隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

石佛隧道(7)

縮小117


反対側坑口。

縮小118


その坑口のすぐそば。お賽銭(5円)を置いて、祈った。皆々様のご健康である。5円では少ないですか? 当方が子どものころは、大人も含め、いつも5円をお賽銭箱に投げ込んでいましたが・・・。

縮小119


さて、石佛隧道の最後の趣は、この写真です。これは坑口のすぐ上部から高~く伸びる竹です。でも不思議じゃないですか? 坑口のコンクリートから生える竹なんて・・・。竹は根を横に広げるらしいのですが、それにしても露骨です。どうみてもコンクリートから生えてます! しかもこんなに高く。石佛隧道は特筆すべき長さや狭さはないものの、数々の散りばめられた標識や得体の知れない竹などが、趣を提供してくれました。次号は、おまけ編です。



  1. 2008/06/08(日) 20:49:22|
  2. 石佛隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<石佛隧道(8) | ホーム | 石佛隧道(6)>>

コメント

こんにちは。匿名希望です。
このトンネルの入口と出口のコントラストも趣の一つではないでしょうか?
根元には草木一本生えていない竹林。出てみると草木が生い茂る日当たりのよい出口。
実際に訪問してみていかがでしょうか?
  1. 2008/06/09(月) 12:35:25 |
  2. URL |
  3. 匿名希望 #-
  4. [ 編集]

匿名希望さま

いつもありがとうございます。石佛隧道はご指摘のとおり、入り口と出口では表情が全く異なります。「竹」で覆われた入り口は、鬱蒼としていて昼なお暗く、夜中の訪問は遠慮したいです。
  1. 2008/06/09(月) 18:31:29 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zuidou.blog31.fc2.com/tb.php/181-8902bd47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
ちょっと気になる所
(HiroKittyさん)
ほんわかした隧道愛。隧道ファンの癒し所です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。