隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

房総半島(16)Let's goハイキング(その3)

20071114234446.jpg


お~っと、なになに、さわやか街道マップですかあ。さっき通ったトンネルは木の根隧道というのだな。この先、原田山隧道、原田山トンネル、岩婦隧道が待ち受けているようですな。

20071114235008.jpg


じゃ、まず原田山隧道だ。

20071114235351.jpg


さわやか街道といっても誰もいないし。トンネルは照明なくて真っ暗だ。ときどき車が通るけど、歩く私にびっくり仰天。

  1. 2007/11/14(水) 23:59:54|
  2. 房総半島の隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<房総半島(17)Let's goハイキング(その4) | ホーム | 房総半島(15)Let's go ハイキング(その2)>>

コメント

さわやか街道

こんばんは。12・13日の記事と一緒に書きますね。
『Let's go ハイキング編』、見させていただきました。フェリーに乗りましてのハイキングとは、何とも優雅な感じがしていいですね。そして、ハイキングコースには数箇所のトンネルが・・・。
原田山隧道は、直線のシンプルなトンネルのようです。ですが、よく見ますと、トンネルの中の壁がゴツゴツしてそうですが・・・気のせいでしょうか? そして、最後に緩やかなカーブ。
今後の『さわやか街道』も楽しみです。
  1. 2007/11/15(木) 18:21:49 |
  2. URL |
  3. 飯田文江 #-
  4. [ 編集]

やっぱりトンネル登場

飯田文江様 東京湾は船がいっぱいで、フェリーにぶつかるんじゃないか・・・という感じでした。隧道道の管理人としてはハイキングといってもやっぱりトンネルがないと面白くありません。原田山隧道はご指摘のとおり、内部にゴツゴツ感があり、もとは素彫りの壁を吹きつけ塗装したといった趣でした。
  1. 2007/11/15(木) 23:57:41 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zuidou.blog31.fc2.com/tb.php/113-e74472a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
ちょっと気になる所
(HiroKittyさん)
ほんわかした隧道愛。隧道ファンの癒し所です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。