隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

総集編(20)

縮小105


この写真、結構気に入ってます。コンクリートで補強されたその次に、やっぱり現れる手掘りの狭部。白と黒と茶色の斑。ドギューン!!(心臓を射抜かれた音)
  1. 2008/01/30(水) 12:43:15|
  2. 総集編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

総集編(19)

縮小104


旭隧道は、所々、断片的にコンクリートで補強されている。この隧道が現役なのを物語っている。しかし浸水が激しい。床面が川のようだ。天井からも水が滴っている。隧道の中を激しい雨が降っているようだ。デジカメが濡れないように、小脇に抱え込む。水たまりの中を歩くと、長靴がピチャピチャと音を立てる。
  1. 2008/01/27(日) 20:47:29|
  2. 総集編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

総集編(18)

縮小103


本編でもご紹介しましたが、まず、これを見ていただきたい。はっきり言って、この世のものではありません。漢字一文字で表せといえば、う~ん、いろいろあるけど、「驚」はあたりまえですが、「絶」もありかな。でも「廃」ではありません。この隧道は現役です。「虚」なんてどうでしょう。とにかく、中山隧道をしのぐとも言える激烈さ。徒歩で探索しました。入り口の右カーブを抜ければ、出口が見えます。しかし、やはり閉塞感にいたたまれない。水の流れる音がする。実際、水浸しなのです。早く脱出したい。出口へと早歩きになる自分をどうしても抑えられない・・・。
  1. 2008/01/24(木) 21:27:43|
  2. 総集編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

総集編(17)

縮小102


新潟県には二つある。一つは前回ご紹介した中山隧道。もう一つはこれだ。上の写真の旭隧道。おそらく隧道界で東西横綱の一角を担っている。800mにもおよぶ隧道で、当然照明などはありません。あ~入り口が微妙に丸みを帯びている。しかも水浸し。隧道の入り口から中をのぞくと、右方向にカーブしているのです。
  1. 2008/01/21(月) 00:03:50|
  2. 総集編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

総集編(16)

縮小101


次なるは、中山隧道と並ぶ新潟県のもう一つの雄、旭隧道です。場所はこちら。(←“こちら”をクリックしてください)写真は上越新幹線浦佐駅前の、田中角栄元首相の銅像なのであ~る。
  1. 2008/01/16(水) 20:02:17|
  2. 総集編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

総集編(15)

縮小111


旧山古志村の公共の宿、あまやち会館。人工温泉もあってのんびりできます。ここに宿泊しました。つい数ヶ月前、営業を再開したようです。(復活万歳)
  1. 2008/01/11(金) 21:56:25|
  2. 総集編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

総集編(14)

縮小110


中山隧道広神村側坑口。

縮小109


広神村側坑口から中を覗いたの図。鉄筋と木材で十メートルほど補強してありました。向こう側の出口は見えません。真っ暗闇の隧道にまた潜って、来た側に帰ります・・・。一回通っただけでは、暗闇の恐怖を克服することなど到底無理・・・。
  1. 2008/01/08(火) 17:13:18|
  2. 総集編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

総集編(13)

縮小108


暗闇に押しつぶされそうな感覚にずっと堪えながら900mもの距離を進んで、やっと、出口に到達。この写真は、そう、隧道道メインページ左上にある写真です。中山隧道は、「長くて狭くて暗い隧道」このコンセプトをすべて満たす隧道でした。あ~でも何回も言ってるけど、暗闇の中に身を置くことが、これほどの恐怖とは・・・。
  1. 2008/01/05(土) 23:54:08|
  2. 総集編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

総集編(12)

縮小106


あけましておめでとうございます。本年も隧道道をどうぞよろしくお願い申し上げます。
今年の抱負を申し上げます。(1)長さや狭さや暗さにこだわらず、趣のある隧道をご紹介したいと思います。(2)隧道のみに限らず、趣のある「何か」をご紹介したいと思います。今年もお付き合いをよろしくお願いいたします。

 上の写真は中山隧道内に設置されている、隧道掘削時に使用されたトロッコです。

縮小107


トロッコの荷台の内部。ツルハシがありました。蜘蛛もイタヨ。
  1. 2008/01/03(木) 12:14:16|
  2. 総集編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
ちょっと気になる所
(HiroKittyさん)
ほんわかした隧道愛。隧道ファンの癒し所です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード