてた・・・。 またこの隧道潜らなければ帰れない・・・。 この事実に愕然としてしまった・・・。

どうしたらいいのでしょう・・・。


nibu26.jpg

隧道出口から見た風景。

光輝く遊歩道のカンバン。

眼下に広がる巨大岩石のゴロゴロ。

そしてその岩の先には・・・


nibu27.jpg

次なる隧道が待ち構えていた・・・。

どうしましょうか・・・。




  1. 2010/10/25(月) 09:40:43|
  2. 田野畑村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田野畑村の隧道(9)

nibu16.jpg

赤い矢印の方向から見た、2つ目の隧道。

新登場のこの隧道、果たしていかなるものなのか・・・?

出口が見えないといいなぁ~ (いや、見えたほうがいいなぁ~)


nibu17.jpg

近づいてみる。

坑口は真っ黒だ・・・。

ひゃ~・・・

中を覗くのが躊躇われる。

どんな隧道なのか?

意を決して覗きこむ。

すると・・・


nibu18.jpg

ひ~!

真っ暗!

出口見えない!!

あぁぁもう僕どうすればいいの!?


nibu19.jpg

あえて何も考えず、一歩踏み込んでみた。

たった一歩で、もうコレだ。

前方から襲う闇魔王。

今日は僕一人なんですよ!

ここをどうやって進めばよいと言うの?

あぁぁ僕限界。

我慢できない!

もう言っちゃうよ! おじいさ~ん! って違うか・・・。


  1. 2010/10/18(月) 14:17:16|
  2. 田野畑村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

田野畑村の隧道(8)

nibu10.jpg

田野畑村編第2部の始まりです。

第2部のターゲットは、“ココ”です。

地図の北から南に向かって、海岸線に連なる3つの隧道。

アヤシイ。

いったいどうなっているのか。

上の写真は1つ目の、北山隧道。


nibu11.jpg

1つ目の北山隧道は、まぁ~・・・ね。 あまり面白くありませんね・・・。


nibu13.jpg

北山隧道の出口から見える景色。

そうです。 ここからが、本番です。


nibu12.jpg

この道も、遊歩道。

でもこの先にはとても“遊歩道”とは呼べない光景がありました。


nibu14.jpg

霧が出てきた・・・。

だぁ~れもいない、海岸線。

またしても、一人ぼっちでトボトボと歩いてゆく。


nibu15.jpg

赤い矢印の先に、隧道がありました。

これがまた、スゴイんだ・・・。

乞次号。


  1. 2010/10/14(木) 12:24:54|
  2. 田野畑村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

田野畑村の隧道(7)

tanohata1110.jpg

右カーブの先の出口。

三陸の海が広がっていた。

まず、出口の右側の看板にご注目。


tanohata1111.jpg

ほうほう。 この2個目隧道は、みひき場隧道というのかぁ・・・。

で、向かって左は白池海岸。


tanohata1112.jpg

って、白池海岸に行くにはどーすればいいのよ!!

結構高いよ! こんなとこ降りられないよ!! と、ツッコミを入れてみた。

で、視線の位置から左90度の方向に目を向けてみると・・・


tanohata1113.jpg



えぇ~・・・


tanohata1114.jpg

えええーっ!!

 ・・・ 。

ひゃ~・・・

こいつはすごい遊歩道。

しかし、もう一歩も進めない。

ムリムリ無理無理、無理でござんす!

撤退撤退てったーい!! ハアハア


tanohata1115.jpg

みひき場隧道を振り返って見た、の図。

ところで・・・

近くの海岸で釣りをしていたおっちゃんに、勇気をふりしぼって聞いてみた。

doodoongoo: あの~・・・ ずーっとあっちのトンネルの先は、ものすごい崩落が起こってるの知ってますか?

釣りのおっちゃん: あ~ 知ってるよ・・・ 結構前から、あんなだよ・・・

の~んびりとした返事が返ってきました。


(第一部完)


  1. 2010/09/30(木) 09:12:18|
  2. 田野畑村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

田野畑村の隧道(6)

tanohata1106.jpg

さて、ちょっと戻って上の写真は、1個目隧道(ながおり隧道)の出口から2個目隧道を眺めている、の図である。

1個目隧道と2個目隧道の間は、どーなっているのか。


tanohata1105.jpg

こうなっている。

岩石のドームが形成され、1個目隧道と2個目隧道の間は、広場になっていた。

背中側は、前回ご紹介した海である。 満潮時はドブーンとドームの中に海水がなだれ込むであろう。

真ん中に見える三角形の穴は、これがどこかに通じるものだったら相当オモシロイのであるが、残念ながら、単なるくぼみでした。


tanohata1107.jpg

それでは2個目隧道に突入だ!

手を延ばせば天井に届くであろう。 この穴も結構小さい。

20~30m先に、出口の光が見えた。

手前には、流木。 海から運ばれたものであろう。


tanohata1108.jpg

うひゃ~・・・

岩石のリングを幾つも繋げたようだ。

この部分はゴツゴツして結構歩きにくい。


tanohata1109.jpg

ゆるやかに右カーブして出口である。

でも・・・出口の先には、驚くべき光景が待ち構えていた・・・(ちょっと大げさ)・・・。

乞次号。


  1. 2010/09/23(木) 14:44:00|
  2. 田野畑村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
道にあるちょっと気になる物
(HiroKittyさん)
新装開店!ほんわかした隧道愛は健在だ。隧道ファンの癒し所です。
maya46の日記
(mayaさん)
戦跡探索のプロフェッショナル。地元民しか分からない遺構を聞き込み調査で果敢に発掘!すごい行動力に脱帽です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。