隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

きびたきトンネル(4)

kibi016.jpg

前回までのあらすじ:

まだ日も昇らない午前2時。 意気揚々と神奈川県を出発したdoodoongooは、東北自動車道を快調に北上していた。

車中、あることに気付く。

あれ? 当方のHNの"doodoongoo"って、どう読めばいいんだろ?

実は、本人も知らないのである。

これからは"doodoongoo"はやめて、“空気屋”にしようかな・・・。

そんなことを妄想してニヤけていたら、目的地のきびたきトンネルに到着したのである。


kibi013.jpg

トンネル内部の分岐部で行く手をさえぎる、ナンバリング土嚢。

数字のデカさが異様だ。

うぅ

何か怖い。

熱でうなされてる時、こんな感じの夢を見ることがあるな・・・。


kibi014.jpg

勇気を振り絞り、左側の隙間から侵入する。


kibi015.jpg

もう一本のトンネルが姿を現した。


スポンサーサイト
  1. 2012/07/29(日) 17:14:15|
  2. 分岐隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

きびたきトンネル(3)

kibi008.jpg

それでは、反対側(白河側)に回ってみよう。

2車線の国道がきびたきトンネルに向かってまっすぐ、伸びていた。


kibi009.jpg

しかし、周辺をよ~く見渡しても、トンネルの穴は1つだ。

いったいどーなっているのか。

なぜ、こちら側(白河側)の穴は1つで、向こう側(会津側)の穴は2つなのか。

長考したが、よく分からないので、穴に入ることにした。


kibi010.jpg

緩やかな右カーブの先を見ると、くにゃっと左に曲がっている。

曲がった部分に何か置いてあるぞ。

怪しい。

これは怪しいぞ。


kibi011.jpg

その怪しい部分に到達してみると・・・。

はぁーん!!

何だこれ!?

穴の形状がどう見てもヘンだ。

本線をなぜ、左に大きく曲げなきゃならんのだ?

それよりも、右側はどーなっているんだ!?

興味の対象は、もちろん右側の先にある。

早速、突入しようとしたら・・・。


kibi012.jpg

積み重ねられた土嚢に行く手を遮られる。

それもそーなんだけど、ちょっと、このデカイ数字やめてくんない?

な~んか、気味わりぃ・・・。

乞次号。





  1. 2012/07/20(金) 11:32:49|
  2. 分岐隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

きびたきトンネル(2)

kibi007.jpg

前回までのあらすじ:

ちょうど、1年前の暑い日、当ブログ管理人のdoodoongooは、渋滞を避けるため夜の2時に神奈川県を出発し、早朝7時ころ、きびたきトンネルに到着した。

会津側の坑口から近付く。

すると、誰がどう見ても違和感のある光景に出くわす。

百人中、百人が「はうゎ!!」と叫ぶであろう。

坑口が2つ並んでいるのだ。

いったいどーなっているのか。

当然、興味は塞がれている穴に向く。

厚手のシートで頑丈に覆われている。

しかしながら、シートの一部に切れ込みを見つけたのだ。

数々の冒険により、こういう場合、シートをまくってみるのがよいとdoodoongooは学んでいた。

早速まくってみる。

すると・・・

驚くべき光景を目の当たりにした!!

ご覧ください。









ご覧ください。






















kibi006.jpg

こ、これは一体・・・。

トンネルである。

しかも、完成品のようである。

いったい、どーなっているのか。

入ろうとしたが、シートの切れ込みが小さすぎて、頭も入らない。

仕方がないので、きびたきトンネルの反対側(白河側)に向かうことにした。

乞次号。

  1. 2012/07/15(日) 18:16:21|
  2. 分岐隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

きびたきトンネル(1)

kibi001.jpg

きびたきトンネル。

場所は、“こちら”。

この名前を聴いたことのある御人も多かろう。

「あ~知ってる」

そうおっしゃらず、お付き合いくださいませ。

まず、上の写真をご覧いただきたい。

会津側の坑口である。

お気付きの諸兄も多かろう。 どー見てもヘンだ。


kibi002.jpg

ヘンなのは、こっち側である。

坑口がきっちりと閉ざされている。


kibi003.jpg

厚手のシートで覆われている。

でも・・・

赤丸部分に切れ込みみたいなのがあった。


kibi004.jpg

ここだ。

この切れ込みをめくってみたい。

何が見えるのかなぁ?


  1. 2012/07/12(木) 18:29:06|
  2. 分岐隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
ちょっと気になる所
(HiroKittyさん)
ほんわかした隧道愛。隧道ファンの癒し所です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。