隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

笹口隧道(10)

sassa161.jpg

出口付近の図。


sassa162.jpg

反対側坑口。

見て下さい、この異形を!

外観は大まかに言って、ひしゃげた食パンのようだ。

焦げたチョコレート(?)のような色彩。


sassa163.jpg

表面ツルツル。 流れ模様。

う~ん・・・。 唸らずにはいられない、偶然の芸術。


sassa164-1.jpg

反対側坑口付近に突如現れた石垣。

この隧道は確かに利用されていたのだ。


sassa165.jpg

その先に続く、廃道。

地形図上では、この先に2つの短い隧道があるはずなのだが・・・。

残念ながら発見できなかった。 日も暮れてきた。 退散するとしよう。

その探索の様子と帰り道の詳しい模様は、まきき氏のトンコレで絶賛放映中! “ココ”をクリック!


sassa166.jpg

駐車場でお約束の記念撮影である。

あれ? 腰が痛いぞ。 そりゃそうだ。 およそ5キロのまきき氏ライト、背中にずっとくくりつけ、道なき道をひた走る。 藪の中から水路の中までおまけにロープで宙ぶらりん。 やっと見つけた隧道も、ひとつのライトで事足りて、あ~あたしのライトはどうなるの? ケッコーケッコーモーケッコー!

でも、そんな事はどうでもいいんです! 笹口隧道に出会えたことに感謝! まきき氏どうもありがとう。

ご清聴に感謝いたします。 なお、笹口隧道の謎解きはもうちょっと続くそうなんです。 今後のトンコレに注目です!

(完)



スポンサーサイト
  1. 2011/11/06(日) 10:40:40|
  2. 笹口隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

笹口隧道(9)

sassa156.jpg

太い帯状の地層が、隧道内の所々に走っていた。

毎回思うのだが、南房総の隧道は地層ひとつ取ってみても、それぞれの個性がある。

そこがまた、楽しい。


sassa157.jpg

この隧道は、想像以上に大きい。

最大高約3m。平均高約2m。平均幅約1.8mくらいかなぁ・・・。

路面はご覧のように若干、荒れている。


sassa158.jpg

お約束の、コウモリさんたち。 モフモフモフモフ・・・口から泡を吹いて、つぶやき続けるまきき氏・・・。


sassa159.jpg

まきき氏ライトの当たり具合によって、隧道は全く別の顔を見せる。

ジグザグに形成された天然水路が見える。

まきき氏の興奮も頂点に達する。 出た! 隧道サンバ!!


sassa160.jpg

取材風景。

照明の当たらない隧道内は、やはり、暗い。

相棒が居なければ、突入は無理かも。

まきき氏の尻に光るのは、後方の人間に自分の存在を知らしめる、尾灯である。 屁灯ではないので、念のため。

なお、隧道内の詳細は、トンコレにて絶賛放映中! “ココ”をクリック!!


  1. 2011/10/28(金) 09:49:19|
  2. 笹口隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

笹口隧道(8)

sassa150.jpg

お約束の、隧道前記念撮影(その1)。


sassa151.jpg

お約束の、隧道前記念撮影(その2)。


sassa152.jpg

隧道前でコッペパンを頬張る、まきき氏。

でもお恥ずかしいことに当方は昼飯をどうするか、なんてな~んにも考えておらず、食べものゼロ。

「メシを食う」という概念が欠落していた。 

それでどうしたかというと・・・


sassa153.jpg

まきき氏が持参した、たった1個のコッペパンを半分いただいたのである!

あ~情けねぇ~・・・。

しかも自分撮りではまきき氏の顔が切れちゃっているし・・・。

まきき氏どうもありがとう。そして、ごめんなさい・・・。


sassa149.jpg

昼食後、お約束の隧道頬ずり。

愛だ。 隧道愛を感じる。


sassa155.jpg

一連の儀式の後、いよいよ隧道内へ突入する。

遠くに出口が見える。 相当長いようだ。 微妙なねじれも見られる。

なお、隧道内の探索の模様は、トンコレにて絶賛放映中! “ココ”をクリック!!


