隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

祝!コラボレーション!!(房総半島85)

cor11.jpg

左カーブのその先に、出口が見えた。

cor10.jpg

反対側抗口(byまきき氏)。 こちら側は素掘り剥き出しの表情であった。

その後、我々二人は隧道を行ったり来たり、壁面に触れたり頬ずりしたり、ちょびっと舐めたり寝てみたり、思う存分隧道ライフを満喫していたのであるが、気がつくと、真っ暗な隧道抗口から一人のお婆さまがにじむように現れたのである。 ひーっ! 詳しくは次号で。

スポンサーサイト
  1. 2009/07/30(木) 13:29:06|
  2. 房総半島の隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

祝!コラボレーション!!(房総半島84)

cor6.jpg

興奮の中、隧道内に踏み込む。

入口はコンクリートで巻かれていたが、そこから先は素掘りだ。

cor7.jpg

素掘り部分を見ると、大らかな地層が出口に向かって伸びていた。

結構上手に掘られていて、壁面は滑らかだ。

出口付近ではなんと左にカーブしているではないか。 激坂に加え、中カーブ。

こいつはスゲエ。凄過ぎる!

cor9.jpg

左カーブ部から振り返った、の図。

前の2枚の写真では中々隧道内の激坂具合が表現できなかったけど、この写真はどうでしょう。

まきき氏ライトの当たっている部分が目線よりやや下。 そこからガクーンと下っているのが分かりますか?

今度は上に目を向けてみましょう。 天井が大きく穿かれているではないか! 一粒で三度おいしい隧道である。

  1. 2009/07/28(火) 09:27:58|
  2. 房総半島の隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祝!コラボレーション!!(房総半島83)

cor4.jpg

それでは驚愕の光景をご覧いただこう。

まず、抗口からライトを照らしてみる。 出口が見えない。 途中でカーブしているのか?

いや、違う。 違うぞ。 ん?

坂だ! 急な上り坂だ!!

我々がホェオェゲロビシャーン!!と驚愕したのは言うまでもない。

隧道内に何と上り激坂があるのである。 これが原因で出口が見えないのであった。

こんなの初めてである。 トンネルの中で山を登るって、どういうことなんでしょう?

この謎はその後解けるのであるが、それは兎も角、いきなりスゴイ物件に出会えて、我々二人は頬をポッと赤く染めるのであった・・・(ウソ)。

cor5.jpg

見てくださいこの急坂を。 ヘナヘナと腰の力が抜けた当方は、まきき氏からのバックライトを背に、なんとか頑張ってデジカメのシャッターを切るのであった(上の写真はbyまきき氏)。

  1. 2009/07/24(金) 13:41:53|
  2. 房総半島の隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

祝!コラボレーション!!(房総半島82)

cor2.jpg

ある日、読者の方からメールをいただいた。 「俺んとこ来ないか?」と。

差出人を見ると、なんと、まきき氏ではないか! まきき氏といえば、房総半島を中心として魅力ある隧道を数多く紹介している、知る人ぞ知る、隧道ティーチャーなのである。

まきき氏のお兄様が運営する、「山の隠れ里」 (←クリックすると飛べます)、
まきき氏のトンコレの前身である、「森の隠れ里」 (←クリックすると飛べます)、
そして現在の「トンネルコレクション」 (←クリックすると飛べます)。

これらHPは隧道ファンのバイブルであろう。

さて、「俺んとこ来ないか?」の返事は当然、「行きます!行きます!行かせてくださーい!!」である。 隧道ファンなら分かると思うが、隧道好きというのは結構レアな人種なのである。 心おきなく、隧道を語りたいのである。

数回のメールのやり取りによって、コラボ日、集合時間、集合場所を決定した。 まきき氏の人柄も想像できた。コラボに何の支障もないと思われた。

でも、コラボ日が近づくにつれ、不安もどんどん大きくなってきたのである。 当方はオフ会なんてやったことが無いのである。 それに、当方の人見知りは筋金入りである。 せっかくお会いできても、当方がコラボを台無しにするかもしれない・・・。

