隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

市場隧道(4)

ichiba117.jpg

反対側坑口。

肉厚である。

入口のコンクリート巻きとは全く異なる様相だ。 それぞれの表情に趣を感じる。

写真では見にくいが、穴の真上から水が滴り落ちていた。

険酷隧氏によれば、普段はもっと滝のように流れているという。



ichiba118.jpg

市場隧道と一緒に記念撮影。

決まった! 見事なコンビネーション。


ichiba119.jpg

市場隧道とのお別れの時間が近付いてきた・・・。

市場隧道殿、さよオナラ。

ハグハグの儀式である。


ichiba120.jpg

反対側坑口へ続く道。

以上で市場隧道探索は終了である。 長い時間お付き合いいただいた険酷隧氏、まきき氏、どうもありがとう。

なお、市場隧道探索後の様子はトンコレにおいて絶賛放映中! “ココ”をクリック!

(完)


  1. 2011/11/29(火) 18:31:39|
  2. 市場隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

市場隧道(3)

ichiba112.jpg

素掘り部分では様相が一変する。

真ん中には水路が出来上がっていた。


ichiba113.jpg

さらに進むと、最大の崩落部分が現れる。


ichiba114.jpg

側壁に、ポコンと空いた凹部。

中に見える黒いものは、「亜炭」であると険酷隧氏が教えてくれた。

石炭になる手前のようなものらしい。


ichiba115.jpg

食べられないっつーの!!

と、突っ込みを入れてみる。


ichiba116.jpg

出口付近は、見た目以上にヌタヌタ度が高い。

長靴がハマると、本当に出られない。

険酷隧氏が早速ハマった。

グッチョンぐッちょん。 出られない。 

ぬかみそだな、これは。

険酷隧氏の断末魔を聞きながら、そう思った。


  1. 2011/11/23(水) 22:43:16|
  2. 市場隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

市場隧道(2)

ichiba107.jpg

坑口の大きさは、険酷隧氏との比較でお分かりのように、スモールサイズである。


ichiba108.jpg

坑口から覗きこんでみる。

出口が見えるものの、しばらくの間はコンクリートで巻かれているようだ。

その先はどうなっているのだろうか。 ワクワクする。


ichiba109.jpg

まきき氏ライトを当ててみた。

出口まできれいに光が通らない。 何かがあるのだ。


ichiba110.jpg

さらに進んでみる。

その怪しげなスポットの手前は、一部が水没していた・・・。


ichiba111.jpg

市場隧道の核心部である。

素掘り部分が現れた。

大規模な崩落が見られた・・・。


  1. 2011/11/19(土) 21:46:25|
  2. 市場隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

市場隧道(1)

ichiba101.jpg

2011年10月30日の日曜日。

おなじみのまきき氏と富山探索に出かけた。

富山には、新たな友人、険酷隧氏が待っている。

険酷隧氏は、“険酷隧に魅せられて・・・。”でお世話になっている。

だが・・・ 険酷隧氏とはこの日が初対面である。

人見知りの諸兄にはお分かりだと思うが、新たな友人となる2~3分前が一番、キンチョーするのである。

その点、まきき氏も同様であった。

「おうちに帰る」と泣きじゃくるまきき氏をやっとのことで説得。

集合場所のとあるコンビニに10分遅れで到着した。

上の写真は、新たな友人となってから5分後の、ホヤホヤ写真である。 左:まきき氏。 右:険酷隧氏。


ichiba102.jpg

さて、今回のターゲットは、市場隧道である。

大体の場所は、“こちら”。

険酷隧氏の情報によれば、市場隧道付近は土砂の採取場として開発され、新たに林道も新設され、このため市場隧道は用無しとなり、今年度末(平成23年度末)にもコンクリートで閉鎖されるらしいのだ。

また一つ、個性的な隧道が消えて行く。 行かねばならぬ。

上の写真は土砂の採取場風景。 切り崩された山肌の向こう側に市場隧道がある。


ichiba103.jpg

市場隧道への入口は、工事用車両が道を塞いでいた。

ここからは徒歩であるが、市場隧道の坑口は意外と近い。


ichiba104.jpg

「あらま、こんなに工事が進んじゃってるよ!」 ボーゼンとする険酷隧氏。

以前パトロールした時と比べ、大きく風景が変わってしまったらしい。 ボヤボヤしてると穴が塞がれてしまう。 急がねばならぬ。


ichiba105.jpg

さらに進むと、道の両側から藪が張り出てくるが、これを過ぎるともう坑口が近い。


ichiba106.jpg

出た!!

意外にもカワユイ穴だ。 入口はコンクリートで巻かれているようだ。

以下は険酷隧氏が行政から入手した情報である。

名称:市場隧道(行政によれば、正式名称は不明だが、市場隧道と呼んでほしいとのこと)

竣工年:昭和18年

施工主体:大沢野町森林組合

幅員:2.5m

延長:180m

内容:素掘り (うふふふ・・・)

昭和38~39年に改良工事が行われ、内部や路面の一部がコンクリート施工され、現在に至っている。

なお、市場隧道探索時の模様は、トンコレでも絶賛放映中! “ココ”をクリック!!


  1. 2011/11/13(日) 15:02:25|
  2. 市場隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

笹口隧道(10)

sassa161.jpg

出口付近の図。


sassa162.jpg

反対側坑口。

見て下さい、この異形を!

外観は大まかに言って、ひしゃげた食パンのようだ。

焦げたチョコレート(?)のような色彩。


sassa163.jpg

表面ツルツル。 流れ模様。

う~ん・・・。 唸らずにはいられない、偶然の芸術。


sassa164-1.jpg

反対側坑口付近に突如現れた石垣。

この隧道は確かに利用されていたのだ。


sassa165.jpg

その先に続く、廃道。

地形図上では、この先に2つの短い隧道があるはずなのだが・・・。

残念ながら発見できなかった。 日も暮れてきた。 退散するとしよう。

その探索の様子と帰り道の詳しい模様は、まきき氏のトンコレで絶賛放映中! “ココ”をクリック!


sassa166.jpg

駐車場でお約束の記念撮影である。

あれ? 腰が痛いぞ。 そりゃそうだ。 およそ5キロのまきき氏ライト、背中にずっとくくりつけ、道なき道をひた走る。 藪の中から水路の中までおまけにロープで宙ぶらりん。 やっと見つけた隧道も、ひとつのライトで事足りて、あ~あたしのライトはどうなるの? ケッコーケッコーモーケッコー!

でも、そんな事はどうでもいいんです! 笹口隧道に出会えたことに感謝! まきき氏どうもありがとう。

ご清聴に感謝いたします。 なお、笹口隧道の謎解きはもうちょっと続くそうなんです。 今後のトンコレに注目です!

(完)



  1. 2011/11/06(日) 10:40:40|
  2. 笹口隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
ちょっと気になる所
(HiroKittyさん)
ほんわかした隧道愛。隧道ファンの癒し所です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード