隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

押日(1)

oshi001.jpg

2012年2月26日。

パパゲーノ氏、まきき氏、当方の3人は、千葉県茂原市の押日(おしび)地区を探索した。

パパゲーノ氏は、相互リンクさせていただいてる“道にあるちょっと古いもの”の管理人である。。

まきき氏は、相互リンクさせていただいてる“トンネルコレクション”の管理人である。

ちなみに、上の写真では、向かって左から右に、当方、パパゲーノ氏、まきき氏である。

さらに言えば、上の写真では、向かって左から右に、当方のママチャリ、パパゲーノ氏のマウンテンバイク、まきき氏の超ウルトラ改造チャリとなっている。

今回、お二人に押日地区を案内してもらった。 当方はご満悦である。 パパゲーノ氏、まきき氏、どうもありがとう・・・。





さて、押日は、狭い範囲に数多くの素掘り隧道が存在する、全国でも珍しい、隧道ファンにとってヨダレジュルジュルの聖地である。

上の地図をグリグリしていただくと、数多くの隧道マークが見つかるはずである。

で、今回の一発目は、戸田谷(へたやつ)隧道である。


oshi002.jpg

農道の先の竹藪。 この中にちっこい隧道が穴を開けて待っているのだ。

最初から、もうタマらない気持ちになる。


oshi003.jpg

あぁっ!

出会いの瞬間である。

最初から、もう胸キュン状態である。


oshi004.jpg

短いけど、素敵である。

いびつなところが素掘り感を強調している。


oshi005.jpg

三角形に近い断面に、美しい地層模様が連なっている。


oshi006.jpg

出口の先には数件の民家が・・・。

本隧道はばっちり現役なのだ。


oshi007.jpg

出口を振り返って見た、の図。

掘ってる感・・・。


oshi008.jpg

隧道へ向かう、くにゃりとした農道がたまらない・・・。



  1. 2012/04/27(金) 14:05:51|
  2. 押日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

新青崩隧道(5)

ao111.jpg

さて、再び新隧道に視点を戻します。

金網の先には、やっと、出口が見えた。


aoo112.jpg

出口付近で発見した、新旧隧道のドッキング部分(推測)。

左の人物は春日氏。 余談だが、当方も春日氏も相当な怖がりである。 でも、二人で勇気を出し合って新青崩隧道を完抜けすることができました。 当方一人だったら、オウチに帰ってたな・・・。


aoo113.jpg

出口。

先にも書いたが、この出口は旧隧道の出口でもある。

それにしても・・・

この新青崩隧道、当方にとっては、暗闇の度合いがパンパなかった・・・。 長かった・・・。

メチャ、怖かった・・・。


aoo114.jpg

振りかえって、坑口をパチリ。 ロックシェッドが伸びている。


aoo115.jpg

ロックシェッドの全体像。 実は、撮影中もパラパラパラパラと小さい落石が頻繁に起こっていた。


aoo116.jpg

ロックシェッド遠景。 うわぁ~・・・ パンパない落石量! 別な意味で怖い・・・。

でも、当方にとって新青崩隧道はS評価。 お気に入りに勿論、登録いたします!

(完)


  1. 2012/04/19(木) 13:41:56|
  2. 新青崩隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

新青崩隧道(4)

aoo111.jpg

格子にデジカメをグイグイ突っ込んで撮った画像である。

まさかの展開に当方は痺れた。

金網の向こうは、まさに、旧青崩隧道そのものであったのだ。

つまり、新旧二つの隧道が金網を隔ててドッキングしていることになる。


ao101-1.jpg

ここで、旧青崩隧道を確認しておかねばなるまい。

矢印方向に2,3分歩くと・・・


aoo121.jpg

旧隧道が姿を現す。

だが・・・


aoo122.jpg

旧隧道はガッチリ閉鎖されていた。

先にも記したとおり、旧隧道は落盤の危険性が高く、永久的に閉鎖されている。

そこで・・・


aoo201.jpg

ありし日の旧青崩隧道を簡単にご紹介します。

時は2005年10月。 まだ旧隧道は現役であった。 そのときの探索の模様である。

(写真が斜めなのはご容赦ください)


aoo202.jpg

入口を覗く。 出口の光は全く見えない。

当時、隧道初心者だった私は、あまりの迫力に圧倒される。 そしてズボンが黄色くなる。


aoo203.jpg

数歩進むとこれだ。

荒々しい穴の掘り方に仰天。 そしてズボンがびしょ濡れになる。


aoo204.jpg

旧隧道も大きな左カーブがあった。

このカーブのどこかで、新隧道とドッキングしているのだ。


aoo205.jpg

旧隧道の出口。 なんと、この出口は新隧道と共有することになる。

乞次号。




  1. 2012/04/12(木) 13:35:22|
  2. 新青崩隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新青崩隧道(3)

ao107.jpg

待避所の先も続くよ暗闇が。

それにしても、相棒(春日氏 or クイック・ニック氏)が横に居てくれるのは心強い。

な~んか、気が大きくなって、気持ちよくなってきちゃった・・・。

ホェオェゲロピチャン。

暗闇の中、平泳ぎともクロールとも区別の付かない動作をやってみる。

束の間の宇宙遊泳を楽しんでいた。 しかし、そんなことをやってる場合ではなかった。

本隧道の核心部分が迫ってきたのだ!


ao108.jpg

左カーブである。

このカーブのせいで、出口の光が届かない。


ao109.jpg

ぐぉ~んと曲がっている。

所々で沁み出た水の模様が、なんか、気持ちわりぃけど、このカーブの先に、とんでもないものが存在した・・・。


aoo110.jpg

隧道の途中で、突如現れた、怪しげな金網。

これはいったい、何ですか?

格子を覗きこんで見ると・・・。

信じられない光景がそこに広がっていた!!

乞次号。


  1. 2012/04/05(木) 09:40:24|
  2. 新青崩隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
ちょっと気になる所
(HiroKittyさん)
ほんわかした隧道愛。隧道ファンの癒し所です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード