隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

春日氏とゆく! 暗闇トンネルめぐり(6)

kasuga1023.jpg

反対側坑口。

荻の久保トンネルでした。

今年一年、皆さま、どうもありがとうございました。

来年も、隧道道をよろしくお願いいたします。

よいお年を。

doodoongoo

  1. 2010/12/31(金) 23:58:05|
  2. 暗闇トンネル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春日氏とゆく! 暗闇トンネルめぐり(5)

kasuga1015.jpg

荻の久保トンネル。

長さ252mの中に暗闇トンネルの神髄を見た、気がした。


kasuga1016.jpg

壁面に藻みたいのが、生えていた。


kasuga1017.jpg

先に進むと、真っ暗闇が襲ってくる。

一人での探索は無理。

春日氏に感謝。


kasuga1018.jpg

車で進入してみる。

その先は左にカーブしていた。


kasuga1019.jpg

カーブの先には退避所があった。


kasuga1020.jpg

さらに進むと、出口の光が差してきた。


kasuga1021.jpg

出口の光は、青く反射していた。

う~ん、美しい・・・。


kasuga1022.jpg

短いようで長い、252mの探索であった。


  1. 2010/12/30(木) 20:37:18|
  2. 暗闇トンネル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

春日氏とゆく! 暗闇トンネルめぐり(4)

kasuga1011.jpg

さぁ、次のトンネルに向かおう。

前出の山掴トンネルの近くにあるトンネルだ。

荻の久保トンネル。

これもまた埼玉県秩父市の浦山ダム周辺のトンネルである。

春日氏のHPの“ココ”でも紹介されている。

暗闇の深さに胸がキューンとなるではないか。

でも・・・

上の写真を見てくだせぇ。

えーっ! 熊が出るの!?

勘弁してくだせぇ・・・


kasuga1012.jpg

でもゲートが開いていた。 うふふふ・・・。 春日氏によれば、通常ゲートは閉まっているのだそうな。

上の写真はゲートに貼られていた注意書きを覗き込む春日氏である。


kasuga1013.jpg

注意書きには、こういう内容が書いてあった。

「木材を搬出中なので、注意して通行するように」

やったぁ! 車両通行のお墨付きである。


kasuga1014.jpg

到着した荻の久保トンネル。

見てくだせぇ。

出口の光が全く見えない。

真っ黒な暗闇だけがそこにあった・・・のである。


  1. 2010/12/23(木) 21:20:32|
  2. 暗闇トンネル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

春日氏とゆく! 暗闇トンネルめぐり(3)

kasuga1008.jpg

核心のカーブ部分。

滑らかな壁面とともに、ゆっくりとした右カーブ。

これにより、出口の光が到達しない。

カーブに感謝。


kasuga1009.jpg

退避所があった。

この隧道、入口で手を叩くと見事にこだまが返ってくる。

中に退避所があるからだそうな。

上の写真は、トンネルの暗闇に包まれて嬉しそうに身悶えする春日氏である。


kasuga1010.jpg

反対側坑口。


  1. 2010/12/18(土) 10:59:25|
  2. 暗闇トンネル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春日氏とゆく! 暗闇トンネルめぐり(2)

kasuga1001.jpg

2010年10月16日。

神奈川県内のとあるコンビニで春日氏と待ち合わせをした。

午前5時のことである。

まだ、日は昇らない。

今日は埼玉県秩父市付近の隧道の探索である。

春日氏とそこに行くのだ。

春日氏とは、いったい、どんな御仁なのであろうか。

ドキドキします。



kasuga1002.jpg

春日氏がやってきた。

どうぞ、と助手席のドアを開ける。

春日氏がどか~んとシートに身を沈める。

春日氏は身長が18●cmもあるのだ。

こ、これが春日氏か!

当方は長年、「険道と標識のページ」でお世話になっている。

その春日氏が、オレの横に座っている。

オ~、ナイス。

隧道を語れるのだ。 あの、春日氏と。

ちなみに上の写真は、途中で通行止めでガビーン!の図である。

あ~腰痛っとストレッチをする春日氏。


kasuga1003.jpg

でー、なんだかんだと言いながら、最初のターゲットであるトンネルに到着である。

場所は“こちら”。

埼玉県秩父市の浦山ダム周辺のトンネルである。

山掴トンネル。

写真をご覧いただきたい。

出口が見えないのである。

きっと途中でカーブしているにちがいない。

浦山ダムにひっそりと佇む、コンクリート製のトンネル。

通行量は極めて少ないものと推測される。

人影のない寂しいダム湖のほとりに、ぽっかりと黒~い穴をあけて、誰かが通るのをじっと待っている。

あぁ~・・・出会いの瞬間にふと漏れた吐息である。


kasuga1004.jpg

トンネル内に一歩踏み出した、の図。 おぉ・・・。 暗いです。 そんな場所に身を置ける。 シアワセ。

  1. 2010/12/15(水) 21:47:15|
  2. 暗闇トンネル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春日氏とゆく! 暗闇トンネルめぐり(1)

kurayami101.jpg

こんにちは。

隧道道のdoodoongooです。

皆さま、いかがお過ごしですか?

本日から新しいシリーズの始まりで~す。

名付けて、「春日氏とゆく! 暗闇トンネルめぐり」。

表題の「春日氏」。

みなさん、ご存知ですよね?

当ブログでもリンクしている、老舗の「険道と標識のページ」。

胸がキューンとなる険道や隧道や標識を多数紹介されてます。 是非、“クリック”して下さいね。

さて今回、春日氏からお誘いいただいたのです! 俺んとこ来ないか? と。

返事は当然、行きます行きます行かせてくださーい!!

で、早速、埼玉県秩父市へ向かったのであ~る。 2010年10月16日のことである。

今日から始まるのです。 春日氏との暗闇トンネルめぐり。

最後まで、ごゆっくり、お楽しみください。

うふふふふ・・・・。


  1. 2010/12/12(日) 20:26:28|
  2. 暗闇トンネル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

田野畑村の隧道(15)

nibu46.jpg

出口の前にもう一つあった、コンクリート補強部。

若干の余裕があるので、眺めてみた。


nibu47.jpg

すると、鉄製のフックが固定されていた。

これは一体、何のために? お分かりになる方、教えて下さい。


nibu48.jpg

やっとのことで、出口に到達。

隧道の長さは、そうだなぁ~・・・ 150mくらい?

いいかげんで、スミマセン。


nibu49.jpg

出口から見た、三陸海岸風景。


nibu50.jpg

ついにやりました! ボクにもできました。 すべての隧道、完抜けです!

数々の試練を乗り越えた男の目に、光るものを確かに見た。

バンザーイ! バンザーイ! (赤い矢印は今通り抜けた隧道)

これにて、田野畑村の隧道編を終了いたします。

ご清聴を感謝申し上げます。

(完)


  1. 2010/12/03(金) 14:37:03|
  2. 田野畑村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
ちょっと気になる所
(HiroKittyさん)
ほんわかした隧道愛。隧道ファンの癒し所です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード