隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

寸又峡のキビシー!!隧道(10)

縮小130

それでは反対側から突っ込んだ画像もお楽しみください。 深い闇のお出迎え。

縮小132

隧道の全長にわたり、ご覧のような溝が掘られていた。何のためであろうか・・・。この溝のために、足下をかなり注意しなくてはならない。

縮小133

そして岩石とコンクリートのコラボである。ある意味、美しくてみとれてしまう(私だけ?)。

縮小134

左へカーブすると出口が見えた。久々に体験した恐怖隧道。全長はおよそ200mくらいであろうか。今回は断念したが、この先にも2つ3つ隧道があるらしい。これらも調査したいが再訪する機会ってあるかなあ・・・。(完)
  1. 2008/07/30(水) 12:39:42|
  2. 寸又峡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

寸又峡のキビシー!!隧道(9)

縮小127

最濃区間を抜けると出口が待っていた。

縮小128

出口の先に突如現れた防護壁。

縮小129

反対側坑口。
注)ここまで来るのは、エラ~く大変でした。なんと言っても長距離歩行。そしてそのための事前の訓練。高い費用を払って購入した熊よけリンリンとカウンターアソールト(熊よけスプレー)。寸又峡に到着するまでまき散らかした大量のガソリン・・・。したがって、ここで終わりにするのは忍びない。反対側坑口から突入した場合の映像も、ちょっとだけ紹介させて~。乞次号。
  1. 2008/07/25(金) 13:15:21|
  2. 寸又峡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寸又峡のキビシー!!隧道(8)

縮小125

隧道の中ほどで、大きく右カーブしている。反射板は、おそらく営林署のパトロールカーのためのものであろう。

縮小126

この隧道の最も奥深いところである(最も濃いともいう)。外界からの光は完全にシャットダウン。右も左もございません。私だけの、異次元空間。(チョーこえ~けど・・・。) 壁面のゴツゴツは硬そうな岩石から成り立っていた。
  1. 2008/07/22(火) 13:33:26|
  2. 寸又峡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

寸又峡のキビシー!!隧道(7)

縮小101

期待通りの隧道だ。坑口から見ると内部は完璧な闇だ。中で大きくカーブしていると思われる。扁額は見当たらない。さて、前に進むとするか!

縮小123

懐中電灯の光が完全に闇に吸い込まれる。中山隧道以来の、久しぶりのこの感触。チョーこえ~・・・。コンクリートの劣化がこの隧道の古さを醸し出している。でも、隧道内はあまりに暗く、撮影した画像がどうなっているのか、撮影直後は全く分からない。家に帰って、へぇ~、こーなってたんだ・・・という次第である。

縮小124

さらに進むと、コンクリートと素掘りのコラボの登場である。ゴツゴツの岩盤に迎えられると、そこはもう別世界なのであ~る。
  1. 2008/07/18(金) 13:43:24|
  2. 寸又峡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寸又峡のキビシー!!隧道(6)

縮小119


林道の下を流れる滝!

縮小120


突如現れる防護壁!

縮小121


旧式の「警笛鳴らせ」!

縮小122


そして・・・おおーっ! ついに、ついに着いたゾ。 ぽっかりと開いた、真っ黒な坑口。
  1. 2008/07/14(月) 13:14:47|
  2. 寸又峡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寸又峡のキビシー!!隧道(5)

縮小115


ゲートを超えて、さらに道が開ける。名を右岸林道という。この林道は昭和44年に廃止された森林鉄道の跡地である。寸又峡付近の国有林は、良質な天然木に恵まれたそうな。それにしても怪しげなブリッジである。このような橋が複数箇所に存在する。

縮小116


そう簡単には着かないとは分かっていても、ハアハア・・・。道は続くよどこまでも。

縮小117


すると、おお! 隧道のお出ましだ。短いながらも思わずニンマリ。

縮小118


そのちょっと先に、もう一つありました。




  1. 2008/07/12(土) 15:47:23|
  2. 寸又峡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

寸又峡のキビシー!!隧道(4)

縮小111


久しぶりに見たピンク色の公衆電話。現役である。

縮小113


ミミズ! でっけえ~。

縮小114


さらに進むと、ゲートの登場だ。営林署のパトロールカーが絶えず巡視している。情報では、この道は登山道としても利用され、見つかってもお咎めは受けない筈だが・・・。このキビシー条件下、GO!なのだ。
 
  1. 2008/07/09(水) 17:59:35|
  2. 寸又峡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

寸又峡のキビシー!!隧道(3)

縮小107


天子のトンネル反対側坑口。

縮小108


さらに進むと、これである。落石だ。だんだんキビシクなってきたゾ。

縮小109


さらにまた進むと、なんじゃこりゃあ! ヘビだよスネークだよクネクネだよ!!

縮小110


ウキーッ!! こりゃマムシじゃないか!? 小鳥が毒液にやられてるの図。 こりゃキビシー!!この先にホントに進めるの?
  1. 2008/07/05(土) 18:14:28|
  2. 寸又峡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

寸又峡のキビシー!!隧道(2)

縮小102


下の(1)の写真のトンネルにはおよそ8kmの道程を歩かなくてはならない。寸又峡温泉の末端で車道は終了する。

縮小103


その先には、飛龍橋や夢の吊橋といった観光スポットがあるのだ。しばらくは上のような舗装路を進む。

縮小104


眼下には、おお! 夢の吊橋とやらがあった。

縮小105


天子のトンネルの登場。

縮小106


天子のトンネル内部。観光客のために照明付である。右側に、ポコっと盛り上がった歩道が形成されているのが印象的。
  1. 2008/07/03(木) 12:34:17|
  2. 寸又峡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
ちょっと気になる所
(HiroKittyさん)
ほんわかした隧道愛。隧道ファンの癒し所です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード