隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

総集編(8)

縮小102


中山隧道は、村民による手掘り隧道である(写真右側の小さい穴)。16年の歳月をかけて、昭和24年に完成。その長さ約900m。平成10年に写真左側に見える新トンネルが開通するまで、なんと国道として現役であった。現在は、歩行者のみ通行可である。最初に一歩足を踏み入れたときの衝撃は忘れられない。
  1. 2007/12/19(水) 12:50:49|
  2. 総集編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<総集編(9) | ホーム | 総集編(7)>>

コメント

親子トンネル

こんばんは。17日の記事と一緒に書きますね。
おおぉ・・・新潟県中越地震の12日前に現地に行ったのですね。震度7とは、とても凄かったですよね。早く完全復興されることを、私からも心より願っています。そうですね。緑あふれるとても素敵な場所だと感じます。
ええぇ・・・この小さなトンネルが『国道』ですか? 驚きです・・・。現在は隣の大きなトンネルが主なのですね。長さが900mとは、とても長いですね。『最初に一歩足を踏み入れたときの衝撃は忘れられない』というお言葉が、気になります・・・。
  1. 2007/12/21(金) 23:48:04 |
  2. URL |
  3. 飯田文江 #-
  4. [ 編集]

驚天動地

飯田文江様 「驚天動地」とは大げさですが、当時、本格的に隧道探索を開始した自分にとって、初めて触れた中山隧道は衝撃的でした。その臨場感をお伝えするのは中々難しいのでありますが、是非、ご覧ください。
  1. 2007/12/24(月) 00:03:44 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

こんにちは 中山隧道の画像は大きさがよくわかりすばらしい1枚だと思いました。私も秋以降、古隧道をいくつか訪れましたが、怖くて入れないモノもありました(汗。  いつも楽しみに拝見してます、探索はくれぐれもお気をつけて。チョット早いですが、よいお年をどうぞ。来年もよろしくです。
  1. 2007/12/25(火) 22:02:12 |
  2. URL |
  3. 奈津子 #-
  4. [ 編集]

奈津子様へ

毎度どうもありがとうございます。確かに、せま~くてくら~い隧道に入るのは中々勇気が必要ですよね。今年の探索で一番危険だったのは、ハチでした。来年もどうぞよろしくお願いします。
  1. 2007/12/26(水) 13:57:47 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zuidou.blog31.fc2.com/tb.php/127-e1f186d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
ちょっと気になる所
(HiroKittyさん)
ほんわかした隧道愛。隧道ファンの癒し所です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。