隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

極上京都旅行(2)

manpo105.jpg

内部に進入。

見事なネジレっぷりだ。

え? よくわからない?

そうですか・・・。

manpo106.jpg

ではこちらと比べてください。

これは京都某所で撮影したねじれていないまんぽである。

いかがでしょうか。


  1. 2015/07/24(金) 10:20:31|
  2. ねじりまんぽ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

極上京都旅行(1)

manpo101.jpg

阪急京都線西山天王山駅。

駅の真上を高速道路が走っている。

駅に降り立ってみると・・・

あれぇ~右も左も分からん。 どっちに進んだらいいのか、わからん。

グーグルのマップで予習してきたのだが、パソコンのモニター画面と現場とでは受ける雰囲気が全く異なる。

どこに行けばいいのか、まったく分からないのである。


manpo100.jpg

さて、今回の京都旅行の目的は、ねじりまんぽ巡りである。

ねじりまんぽとは簡単に言えば、線路の下をくぐる通路であって、通路の天井に巻かれたレンガがグイ~ンとねじられているものである。

レンガは、線路に対して直交方向に巻けば強度的に良好となるそうな。

しかし上図のように、線路の下をくぐる道路が、線路に対してある角度を持っている場合はどうなるのか。

ねじりまんぽが出現するのだ。


manpo102.jpg

結局、西山天王山駅から全く逆方向に30分も歩いてから、間違いに気が付いた。

往復1時間も無駄にして、もうヘトヘトでやんす。

しかしさすが京都である。

とうとう目的とするねじりまんぽにお導きをいただいた。

住宅街の中を走る東海道線の下にその物件がある。


manpo103.jpg

おぉっ!!


manpo104.jpg

小さい。異様に小さい。もう最高に小さい!

近くに立ってる説明板によれば、日本一小さいねじりまんぽとされている。

当方のリュックサックと比べてほしい。

しゃがむようにしないと、歩けない。



  1. 2015/07/20(月) 14:47:59|
  2. ねじりまんぽ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大平トンネル(4)

odaira110.jpg

扁額。

右から「木」「曽」「峠」。

なお、反対側坑口も同じである。


odaira111.jpg

隧道の上部がどうなっているのかは、やはり気になるところである。

ちょいと、失礼。


odaira112.jpg

年代を感じさせる、横顔。


odaira113.jpg

土管だ。 長い土管がそこにあった。

(完)

  1. 2015/07/15(水) 10:23:50|
  2. 大平トンネル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大平トンネル(3)

odaira106.jpg

内部の様子。

赤丸で囲んだところに光が。

最初は電灯があるのかと思ったが・・・。


odaira107.jpg

外部からの光が差し込んでいた。


odaira108.jpg

出口付近。


odaira109.jpg

反対側坑口風景。


  1. 2015/07/09(木) 09:03:03|
  2. 大平トンネル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大平トンネル(2)

odaira101.jpg

長野県飯田市。

国道256号線から県道8号線へ。

目指すは大平峠にある大平トンネルである。


odaira102.jpg

高さ制限3.3メートル。 数値に面白味はないが、この制限予告がワクワクさせるではないか。


odaira103.jpg

県道は細いが、舗装されている。


odaira104.jpg

そしてその姿を現した大平トンネル。

予告通り、高さ制限3.3メートルだ。


odaira105.jpg

ドドーン。

雪避けらしいのだが、それでもいいではないか。

コンクリートの器だけなのである。

隧道として見ると、あまりにも常識外のお姿。

魂抜かれた・・・。


  1. 2015/07/04(土) 11:55:24|
  2. 大平トンネル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
ちょっと気になる所
(HiroKittyさん)
ほんわかした隧道愛。隧道ファンの癒し所です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード