隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

房総半島(11)激烈!!斧落隧道(上り編)

20071030112201.jpg

一歩入った写真がコレ。なんじゃこりゃあ!!!激しい。激しすぎる。荒々しく無造作に掘られた穴。左から右から地面に向かって伸びる地層。しかも内部でカーブしていて出口が見えない。
20071030112624.jpg

さらに進んでみる。相変わらず斜めに走る地層。どのように掘ったらこうなるのか、天井は岩のヒダヒダがリングのように幾重にも連なっている。
  1. 2007/10/30(火) 11:31:31|
  2. 房総半島の隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<房総半島(12)激烈!!斧落隧道(上り編) | ホーム | 房総半島(10)激烈!!斧落隧道(予告編)>>

コメント

doodoongooさま、いつも有難うございます。確かにこれはすごいと思いました。ところで、内部に明かりはないようですね。
  1. 2007/10/30(火) 12:49:22 |
  2. URL |
  3. 匿名希望 #-
  4. [ 編集]

匿名希望様 激烈の度合い、ご堪能いただけたでしょうか。本隧道に照明はありません。長さ的には短いのです・・・なお、タイトルに“上り編”と書きました。したがいまして、“下り編”もあります。ちょっとですが。斧落隧道の別な表情も是非ご期待ください。
  1. 2007/10/31(水) 11:54:05 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

地球の芸術

こんばんは。
私も見た瞬間、驚きを隠しきれませんでした・・・。驚愕の光景がそこにありますね。途中まで舗装されていますが、それから先がむき出しとは、何とも言えない光景! まさに自然と言いますか、トンネルの凄さを改めて実感しました。
  1. 2007/11/02(金) 23:04:47 |
  2. URL |
  3. 飯田文江 #-
  4. [ 編集]

飯田文江様 毎度ありがとうございます。斧落隧道スバラシイ。飯田様おっしゃるとおり、ある意味芸術作品です。下り編もご期待ください。写真は1枚ですが、芸術性という観点からは上り編を凌ぐものと思われます。
  1. 2007/11/03(土) 10:52:11 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zuidou.blog31.fc2.com/tb.php/108-a2ff30a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
ちょっと気になる所
(HiroKittyさん)
ほんわかした隧道愛。隧道ファンの癒し所です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。