隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

トンカラリン(3)

ton3.jpg

もうだめだ。これ以上タクシーで進むことはできない。

お爺様、運転士O氏、当方の3人が山中を行軍。それが上の写真である。

それにしても、タクシーを捨ててまで目的地への案内を試みる運転士O氏。プロの鏡である。

ここで一つの重大な事実を書かざるを得まい。 それは、お爺様は子どもの時以来、トンカラリンに行ってないということである!

お爺様の記憶を頼りにヌタヌタの道を進む。

お爺様はこのヌタヌタの右側にトンカラリンがあるというのである。

「確か、このあたりだ・・・。」 お爺様が指をさす。

その先の藪を、当方が突っ込む。

でも、トンカラリンは見当たらない。

ああ、トンカラリンは見つからないのだろうか・・・。 ここまで、みんなに迷惑かけているのに・・・。

まったくもって、どーなっちゃうの!! 乞次号
  1. 2008/12/14(日) 20:20:41|
  2. トンカラリン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<トンカラリン(4) | ホーム | トンカラリン(2)>>

コメント

こんにちは

いい運転手さんに巡り会えたですねw。

ここまで突っ込んでくれるとはw。
  1. 2008/12/14(日) 21:36:46 |
  2. URL |
  3. 奈津子 #-
  4. [ 編集]

奈津子さま

毎度ありがとうございます。ご指摘のとおり、巡り合いに感謝してます。実は、東広島で最初に乗ろうとしたタクシーは、トンカラリンの場所が全然分からないということだったので、次のお客さんに乗ってもらいました。次のタクシーが写真の運転士さんで、トンカラリンに向かう車内では結構、話が盛り上がりました。もしこのタクシーに乗っていなかったら、親切なお爺様とも出会えなかったかもしれません。しかし、はなしはそううまくは行きませんでした。次号を“ちょっとだけ”ご期待ください。
  1. 2008/12/15(月) 11:56:01 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zuidou.blog31.fc2.com/tb.php/260-12fe2738
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
ちょっと気になる所
(HiroKittyさん)
ほんわかした隧道愛。隧道ファンの癒し所です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード