隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

栃折隧道(6)

tochi011.jpg

コンクリート補強部分を越えた風景。

角ばった岩石が織りなす逆U字状のアーチが、隧道の奥の方に向かって幾重にも連なっていた。

岩石は黄土色が基調であるが、それとは違う薄い青色や紫色も見てとれる。

我々が進行することによって路面を覆う水面がユラユラと揺れている。

この世のものとも思えない、この美しい風景に、しばし沈黙。

息苦しい隧道内に居ることを、忘れてしまった瞬間であった。


tochi012.jpg

撮影風景。

まきき氏ライトが隧道の奥を照らしている。

その先に、問題の閉塞部分が現れた。

我々の冒険は、あそこで終了なのであろうか・・・

乞次号・・・。

スポンサーサイト
  1. 2010/06/23(水) 13:40:11|
  2. 栃折隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

栃折隧道(5)

tochi007.jpg

さらに先に進むと・・・

コンクリート補強部分が現れる。

この存在が、素掘り部分を引き立たせていると思いますが、どうでしょうか・・・?

入口からここまで、ずーっと水が溜まっていた。 水深=くるぶし。


tochi009.jpg

補強部分でうれしそうにライトを向ける、まきき氏。

ご覧のように、ヒト一人サイズの隧道である。


tochi010.jpg

ちなみに・・・

まきき氏ライトを小灯にすると、この暗さ。

うぅ・・・

すみませーん! ライトつけてくださーい!! でなければ・・・

おウチに帰らせていただきます・・。

  1. 2010/06/18(金) 09:16:26|
  2. 栃折隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

栃折隧道(4)

tochi006.jpg

ためらいながら震える足で一歩一歩ゆっくりと進んでいく。

隧道内のおよそ三分の二は、浸水している。

ズコー、ピチャピチャ、ズコー、ピチャピチャ。

水の中を進む二人の長靴の音だ。 隧道内で反響している。

素掘り部分は、もろい岩石の連なりによって形成されているようだ。

所々に小さい崩落があった。

入口からまだ僅か数メートルに過ぎないのに、もはやここは現世ではない。

先に進むにつれ、“あの世”の色が濃くなっていくのだ・・・。



  1. 2010/06/11(金) 12:59:53|
  2. 栃折隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

栃折隧道(3)

tochi005.jpg

早速坑内を覗きこんでみる。

やっぱり、狭い。 圧迫される。

コンクリート巻立の先を見ると・・・。

な・・・なんか・・・とんでもないことになってる・・・。

さらにその先に目を凝らすと・・・

ね、ね、まききさん、何か見えるよね? 上の方しか、穴、開いてないよね?

“崩落” この言葉が頭をよぎる。

我々の冒険は、あの崩落箇所までであろうか。

ま~それだったら、仕方がない。 (ホッ)

それに・・・やたらに狭い穴、坑内に溜まった水、待ち構える荒々しい素掘り部分と、その先の崩落・・・。

先に進むのは、ちゅーちょ、チューチョ! さすがに躊躇します!!

でも、行っちゃった・・・。

乞次号。

  1. 2010/06/09(水) 12:17:14|
  2. 栃折隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

栃折隧道(2)

tochi003.jpg

上の地図をご覧ください。このあたりに栃折隧道は存在します。

積雪時の栃折峠を回避する雪中隧道です。

2009年6月にまきき氏とともに探索しました。


tochi002.jpg

国道471号線のゆるやかな左カーブ。

その途中に栃折隧道がぽっかり口を開けていた。

小さい。 ミニチュア隧道であった。


tochi004.jpg

正面から眺めてみる。

出口の光は見えなかった。

この小さい穴に、これからまきき氏と二人で潜るのだ・・・。

あ~もうドキドキです・・・。

  1. 2010/06/05(土) 18:55:18|
  2. 栃折隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

栃折隧道(1)

tochi001.jpg

栃折隧道編。

はじまります。

  1. 2010/06/03(木) 09:16:04|
  2. 栃折隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
道にあるちょっと気になる物
(HiroKittyさん)
新装開店!ほんわかした隧道愛は健在だ。隧道ファンの癒し所です。
maya46の日記
(mayaさん)
戦跡探索のプロフェッショナル。地元民しか分からない遺構を聞き込み調査で果敢に発掘!すごい行動力に脱帽です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。