  1. 2011/10/20(木) 09:51:41|
  2. 笹口隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

笹口隧道(7)

sassa145.jpg

隧道だ。

間違いない。

ついに到達した。

ワナワナ・・・腰とヒザが・・・ワナワナ


sassa146.jpg

さらに近付く。

穴だ。 黒い穴だ!

胸がキューンとなる・・・尾てい骨もキュイーンとなって、ぼくチンはもうフラフラである。

sassa147-2.jpg


やった、やったね、まききさん!

満面の笑みのまきき氏。


sassa148.jpg

あらためて隧道坑口を眺めてみると・・・

ダイナミックだ。

波打つように、大地がうねっている。

あまりの迫力に息を飲む。

この隧道の前では、平常心ではいられない。

doodoongoo 「ハアハア?」
まきき氏 「ハアハア・・・」
doodoongoo 「ハアハアハア?」
まきき氏 「アヘアヘ・・・」

笹口隧道編は、トンコレでも大好評公開中!!

ここ”をクリック!


  1. 2011/10/14(金) 13:53:13|
  2. 笹口隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

笹口隧道(6)

sassa137.jpg

笹口隧道のアプローチ編としては、いよいよクライマックスを迎える時がきた。

写真の凹みをどう攻略すればよいのか。


sassa138.jpg

赤い矢印に示すが如く、ロープを張ることにした。

矢印の折れ曲がり部分は、露出している木の根を利用した。

このやり方が正しいかどうかは、分からない。

正しければ、まきき氏の命は保証される。

間違っていたとしても、とくに問題はない。なぜなら、当方はもう通過済みなのだ。 (ひでぇーっ!!)

そんなことも知らずに、彼はうれしそうにデジカメのレンズを向けるであった・・・。


sassa139.jpg

上の写真は、谷の深さを示すものである。

実は、滑落しても尻餅程度で済むんだけどね・・・でもね、ほら、ロープ買っちゃったから・・・使わないとネ・・・。


sassa140.jpg

ロープ谷越えの後は、急斜面を登るのだ。


sassa141.jpg

急斜面の後は、落石ポイントだ!

山肌が覆いかぶさる。

下を見ると、落石だらけ。

良い気持ちはしない・・・。


sassa142.jpg

落石ポイントを見上げ、デジカメのシャッターを切るまきき氏。

危ないよ! 長居は決してしたくない。


sassa143.jpg

廃道を結構長い時間、歩いた。

途中は道なき道を歩いた。

でも最後に、かつての道の名残りを見せてくれたのである。


sassa144.jpg

そしてその先には・・・。

あぁっ!!

ああぁっ!!!

何かが見える!

あれは何だ!?

あ、あ~・・・。

(悶絶)

乞次号・・・。




  1. 2011/10/07(金) 20:45:06|
  2. 笹口隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

笹口隧道(5)

sassa133.jpg

一服した後、目を先に向けると、道らしきものは見当たらない。


sassa134.jpg

油断してると、谷底に落ちてしまう。

もし落ちたら、おばあちゃんに会えるかもしれない。


sassa135.jpg

葉にボツボツのある植物に出会った。

何これ~。 気持ちわりぃ~・・・

虫とかは居なかった。 ご存知の方、教えて下さい。


sassa136.jpg

次号は、いよいよ、コレの登場か!?

まききさん、これを出すのはまだ早い?


  1. 2011/09/29(木) 18:09:37|
  2. 笹口隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

笹口隧道(4)

sassa127.jpg

人工物の上に登ることにした。

こんな風に。 (上の写真はbyまきき氏)


sassa125.jpg

人工物の上から咆哮。

だが、さらに高いところから野犬が雄叫びをあげていたのだ。


sassa126.jpg

奴だ。

落ちたら死ぬ!!


sassa129.jpg

どんどん進む。

すると、高い所から野犬、いや、まきき氏が何か叫んでいるではないか。

何か白い物が見えるらしい。 相当興奮しているようだ。

いったい何なのか。

まきき氏の指示通りに進んでみると・・・


sassa128.jpg

ジャ●コのビニール袋ではないかい。 

こんな山奥でこんなものを見るなんて・・・。


sassa130.jpg

またまたまきき氏から呼ぶ声がする。

沢歩きはやめて、まきき氏と合流することになった。

斜面をよじ登ると、石垣が出現した。 

かつてここが何らかに利用されていたことを明らかに示すものである。

これには驚いた。


sassa131.jpg

同伴のノッコの助けを借り、倒木を切り払いながら前進!

後ろを振り返るとうれしそうなまきき氏がいた。


sassa132.jpg

ふぃ~疲れた。

ちょっと、休憩。


  1. 2011/09/15(木) 13:51:30|
  2. 笹口隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

笹口隧道(3)

sassa120.jpg

このツルツル感は尋常じゃないよ。

誰が何のためにこーしたのか、あるいは、何が原因でこーなってしまったのか・・・。


sassa121.jpg

ありゃぁ一体、何だったのかなぁ~・・・なんて思いを巡らしながら先へ進むと・・・

なんじゃこりゃあ!! 御覧のようにとんでもない物が口を開けて待っているではないかい!

良く見ると、穴に向かって伸びる階段なようなものもある。

確認せねばならぬ。 軍手を外し、リュックを置き、濡れるのを覚悟で階段をよじ登る。

だがこの行動がまきき氏に思いもよらぬ誤解を生むことになるのだ・・・。 (詳しくはトンコレをご覧ください)


sassa122.jpg

雑草を手掛かりにして這い上がる。

穴から絶えず水が流れ出ていて、周りはもうヌルヌルだ。

左手で雑草を捉え、右足でヌルヌルの足場をやっと捉え、右手で撮影したものがコレだ。


sassa123.jpg

内部の写真。

はい。 これは水路隧道ですね。 入ろうとは、中々思えませんね・・・。 

でも、こんなところにこんなものが人知れず存在しているなんて・・・な~んか、胸がいっぱいになりますね・・・。


sassa124.jpg

水路隧道への階段を下りる時、ヌルヌルで足が滑ってドボーン! 長靴内部が濡れてしまった・・・

なぁ~んて遊んでいたら、まきき氏が血相変えて走ってくるではないかい!

どーしたの? とりあえず、バンザイしてみた・・・

どうやら、リュックと軍手が脱ぎ捨てられた景色を見て、熊に食われたと思ったらしい・・・

当方の無事な姿を見て、まきき氏の表情がパっとほころんだ。 その表情の中に落胆が見えたのは、当方の誤解であろうか・・・(冗談です)。

さあ、先へ進もう。 上の写真のように初めて人工物が現れた。 


  1. 2011/09/09(金) 22:27:39|
  2. 笹口隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

笹口隧道(2)

sassa107.jpg

さぁ、出発だ!

道は御覧の通り荒れている。 倒木が多いのだ。

でもまきき氏が前回探索した2年前は、もっと荒れていたという。

でも最初からこれだもんな。 先が思いやれるなぁ・・・なんて振りむいてみると・・・


sassa108.jpg

うれしそうにしているまきき氏が居た。

勇気百倍。

(ご注意:今回の探索は“トンネルコレクション”で詳しく放映されています。まず、トンコレをご覧いただき、その後隧道道をお楽しみください。)


sassa109.jpg

藪化しているところは、まきき氏の愛人、ナタリーの登場だ。


sassa110.jpg

しばらく歩くと、廃道が姿を消し始める。 トレースするのが難しくなってきた。

沢に降りて、その先を進むことにした。


sassa111.jpg

こんな風にしながら。


sassa112.jpg

沢をさらに進むと、消えた廃道がまた姿を現した。(写真ではよく分からないけど・・・)

そこで、沢と廃道の二手に分かれることにした。

当方は、沢。 まきき氏は、廃道。

沢のほうが楽そうに見えたし。 ワケー者はイバラの道を進むべきなのである。 あはは。


sassa113.jpg

沢から見上げたまきき氏。

ほぉ~ら、カメラなんて構えてると危ないよ! 落ちないようにネ。 ひひひ。


sassa114.jpg

だが、まきき氏の進んだ廃道は長くは続かなかった。

まきき氏も沢に降りることになった。

まきき氏気を付けて!


sassa115.jpg

落ちるよ落ちるよ!

アブネーっ!!


sassa116.jpg

さらに進むと、道が右と左に分かれていた。

さて、どちらを進むべきなのか。

当方が左手の沢を、まきき氏が、右手の廃道を進むことにした。

沢のほうが楽そうに見えたし。 青春者はイバラの道を進むべきなのである。 あーはっはっは。


sassa117.jpg

左手の沢の先は、このような状態だ。


sassa118.jpg

右手を行ったまきき氏は、またまた高い所で悶えているようだ。

ほぉ~ら、カメラなんて構えてると危ないよ! 落ちないようにネ。 ひひひ。


sassa119.jpg

沢道で見た、不思議な光景。 画像右をご覧ください。

なにこれ~・・・

なにこのしなやかな曲線~・・・。

  1. 2011/09/07(水) 13:56:57|
  2. 笹口隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

笹口隧道(1)

sassa101.jpg

今から約2年前であろうか。

畳の上でホゲーっとしながら地図を眺めていら、見つけちゃったのさ。

怪しげな隧道マークを。

房総半島である。

だが、今現在、yahoo地図ではこのトンネル表記はみられない。 “こちら”をクリック!

で、おなじみのまきき氏に相談してみた。 そしたら、まきき氏もかつてこの怪しげな隧道を攻略すべく単身乗り込んだが、どーしても先に進めず、討ち死にしたんだって!

そうならば決まってる。 男達は進むのだ。 たとえどんな試練が待ち構えていようとも。

なお、本冒険の詳細はリンク先のトンコレでも大公開中!! “ここ”をクリック!


sassa102.jpg

期は熟した。 2010年1月10日のことである。

隧道着に身をかため、当方とまきき氏は笹口隧道の謎を解明すべく、意気揚々と出発したのであった。

今回、装備は完璧。 なにしろ登山用のロープを調達したのだから。 ロープの結び方も一生懸命練習したのだ。

まー、使うことはないだろうけどネ。シャレだし。

でも・・・ありゃ~・・・使うことになろうとは・・・て、言うか、無理矢理使った?・・・それは後ほど・・・。


sassa103.jpg

さて、県道から分岐したこの細い道が笹口隧道の入口である。

笹口隧道の情報はネット上でも少ない。 無事に坑口まで到達した先人はいるみたいだが、隧道内の詳しい情報はほとんどない。

なので、まきき氏はHIDライトを2台持参してきたのである。 ライトのバッテリー切れは、我々の生命を脅かすかもしれないのだ。

HIDライトを両手に持って腰を折り曲げているまきき氏を見かね、当方はそのうちの1台を引き受けることになった。


sassa104.jpg

身軽になって喜ぶまきき氏。

てか、えーっ何これ! チョー重い! トンコレではライトの重量が3.5kgとなっているが、嘘! 10kgはあるな・・・。 当方のリュックサックにライトをしまい込むが、これをそこから取り出すことは二度と無かった・・・。


sassa105.jpg

身軽になった男は、ちょこまかちょこまかと動き回り、どこかへ行ってしまった。

身重になった男は、身軽まきき氏をやっとの思いで捉え、ファインダーに収めた。


sassa106.jpg

さぁ! 行こう!!

気合い十分のまきき氏である。

でも当方はリュックが重たいのである・・・。





  1. 2011/09/04(日) 22:05:23|
  2. 笹口隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
道にあるちょっと気になる物
(HiroKittyさん)
新装開店!ほんわかした隧道愛は健在だ。隧道ファンの癒し所です。
maya46の日記
(mayaさん)
戦跡探索のプロフェッショナル。地元民しか分からない遺構を聞き込み調査で果敢に発掘!すごい行動力に脱帽です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。