隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

房総半島(11)激烈!!斧落隧道(上り編)

20071030112201.jpg

一歩入った写真がコレ。なんじゃこりゃあ!!!激しい。激しすぎる。荒々しく無造作に掘られた穴。左から右から地面に向かって伸びる地層。しかも内部でカーブしていて出口が見えない。
20071030112624.jpg

さらに進んでみる。相変わらず斜めに走る地層。どのように掘ったらこうなるのか、天井は岩のヒダヒダがリングのように幾重にも連なっている。
スポンサーサイト
  1. 2007/10/30(火) 11:31:31|
  2. 房総半島の隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

房総半島(10)激烈!!斧落隧道(予告編)

20071026133003.jpg

房総半島右下あたり。鴨川市金山ダム付近にある激烈隧道をご紹介します。上の写真は坑口です。
20071026133355.jpg

その名も斧落隧道。名は体を表すと申しますが、まさにそのとおり。この隧道を覗き込んだ瞬間、持っていた梅干入りのおむすびをポロリと地面に落としてしまったことは言うまでもありません。斧が落ちて首チョンパ状態。次号をご期待あれ!!
  1. 2007/10/26(金) 13:39:15|
  2. 房総半島の隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

房総半島(9)月崎駅周辺3連続隧道(3つめ)

月崎駅周辺の隧道も、今回が最終回となりました。
最初の一番目の隧道は、断面が五角形でした。
まるで将棋の駒のようでした。
なぜ、将棋の駒なの?
全く意味が分かりません。
将棋の駒にするために、意図的に天井を削っているようでした。
次なる二番目の隧道。
でかい。
たまげました。
断面形状は真円に近いものでした。
なぜ、まんまるなのか?
全く意味が分かりません。
そして今回ご紹介する三番目の隧道。
また、驚かされました。
なぜ、この形状なのか。
ご覧ください。
念のため申し上げますが、これは一番目の隧道ではありません。
三番目の隧道です。
20071024205123.jpg

えー!なんでまたこれなの!
ヘナヘナと膝から崩れ落ちる私を、諸兄は想像に難くない、でしょ?
  1. 2007/10/24(水) 20:53:55|
  2. 房総半島の隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

房総半島(8)月崎駅周辺3連続隧道(2つめ)

20071022202324.jpg

将棋の駒トンネルでドドーンとたまげた私は、興奮覚めやらぬまま、次の隧道へ向かいます。2つめも、ドドーンと迫るものでした。
20071022202536.jpg

うおっ!思ったよりも大きい隧道坑口が待ち構えていました。ですが隧道内部に足を踏み入れてみると・・・
20071022202656.jpg

何じゃこりゃあ!まんまるじゃないか・・・!こりゃ何だ太陽か向日葵か!!
20071022202847.jpg

反対側から見てみます。それほどまでに、円にしたかったの・・・?前回に加え更なる衝撃を受けた私に、さらなる試練が待ち構える!!次号、乞うご期待。
  1. 2007/10/22(月) 20:33:14|
  2. 房総半島の隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

房総半島(7)月崎駅周辺3連続隧道(一つめ)

20071018123642.jpg

月崎駅からちょっと離れた道沿いに一つめの隧道が現れる。えーっ!何ですかこれは!何ですかこの断面は。将棋の駒のようではないですか!
20071018123929.jpg

内部はコンクリートなどは一切なく、手掘り風味である。
20071018124059.jpg

上の写真をみてください。隧道の天井の溝部は何やら意図されて掘られているようだ。それほどまでに、隧道を五角形にしたかったのであろうか・・・。
  1. 2007/10/18(木) 12:42:55|
  2. 房総半島の隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

房総半島(6)月崎駅周辺3連続隧道(導入編)

20071016174055.jpg

房総半島の中央やや右下あたり。小湊鐵道月崎駅があります。この月崎駅周辺に3つの個性的な隧道がありました。まず、導入編ということで、月崎駅のローカルな雰囲気をどうぞ。
20071016174251.jpg

20071016174316.jpg

  1. 2007/10/16(火) 17:43:27|
  2. 房総半島の隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

房総半島(5)

20071012132137.jpg

トンネルの天井の高さは170~180cm程度であろうか。頭上注意である。やっぱり手掘りであった。しかも長め。ゾクゾクする。
20071012132359.jpg

上の写真はトンネル出口。原付バイクでトンネルに突っ込む地元のおっちゃんがいました。写真の穴の向こうに影が写っているのが分かりますか?
  1. 2007/10/12(金) 13:26:43|
  2. 房総半島の隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

房総半島(4)

20071010231616.jpg

そしてこの鵜原理想郷ハイキングコースも終盤に差し掛かり、最大のクライマックスを迎えます。何やら見えてきました。
20071010231753.jpg

うわあ~・・・小せえ~・・・穴。
  1. 2007/10/10(水) 23:18:44|
  2. 房総半島の隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

房総半島(3)

20071007123122.jpg

トンネルを抜けて丘を上がるとこのような広場に出る。
20071007122755.jpg

ハイキングコースだけあって、海も見えます。
20071007122849.jpg

しかし、丘を下って進むと、今度は岩盤をくり貫いたような武骨なトンネルが現れる。

  1. 2007/10/07(日) 12:29:52|
  2. 房総半島の隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

房総半島(2)

20071005125842.jpg

一つ目のトンネルを通り過ぎ、振り返って撮影。向こう側の入口に人影が見えます。このように、穴の大きさは小さめです。
  1. 2007/10/05(金) 13:00:02|
  2. 房総半島の隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
道にあるちょっと気になる物
(HiroKittyさん)
新装開店!ほんわかした隧道愛は健在だ。隧道ファンの癒し所です。
maya46の日記
(mayaさん)
戦跡探索のプロフェッショナル。地元民しか分からない遺構を聞き込み調査で果敢に発掘!すごい行動力に脱帽です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。