隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春日氏とゆく! 暗闇トンネルめぐり(11)

kasuga1037.jpg

続きまして、雁掛トンネルをご紹介します。

場所は、“こちら”。

399mの照明なしのトンネルである。 1961年3月竣工である。


kasuga1038.jpg

御覧ください!

モコモコがすごい。

なお中央に見える人影は撮影中の春日氏である。


kasuga1039.jpg

中央部にはすれ違いのスペースがあった。

この付近は荒々しい素掘りの風景となる。


kasuga1040.jpg

反対側坑口。

なお、この坑口から脇道をちょっと行ったところに小さい素掘り隧道が2つあるのでご紹介します。


kasuga1041.jpg

1つ目隧道。 険しい岩石の集合体。


kasuga1042.jpg

1つ目隧道の内部。 鮮やかな色彩の岩石がウロコのように並んでいた。


kasuga1043.jpg

2つ目隧道。 一見普通の素掘りのように見えるが・・・。


kasuga1044.jpg

2つ目隧道に一歩入って振りかえった、の図。

激しい亀裂が天井に食い込んでいた。


スポンサーサイト
  1. 2011/01/29(土) 15:24:16|
  2. 暗闇トンネル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:19

春日氏とゆく! 暗闇トンネルめぐり(10)

隧道道の初動画です!

八日見トンネル内で突然照明が消えたら・・・。

2分30秒後の消灯が、トンネルの中央付近で突然生じるように、車を走らせました。

では、どうぞ。


[広告 ] VPS


消えると分かっていても、怖いものは、コワイ。


  1. 2011/01/18(火) 14:24:02|
  2. 暗闇トンネル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春日氏とゆく! 暗闇トンネルめぐり(9)

kasuga1033.jpg

続いては、埼玉県秩父郡小鹿野町両神薄の林道八日見線にある、八日見トンネルである。

場所は、“こちら”。

林道は目下、工事中。

山の中に不釣り合いな、ご立派なトンネルが待ち構えていた。

八日見トンネルである。

写真手前のセンサの下を車両が通過すると2分30秒間、トンネル内の照明が点灯する。


kasuga1035.jpg

照明が点きました、の図。

この八日見トンネルは、長さが707mもあるのだ。

2分30秒の照明点灯時間は、クルマなら余裕だが、徒歩ではアウトだ。


kasuga1034.jpg

照明が消えちゃいました、の図。

お約束通り、トンネルは内部でカーブしているのだ。

出口の光は見えない。


kasuga1036.jpg

迫り狂う闇魔王に対峙する春日氏。

おぉぅ!!

その後方で当方がチビッていたことは内緒である。


  1. 2011/01/17(月) 14:23:56|
  2. 暗闇トンネル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

お知らせ

別館“隧隧道”にて、棚橋隧道写真館別館を開館いたしました。

びみょ~ですが、ぜひ、ご覧ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

doodoongoo

  1. 2011/01/13(木) 09:48:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春日氏とゆく! 暗闇トンネルめぐり(8)

kasuga1029.jpg

矢通反隧道に突入する春日氏。


kasuga1030.jpg

見にくいが、隧道の途中から岩のゴツゴツが露出してくる。

この隧道は30mそこそこの短い隧道であるが、その激坂といったら、口あんぐり。


kasuga1031.jpg

その様子を表現するのは中々難しいのだけれど、上の写真はいかがでしょうか。

出口の向こうは平坦面。 そこから手前に向かってドドーンと下っている。

かつて、まきき氏とのコラボで“激坂隧道”を紹介したが(房総半島84)、この矢通反隧道の激坂度はそれと同等あるいはそれ以上かもしれない。


kasuga1032.jpg

反対側坑口。

右斜め上に設置された蛍光灯がキュート。

以上、矢通反隧道でした。


  1. 2011/01/11(火) 14:58:36|
  2. 暗闇トンネル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

春日氏とゆく! 暗闇トンネルめぐり(7)

kasuga1024.jpg

新年明けましておめでとうございます。

本年も隧道道をどうぞよろしくお願いいたします。

2011年の一発目は、矢通反隧道である。

場所は、“こちら”。

矢通反隧道は奥秩父自然遊歩道の中にあり、解説板によると、昔の人が畑に行くのに大変だったので隧道を掘る計画を立て実行に移したが、お金が無くなってしまい、計画が大きく変更され、やたら斜めの隧道になってしまった、とのことである。

昭和15年から16年にかけての出来事である。


kasuga1025.jpg

矢通反隧道に行くには・・・

まず、広場に車を停めて坂を登ると・・・


kasuga1026.jpg

案内板が出現し・・・


kasuga1027.jpg

案内されるとおりに進んでいくと・・・


kasuga1028.jpg

矢通反隧道とのご対面となる。

  1. 2011/01/05(水) 00:05:09|
  2. 暗闇トンネル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
道にあるちょっと気になる物
(HiroKittyさん)
新装開店!ほんわかした隧道愛は健在だ。隧道ファンの癒し所です。
maya46の日記
(mayaさん)
戦跡探索のプロフェッショナル。地元民しか分からない遺構を聞き込み調査で果敢に発掘!すごい行動力に脱帽です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。