隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

総集編(9)

縮小103


中山隧道の入口に立って、中を覗き込んだ写真である。このときの衝撃は忘れられない。自分にとって900mものなが~い隧道探索はこのときが初めてであり、ある意味、ナメていたのかもしれない。暗闇がこれほどまでに恐ろしいとは知らなかった。前方が、何も見えないのである。漆黒の闇。懐中電灯を照らしてみる。光線が闇に吸い込まれ、意味をなさない。隧道の奥のほうから、何か音が聞こえる。微かな重低音だ。どうしても一歩が踏み出せない。中に入ったら、もう二度と出て来れないのではないかと思ったりしてしまう。本能が恐れているのだ。チョ~こえ~!!
  1. 2007/12/26(水) 13:51:11|
  2. 総集編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<総集編(10) | ホーム | 総集編(8)>>

コメント

初めまして、いつも拝見しております。
中々遠くまでは行けないのでここで写真を見るのを楽しみにしています。
すごいですね。こんな場所は今まで見たことがありません。いつか行って見たいものです。
  1. 2007/12/26(水) 16:11:12 |
  2. URL |
  3. 某 #WkN3T2Ik
  4. [ 編集]

こんにちは。匿名希望です。確かに900メートルという距離には泣く子も黙る迫力があります。私も1年ほど前にここを訪れたことがあります。出口にたどり着いて初めに感じたことは、再び900メートルを戻らなければならないことでした。900メートルということは、要するに1800メートルということなのです。
  1. 2007/12/27(木) 03:09:48 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

某さま

ご来訪ありがとうございます。機会があれば、中山隧道、是非お出かけ下さい。行って損はないと思います。もし行かれるのであれば、お一人はやめたほうがいいです。一人で入るには、相当な覚悟と勇気が必要です。
  1. 2007/12/28(金) 12:48:02 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

匿名希望さま

毎度ありがとうございます。私も長年の夢がかない、中山隧道を訪れることができました。しかし、あの狭さを、国道時代は車が往来していたというのですから、驚きです。
  1. 2007/12/28(金) 12:50:52 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

doodongoo様、車が往来?ちょっと信じられません。すれ違うことは不可能ですね。
  1. 2007/12/30(日) 02:51:41 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

車の往来について

ご指摘のとおり、隧道内での車のすれ違いは不可能です。おそらく、車と自転車のすれ違いもできないでしょう。中山隧道が国道だったころのマナーは次のように聞いております。(1)隧道入口で車を降りる。(2)隧道の入口付近に立って、耳をそばだてる。(3)隧道内に先入車がいないことを聴覚で確認した後(隧道は微妙にねじれているので、ヘッドライトの光は見えない)、クラクションを鳴らしながら隧道内を進行する。あ~なんて、趣があるのでしょう・・・。
  1. 2007/12/31(月) 12:06:10 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zuidou.blog31.fc2.com/tb.php/128-3958121c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
道にあるちょっと気になる物
(HiroKittyさん)
新装開店!ほんわかした隧道愛は健在だ。隧道ファンの癒し所です。
maya46の日記
(mayaさん)
戦跡探索のプロフェッショナル。地元民しか分からない遺構を聞き込み調査で果敢に発掘!すごい行動力に脱帽です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。