隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

極上京都旅行(5)

manpo121.jpg

蹴上インクライン下のねじりまんぽ。


manpo122.jpg

観光客の通路になっている。


manpo123.jpg

次は失敗編を。

阪急電鉄京都線上牧駅。


manpo124.jpg

駅から20分くらい歩いたその先にねじりまんぽがあるという情報が・・・。


manpo125.jpg

1個目。 普通の煉瓦隧道。


manpo126.jpg

2個目。 これも普通の煉瓦隧道。


manpo127.jpg

3個目。 ありゃ~これも普通の煉瓦隧道。 ねじれてない・・・

情報がガセだったのであろうか。

ここまで来たのに。


manpo128.jpg

しかし家に帰って再検証してみると、この3個目隧道からさらに進んだところに物件があったのだった・・・。

この道のさらに向こうに。

あちゃ~。

これ以外の失敗談もあるけど、紙面の都合上、これにて失礼。

(完)

スポンサーサイト
  1. 2015/09/07(月) 18:09:58|
  2. ねじりまんぽ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

極上京都旅行(4)

manpo112.jpg

やって来ました山科駅。

当ブログでもリンクさせていただいている、「穴と橋とあれやらこれやら」。その管理人であるクイック・ニック氏改めクイック氏に教えてもらったのだ。

山科駅付近に面白い地下道がある、と。

そのためにわざわざ神奈川県から京都府JR山科駅までやって来たのである。


manpo113.jpg

とは言え、場所を全く聞いてなかったのは誤算であった。

右も左も分からない。

山科駅付近をとにかく歩き回る。

そして見つけたガード下。

クイック・ニック氏改めクイックさん、ここじゃないですよねぇ・・・。


manpo114.jpg

仕方がないので、逆方向に。

おーっと!

煉瓦だ煉瓦だ。

これか、これなのか!?

中を覗いてみる。


manpo115.jpg

美しい煉瓦巻きだ。

クイックさん、ここでしょうか?

やっぱり場所聞いておけばよかった・・・。


manpo116.jpg

しばしウロウロ。

すると、駅のすぐそばにフツーの地下道を見つけた。

一応、くぐってみる。


manpo117.jpg

穴断面はかなり小さい。

でも、今のところはフツーだ。


manpo118.jpg

天井も低いが明るい。

きっと、多くの乗降客がこの地下道を利用しているのだろう。


manpo119.jpg

出口が近づいてきた。

カワユイ地下道だったけど、クイックさん、これなのでしょうか・・・?

でも出口を出て、振り返ってみると・・・


manpo120.jpg

なんじゃこりゃーっ!

趣ありまくり!!

クイックさん、ありがとう。そして

山科駅、ばんざーい!!!

(完)

  1. 2015/08/26(水) 18:47:50|
  2. ねじりまんぽ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

極上京都旅行(3)

manpo107.jpg

写真右側をご覧ください。

床にもレンガが!


manpo108.jpg

その先の様子。

コンクリートに変化した。


manpo109.jpg

出口付近。

可愛い階段があった。

ここまですべて、背中を折り曲げて屈んでの取材である。


manpo110.jpg

階段を登って振り返った、の図。


manpo111.jpg

遠景。

う~ん、タダの穴にしか見えない。

事前学習がないと、入る気しないな~。


  1. 2015/08/13(木) 09:04:07|
  2. ねじりまんぽ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

極上京都旅行(2)

manpo105.jpg

内部に進入。

見事なネジレっぷりだ。

え? よくわからない?

そうですか・・・。

manpo106.jpg

ではこちらと比べてください。

これは京都某所で撮影したねじれていないまんぽである。

いかがでしょうか。


  1. 2015/07/24(金) 10:20:31|
  2. ねじりまんぽ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

極上京都旅行(1)

manpo101.jpg

阪急京都線西山天王山駅。

駅の真上を高速道路が走っている。

駅に降り立ってみると・・・

あれぇ~右も左も分からん。 どっちに進んだらいいのか、わからん。

グーグルのマップで予習してきたのだが、パソコンのモニター画面と現場とでは受ける雰囲気が全く異なる。

どこに行けばいいのか、まったく分からないのである。


manpo100.jpg

さて、今回の京都旅行の目的は、ねじりまんぽ巡りである。

ねじりまんぽとは簡単に言えば、線路の下をくぐる通路であって、通路の天井に巻かれたレンガがグイ~ンとねじられているものである。

レンガは、線路に対して直交方向に巻けば強度的に良好となるそうな。

しかし上図のように、線路の下をくぐる道路が、線路に対してある角度を持っている場合はどうなるのか。

ねじりまんぽが出現するのだ。


manpo102.jpg

結局、西山天王山駅から全く逆方向に30分も歩いてから、間違いに気が付いた。

往復1時間も無駄にして、もうヘトヘトでやんす。

しかしさすが京都である。

とうとう目的とするねじりまんぽにお導きをいただいた。

住宅街の中を走る東海道線の下にその物件がある。


manpo103.jpg

おぉっ!!


manpo104.jpg

小さい。異様に小さい。もう最高に小さい!

近くに立ってる説明板によれば、日本一小さいねじりまんぽとされている。

当方のリュックサックと比べてほしい。

しゃがむようにしないと、歩けない。



  1. 2015/07/20(月) 14:47:59|
  2. ねじりまんぽ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
ちょっと気になる所
(HiroKittyさん)
ほんわかした隧道愛。隧道ファンの癒し所です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。