隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

総集編(1)

20071204233532.jpg


今から約2年前の10月に、上の写真でもって、ブログ隧道道はオープンしました。ヒマなときに目をつぶり、素直に心の中を見回してみたところ、実は自分はトンネル大好き、ということに気付きました。感動を皆様と分かち合うために、このブログはあります。

  1. 2007/12/04(火) 23:43:22|
  2. 総集編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<総集編(2) | ホーム | 房総半島(21)隧道ア・ラ・カルト(その3)>>

コメント

始まりの場所

こんばんは。
これがdoodoongooさんの始まりの写真なのですね。緑あふれる風景に、湖でしょうか? トンネル。それはとても奥が深いもの。トンネルを出ると、そこは雪国だった・・・。某小説の有名なフレーズですね♪
私もdoodoongooさんのブログを見させていただいてから、トンネルの魅力に浸っています! 何か不思議なものがあるといいますか、とても惹かれてしまいますね。ブログを始められて約2年ですか? doodoongooさんにとって、2年の歳月は長かったでしょうか、短かったでしょうか? よろしければ、理由もそえてお聞かせください。
  1. 2007/12/05(水) 21:27:57 |
  2. URL |
  3. 飯田文江 #-
  4. [ 編集]

時間の経過

飯田文江様 総集編最初の写真は本ブログの開設後初めて掲載した写真です。場所は神奈川県の丹沢湖。ブログ開設は2005年10月ですが、この写真はその1年前に撮影したものです。2年間はあっと言う間に過ぎました。長かったのは、自分がトンネル好きだということに気付くまでの期間です。昔から、なんとなくトンネルに魅力は感じていたのですが・・・。でもまあ、気付いてよかった。黒くポッカリ開いた隧道の穴。ゾクゾクします。
  1. 2007/12/07(金) 13:57:21 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zuidou.blog31.fc2.com/tb.php/120-b1097b3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
ちょっと気になる所
(HiroKittyさん)
ほんわかした隧道愛。隧道ファンの癒し所です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。