隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鳩打隧道(3)

hato106.jpg

向かって右側の扉にぐぐっと接近してみる。格子状の赤い骨格に、白い布が張ってあった。布に触ってみる。地厚の布だ。丈夫そうである。写真右側にあるように、扉は、コンクリートの壁面と鎖で接続されていた。これを外すには、特別な工具が必要だ。

hato107.jpg

続いて、左側。小さな出入り口みたいなものが右下にあった。この小さい出入り口から隧道内に入る姿を想像してみてほしい。茶室に入るが如く、である。風情を醸し出している。次号から、いよいよ隧道内部に突入だ。その前に、チョットだけ内部をお見せいたしましょう。

hato108.jpg

ストレートのトンネル。かなり古そうだ。
スポンサーサイト
  1. 2008/10/30(木) 13:52:55|
  2. 鳩打隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鳩打隧道(2)

hato103.jpg

林道をさらに進み、峠に到達。鳩打隧道とのご対面である。最高の瞬間である。すると、あるではないかあるではないか。坑口に何やらアヤシイものが付いている。

hato104.jpg

近づいてみる。おお!障子のような2枚の扉!

hato105.jpg

扁額。右から「鳩打隧道」。う~ん、読めない・・・。
  1. 2008/10/26(日) 13:26:04|
  2. 鳩打隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

鳩打隧道(1)

hato101.jpg

長野県飯田市の飯田高原。以前、「扉がある」と言われるトンネルの探索に出かけた。しかし、写真のように一車線林道が雪に埋もれ、これ以上車が進めなくなった。つまり、断念したのだ。そのときの詳細はこちら(←“こちら”をクリックしてください)。時は流れ、リベンジすべく、立ち上がった。

hato102.jpg

だいたい同じ場所からの撮影。おお!晴れてます進めます!行きま~す!!
  1. 2008/10/22(水) 20:53:07|
  2. 鳩打隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

超不気味!小部屋のあるトンネル(6)

kan200.jpg

観音埼公園の別のトンネル。内部は手彫り風味である。このトンネルの出口付近にもやはり、“アレ”があった。

kan201.jpg

出口からトンネル内部を見た、の図。左側に封印された小部屋があった。 せっかくですから、観音埼公園の他のトンネルも2つほどご覧ください。

kan202.jpg

このちっちゃいトンネルは、観音埼公園の散策ルートに存在する。なお、本シリーズでご紹介した超不気味小部屋のあるトンネルは、散策ルートから若干はずれた場所にあり、フツーの人は到達しにくい。

kan203.jpg

もう一つ。レンガ積み風のトンネルもアルヨ。(完)

  1. 2008/10/18(土) 11:01:35|
  2. 観音埼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

超不気味!小部屋のあるトンネル(5)

kan112.jpg

観音埼公園は、元をただせば、1812年に設けられた東京湾警備のための船見番所である。以降、この警備の目的のために終戦まで重要な戦略拠点となる。公園内は、砲台跡も残っている。そしてこの小部屋、実は、簡単に言うと敵の砲弾から逃れるためのシェルターとして利用されていたのである。このトンネルの中にも3か所にわたり小部屋が設けられている。上の写真は、2個目。

kan113.jpg

上の写真は、トンネル出口付近の3個目。ここは厳重に封印されていた。それにしても、このトンネル、長さは短いが超不気味である。妖しすぎる小部屋が3つも連なり、トンネル中央付近なぜか真っ暗闇になるのである(なお、トンネル入口には3分間点灯する電燈スイッチがあります。必要に応じてご利用ください)。そして、おどろおどろしい小部屋の入口とは対照的に、きれいに保存されている白い室内。見てはいけないものを無理やり暴いた感じで・・・足が震えます・・・。次号は、おまけ編です。
  1. 2008/10/14(火) 12:30:00|
  2. 観音埼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

超不気味!小部屋のあるトンネル(4)

kan110.jpg

超不気味な入口に近づいて、穴を通してデジカメで撮影する、という行為は相当恐ろしいものである。小部屋を覗く前は、その中に何があるのか当然分からない。もし変なものがあったら(居たら)どうしよう・・・。まさか小部屋の主とか、霊とか、いないだろうな・・・武者震いを感じつつ、まずは入口左右の小さい穴にデジカメを押し込み、シャッターを押した。その結果が上の写真である。小窓の中にさらに小窓が存在していた。 次は、鉄柵の檻のすきまからの撮影である。

kan111.jpg

意外であった。白くきれいな小部屋内部が写っていたのである! 電燈らしきものもある。 そしてなんと、小部屋の奥にさらに小部屋があった! (霊がいなくてよかった・・・。) 次号は、この小部屋が何であるのか、簡単に説明します。
  1. 2008/10/10(金) 12:45:11|
  2. 観音埼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

超不気味!小部屋のあるトンネル(3)

kan104.jpg

謎の小部屋を正面から見た、の図。煉瓦積みの構造物が闇の中に浮かび上がる。なにこれ~・・・。小部屋への入口は厳重に封鎖されているようだ。入口の上部は鉄柵だ。まるで檻のようではないか。決して気持ちのよいものではない。 中はどーなってんだろ・・・。ということで、入口の左右に見える長方形の穴と、鉄柵の檻のすきまにデジカメをぐいぐい入れて、内部の撮影を試みた。 するとそこには意外にも・・・。次号をご期待あれ!
  1. 2008/10/08(水) 12:14:00|
  2. 観音埼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

超不気味!小部屋のあるトンネル(2)

kan102.jpg

これが問題のトンネルである。長さは100mほどであろうか。このトンネルの右側の壁に、驚くべきものが存在しているのだ。下の写真を見ていただきたい。

kan103.jpg

こ、これは一体・・・。デジカメのフラッシュで明るく見えるが、実際のトンネル内はほとんど闇の中である。この闇の中で浮き上がる、理解不能な構造物。そう。これが謎の小部屋である。激しい地層のうねりの傍らで浮かび上がるその姿は、何物をも寄せつけない迫力を醸し出し、不気味という言葉以外に思いつかない。思わず後ずさりしてしまうのであった。

  1. 2008/10/05(日) 20:41:17|
  2. 観音埼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

超不気味!小部屋のあるトンネル(1)

kan101.jpg

神奈川県の三浦半島にある県立観音埼公園。シーズン中は観光客で賑わっている(はずである)。この県立公園の中に、こわ~いトンネルがあるのだ。
  1. 2008/10/03(金) 09:27:17|
  2. 観音埼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
ちょっと気になる所
(HiroKittyさん)
ほんわかした隧道愛。隧道ファンの癒し所です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。