隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一谷坂隧道(7)エピローグ

kanden127jpg.jpg

一谷坂隧道編は前回をもって終了したのではあるが・・・。

せっかくなので、予告編での感電のいきさつを。

ね~ 「電気柵使用中」 「感電注意」 って書いてあるのに・・・。


kanden128jpg.jpg

それを無理に跨ごうとするから・・・。


kanden129jpg.jpg

股間に高圧電流が流れ・・・。


kanden130jpg.jpg

それには飽き足らず、握っちゃってるよ、おい!!!


kanden131jpg.jpg

南無阿弥陀仏・・・。

合掌。


これにて一谷坂隧道編を終了いたします。 ご静聴誠にありがとうございました。

(完)

スポンサーサイト
  1. 2012/12/14(金) 09:22:10|
  2. 一谷坂隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

一谷坂隧道(6)

kanden122jpg.jpg

前回までのあらすじ:

う~ん・・・。

こんな経験は初めてなんですよ。

5月17日 マーチコレット号、釘が刺さって右後輪パンク。

7月8日 マーチコレット号、ファミレスの駐車場に入る際に縁石に乗り上げ、左前輪パンク。

11月6日 マーチコレット号、歯医者の駐車場に入る際に縁石に乗り上げ、左後輪パンク。

すべて今年の出来事です。

1年のうちに、3回もパンク。 それまでパンクしたことなんて一回もなかったのに・・・。

ま~縁石に乗り上げたのは自分が悪いのだけれど。 タイヤのサイドがスパッと逝っちまった。

残るは、右前輪。 またパンクしたらお知らせします。


さて、一谷坂隧道のご紹介も終盤となりました。

出口付近のすさまじい大規模崩落。

魚眼レンズでも用いない限り、中々その全貌を写し出すのは困難である。

真正面に見える小さい穴が、今まで通ってきた穴。


kanden123jpg.jpg

出口に向かって後ずさりしてみる。

右下のライトが、今まで通ってきた穴。

左上のライトのさらにその上から、巨大岩石がドカーンと崩落している。

このドーム状の空間がどのようにして出来上がったのか、考えてもどうにも分からない・・・。

お口ぽっかり、アゼンとするだけなのである。


kanden124jpg.jpg

出口側坑口。


kanden125jpg.jpg

出口のその先に続く廃道。

日も暮れてきたので、この辺で、撤収。


kanden126jpg.jpg

決死の探索風景。

なお、一谷坂隧道の全貌はまきき氏により撮影されています。

ココ”をクリック!


  1. 2012/11/30(金) 09:19:48|
  2. 一谷坂隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

一谷坂隧道(5)

kanden116jpg.jpg

崩落部を乗り越え、入口方向を振り返って見た、の図。


kanden117jpg.jpg

その崩落部を嬉しそうに進みゆく、まきき氏。


kanden118jpg.jpg

その先には出口が見えた。

だけど、ね、ね、何かヘンですよね?

せっかくですので、出口坑口付近まで進んで振り返ってみましょう。


kanden121jpg.jpg

こ、これは一体・・・。


kanden120jpg.jpg

隧道内で巨大ドームの出現である。

矢印の先の小さい穴が、今まで進んできた穴。

シンジラレナーイ・・・。


  1. 2012/11/20(火) 09:47:43|
  2. 一谷坂隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

一谷坂隧道(4)

kanden112jpg.jpg

前回までのあらすじ:

先日、ベランダで布団を干そうとしたら、視覚の隅に何か見慣れない黒いものが写った。

ゆっくりと右斜め上方を見上げると、いた。 そいつが。

Gである。 黒い大きなソイツは壁にへばりついて羽根を休めているようだ。

どうしたらいいのか。

気がつくとぼくチンの右手には●●ジェットプロが握られていた。

シミュレーションしてみる。

●●ジェットプロを噴射する。 Gはしばし壁に留まり、そしてベランダの床に落下するであろう。

では実践である。

●●ジェットプロを噴射する。 Gはしばし壁に留まり、やっぱりベランダの床に落下してもがいている。

さて、ここで問題である。

この先、ぼくチンはこの未確認生物をどのように処理したらいいのか。

カナブンやカミキリやカブトムシは平気なのに、なぜGはダメなのか。

そう言えば、当方は毛虫も大っきらいである。

しかし、これをカワユイと言って慈しむ変態もいるのだ。

まきき氏である。


さて、前方に崩落部が見えてきた。


kanden113jpg.jpg

床はご覧のとおり、デロデロである。

一歩進むごとに、デロデロが長靴にへばりつき、動きにくい。


kanden114jpg.jpg

崩落部である。

下には編みかごが散乱していた。

kanden115jpg.jpg

崩落部の上に乗っかって、入口方向を見た、の図。




  1. 2012/11/08(木) 09:16:12|
  2. 一谷坂隧道
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5

一谷坂隧道(3)

kanden109.jpg

前回までのあらすじ:

相互リンク先の「穴と橋とあれやらこれやら」の記事を見て驚いた!

岐阜のとある山奥の旧道に、キューンとなる隧道が眠っていた!

入口はフツーだが、3歩進むとキューンと狭くなるのだ。

男たちはこの謎を解明すべく、立ち上がった。

一谷坂隧道である。


さて、先に進もう。

あまりに不可解なこの風景。

なぜに、ここにこんなものが・・・。

詳しくは分からないが、農作業に使用するマシンであると思われる。


kanden110.jpg

探索風景。

狭い。

車両の通行は不可であろう。


kanden111jpg.jpg

もう一つの不可解なもの。

床に散らばる編み籠のようなもの。

シュールな光景そのもの。


  1. 2012/11/01(木) 09:20:58|
  2. 一谷坂隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

一谷坂隧道(2)

kanden103.jpg

実を言うと、昼間は通電してない。

まきき氏の感電シミュレーションでした。

だが、そんなことをして遊んでいる場合ではない。

早くしないと日が暮れてしまう。

1986年竣工の一谷坂トンネル。

場所は、“こちら”。

このトンネルの旧道を探索しようというのだ。

旧道へ伸びる道は、向こう側の坑口から始まる。


kanden104.jpg

やって来ました反対側。

電気柵を乗り越えると、小道が続いていた。

その先に何かが見える。


kanden105.jpg

ここまで進むと、はっきり見える。

いつも言っているが、この出会いの瞬間がたまらない。

あ、あ~・・・

思わず身悶えしてしまうのである。


kanden106.jpg

一谷坂隧道のお出ましである。

“廃”の香りがプンプンだ。


kanden107.jpg

覗いてみると、いきなりコレだ。

入口とは全く異なる様相。

穴がキューンと小さくなってる。

ぼくチンの小さい胸もキュ~ンとなる。


kanden108.jpg

なんじゃぁこりゃあ!!

乞次号。





  1. 2012/10/25(木) 13:14:48|
  2. 一谷坂隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

一谷坂隧道(1)予告編

kanden101.jpg

2011年10月29日。

男たちは決死の隧道探索に向かった。

この隧道の探索には、数多くの困難が待ち受けている。

らしいのだが・・・。

隧道の「ず」の字も見えない段階で、感電するヤツがひとり。

「電気柵使用中 感電注意」って、書いてあるのに・・・。


kanden102.jpg

まきき氏である。

お~い、聞こえるかぁ~。

お~い。

「・・・」

合掌。


  1. 2012/10/19(金) 13:30:06|
  2. 一谷坂隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
ちょっと気になる所
(HiroKittyさん)
ほんわかした隧道愛。隧道ファンの癒し所です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。