コラボ日前日は、興奮と不安のため、ほとんど眠れましぇんでした・・・。

コラボ日当日、約束の集合時間よりも30分も早く到着してしまった私は、高心拍数、高血圧を維持した状態で、まきき氏をお待ちしていたのである。 すると、来た来た! モニタでいつも見ていたテリオス●●●号がやって来た! ひいい・・・、ど、どうすりゃいいのさ。

しかし、はじめまして、こんにちは、から始まったまきき氏との最初の会話が実にスムースであったのには、自分自身もこりゃ驚いた! メールのやり取りで想像していた通りの御方であったのだ。(あ~よかったあ)

お会いした直後の写真が、トンコレの《奇妙な隧道》導入編0頁にありますので、是非、ご覧ください。

おーっと、前置きが長くなったけれど、上の写真は今回のコラボの最初の目的地である。 場所は、こちら(←“こちら”をクリックしてください)。

この隧道には、正直びっくり。 隧道内に一歩入ると、信じられない光景が!! 詳しくは次号で。

なお、抗口はかなり小さい。

cor3.jpg

ね。

  1. 2009/07/20(月) 12:13:00|
  2. 房総半島の隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

祝!コラボレーション!!(房総半島81)

cor1.jpg

隧道道初企画!

隧道好き野郎とのコラボレーションである!!

その「野郎」とは、弊ブログと相互リンクさせていただいている“トンネルコレクション”(← クリックするとトンコレに飛べます)管理人のまきき氏である。

上の写真はコラボの最初の目的地、房総半島のとある隧道である。

本シリーズは驚愕の隧道に立ち向かう、二人の男の物語である。

次号をご期待あれ!!

  1. 2009/07/17(金) 14:04:04|
  2. 房総半島の隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

みどり湖方面通行止

みどり湖方面通行止

当ブログで時々やってる終点・通行止シリーズ。

実質上、道の終わりを意味する通行止の標識は、現世界と異界との境界線のように思える。

もうそこから先へは行けないのである。

居たたまれない気持ちになる。

もうじっとしていられない。 は、はやく戻らなくては! ハアハア

それにしても、「通行止」の標識って、何て美しいんだろう。

なお、上の写真はこちら(←“こちら”をクリックしてください)。

国道473号線から愛知県道429号線へのみどり湖方面は現在通行止である。

  1. 2009/07/12(日) 10:27:31|
  2. 終点
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

万古隧道(3)

マンゴー5

反対側抗口。 なおこの隧道、照明は途中から設置されている。

マンゴー6

小さい電球が補強板をボンヤリと照らしていた。 (完)

  1. 2009/07/12(日) 10:06:55|
  2. 万古隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

万古隧道(2)

マンゴー2

いったいどんなトンネルなのだろうか。 道に迷いながらやっと到達。

隧道と初めて出会う、この瞬間がサイコーなのである。

マンゴー4

特筆すべき特徴はないが・・・。 この地域にしてはやや長めのトンネル。 これを素直に喜ぶことにしよう。

マンゴー3

なお、隧道の名称は「まんご」隧道である。

  1. 2009/07/06(月) 13:09:21|
  2. 万古隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

万古隧道(1)

マンゴー1

長野県の泰阜村。 目的地は万古隧道である。

場所はこちら(←“こちら”をクリックしてください)。

地図で見つけた、飯田線沿いのやや長めの隧道。 うーん、色々気になる。

ということで、今回は、“ちょっとお出掛け”ってな感じで行ってきました。

なお、上の写真は泰阜村の中々イカした、キュートな照明である。

  1. 2009/07/03(金) 18:16:15|
  2. 万古隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
道にあるちょっと気になる物
(HiroKittyさん)
新装開店!ほんわかした隧道愛は健在だ。隧道ファンの癒し所です。
maya46の日記
(mayaさん)
戦跡探索のプロフェッショナル。地元民しか分からない遺構を聞き込み調査で果敢に発掘!すごい行動力に脱帽です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。