隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

旧信越本線隧道群(4)

縮小113


遊歩道最後の第5号トンネル。この第5号トンネルが一番面白い。

縮小114


そう。中は微妙にカーブしているのだ。長さも一番長い。ナトリウム灯も雰囲気を盛り上げている。

縮小115


第5号トンネルを抜けたその先には、上の写真のように第6号トンネルがある(整備中)。簡単なバリケードがトンネルをふさいでいる。「この先、決して立ち入らぬこと」という趣旨の立て札もある。なお、写真には写っていないが、この第6号トンネルの前で2名のボランティアの方々が、観光客を相手に旧信越本線のガイドをしていた。したがって、バリケードを乗り越えると通報されることになるでしょう。(ま、ボランティアの方々がいなくてもトンネルには踏み込まないけどネ)

縮小116


廃線跡で戯れるサルの親子。ここのサルはおとなしくてよかった~。

旧信越本線は、観光地化され人出も多く、ゆっくりと隧道を味わう雰囲気ではないのだが、それでも隧道自体は重厚であり、歴史を感じさせ、中々のものであった。「探索」や「冒険」という言葉は、この地では似合わないけれど、機会があれば是非訪れてみてはいかがでしょう。

「文化むら」から「第5号トンネル」まで片道4.7kmあって、往復歩くとなると、結構疲れる。当日は、観光客との接触を避けるためにズンズン歩いたもんだから、もうヘトヘトでヤンス。ところで、当方は近いうちに静岡県の、とある隧道を探索する予定である。しかしその隧道に到達するには、往復で約20kmも歩かなければならない(隧道に続く道は車両進入不可)。現在、毎日ランニングして体を鍛えておりま~す。
  1. 2008/06/26(木) 13:57:27|
  2. 旧信越本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<寸又峡のキビシー!!隧道(1) | ホーム | 旧信越本線隧道群(3)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zuidou.blog31.fc2.com/tb.php/186-bcbdd80f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
道にあるちょっと気になる物
(HiroKittyさん)
新装開店!ほんわかした隧道愛は健在だ。隧道ファンの癒し所です。
maya46の日記
(mayaさん)
戦跡探索のプロフェッショナル。地元民しか分からない遺構を聞き込み調査で果敢に発掘!すごい行動力に脱帽です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。