隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

房総半島(21)隧道ア・ラ・カルト(その3)

20071130154246.jpg


お次はこれ。鴨川市付近の海辺のトンネルです。高台にあるこのトンネルは、出口が真っ直ぐ海の方を向いています。写真では非常に分かり難く申し訳ないのですが、入口に立って出口を覗くと、海しか見えず、真っ青でした。

ここでお知らせ。12月からは、隧道道総集編です。過去2年間の記録を洗い直し、未公開映像も含め、ダイジェスト版でお送りします。ご期待下さい。(でもどう考えても今年中には総集編は終わりそうもないなあ・・・)
  1. 2007/11/30(金) 15:55:19|
  2. 房総半島の隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<総集編(1) | ホーム | 房総半島(20)隧道ア・ラ・カルト(その2)>>

コメント

こんばんわ。匿名希望です。
ところで、Doodongooさんはトンネルの事前調査として、Google earthを用いることはありますか?
  1. 2007/12/02(日) 00:58:23 |
  2. URL |
  3. 匿名希望 #-
  4. [ 編集]

ご回答申し上げます。

匿名希望様 結論から申し上げますと、使用しておりません。上から見ただけではトンネルの所在は当然分かりませんし、その場の雰囲気というのも現地を訪れないと中々分からないから、というのがその理由であります。また、無料版ではおいしそうな隧道があるような場所の画像が不鮮明である、ということも挙げられます。
  1. 2007/12/03(月) 09:10:49 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

総集編へ向けて・・・。

こんばんは。
今回のトンネルは入り口が鉄筋で固められていまして、何だかガッシリしていますね。そうですか。このトンネルは海へとつながっているのですね。青い海へのトンネル・・・ロマンチック♪ 写真からしまして、長さは中くらいでしょうか?
おおぉ・・・12月は『隧道道総集編』なのですか? それはとても楽しみです! 思い出を再確認することは、とても懐かしい感じがすると思います。期待していますよ!
  1. 2007/12/04(火) 18:35:40 |
  2. URL |
  3. 飯田文江 #-
  4. [ 編集]

総集編

飯田文江様 このブログで掲載している隧道はどれも思い入れのあるものなので、一度だけのご紹介だけではもったいない!てな感じです。いよいよ総集編始まります。よろしくお願いします。
  1. 2007/12/04(火) 23:29:03 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zuidou.blog31.fc2.com/tb.php/119-2ff33db1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
ちょっと気になる所
(HiroKittyさん)
ほんわかした隧道愛。隧道ファンの癒し所です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード