隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

トンネル内照明なし!(旧福知山線)2

syomei2.jpg

ある日、宮脇俊三氏著「鉄道廃線跡を歩く」を読んでいたら、衝撃的な内容に思わず飛び上がった。それが、「トンネル内照明なし」という看板の存在である。今から10年以上も前の話である。場所はこちら(←“こちら”をクリックしてください)。

今回、10年越しの夢がかなったという訳である。上の写真は、旧福知山線入口の模様である。

旧福知山線は廃線跡であるが、ハイキングコースと化している。なお、JR西日本は、その事実を認めていない。

syomei3.jpg

ね。
  1. 2009/01/06(火) 16:04:08|
  2. 旧福知山線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<トンネル内照明なし!(旧福知山線)3 | ホーム | トンネル内照明なし!(旧福知山線)1>>

コメント

忘れられた廃線の物語

こんばんは。ご無沙汰です! 飯田文江です。まず始めに、遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます! 昨年もブログにコメントをさせて頂きまして、本当にお世話になりました。今年もよろしくお願い申し上げます。

そして、今までの記事の内容全てにコメントをしたいのですが、コメントをまだしていない記事を数えてみますと、なんと『16個』・・・。そのどれもがとても魅力的なものであり素晴らしいのですが、いつものようにまとめてコメントをしますと、かなり膨大な量になると思います。ですので、今回より『書ける記事のみのコメント(複数個もありますが)』とさせていただくことが多くなると思います。私としましては、とても辛いことなのですが、やはり一番大事なことは『doodoongooさんに、ご迷惑をお掛けしないこと』です。

さてさて、今回の隧道は『昭和61年に廃線となった旧福知山線のトンネル群』なのですね。おおぉ・・・『トンネル内聡明なし!』とは、何とも意味ありげな看板ですね。そして、その隧道との出会いは、ある1冊の本がきっかけなのですね。そうですか。10年も待っていたとなりますと、その想いは計り知れないものがあると思います。
また、写真からしましても、とても緑あふれる風景が広がっていますが、下の写真ではある意味で『警告』のようなことも印されているのですね。やはり、JR西日本がその事実を認めないということには、様々な思惑があると思いますが、一番言いたいことは『安全が確実に確保されていない』ということではないでしょうか。旧福知山線は『やむなく廃線となった』ということを、強調させたいのでしょう。


また、始まりましたね、2009年。今年は進歩の年にしたいです。皆様にとってこの1年が、実りのある年になりますように。そして、楽しく過ごせますように。心より願っております。


最後になりますが、私的なことで誠に申し訳ないのですが、皆さんへの感謝の気持ちとしまして、『私のブログ』が完成いたしましたので、ご報告させていただきます。アドレスは以下に『管理人だけに閲覧』で載せておきますね。doodoongooさんと同じ舞台に立つことになりますが、これからも変わらずよろしくお願い申し上げます。そして、お暇なときに見ていただければ、幸いです・・・。

それでは、また近々・・・see you soon
  1. 2009/01/06(火) 22:15:38 |
  2. URL |
  3. 飯田文江 #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/01/06(火) 22:16:49 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

飯田文江さま

ご来訪誠にありがとうございます。あけましておめでとうございます。本年も隧道道をよろしくお願いします。飯田さんのブログも拝見させていただきます。2009年が飯田さんにとって素晴らしき年となりますよう、お祈りいたします。旧福知山線も“ちょっとだけ”オモシロクなってきますので、是非、ご覧ください。
  1. 2009/01/07(水) 18:51:57 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zuidou.blog31.fc2.com/tb.php/268-ea984cae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
ちょっと気になる所
(HiroKittyさん)
ほんわかした隧道愛。隧道ファンの癒し所です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード