隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コラボレーション第2弾!戸谷隧道(1)

totani1.jpg

戸谷隧道。 この名をご存知の方も多いであろう。 北陸最狭とか北陸最凶とか北陸最狂とか、様々なニックネームが付けられている。 当ブログにおいても、ここは是が非でも探訪したい隧道の一つであった。

場所は、こちら。(→ “こちら”をクリックしてください)

だが、この隧道を訪れるのには、幾つかの困難を伴う。 まず、隧道の正確な場所が今一つよく分からない。 地図をみると戸谷隧道への道のりは点線化している。 果たして辿りつけるのであろうか。 次に、隧道に行くには結構荒れた道を通らざるを得ないこと。 ネット上で色々調べてみると、当方の愛車マーチコレット号では心もとない。 さらに、神奈川県民の当方にとって、石川県小松市は、やっぱり遠いのです・・・。
ということで、戸谷隧道の存在は知っていたものの、行くすべがなく、他の方々のレポを指をくわえて見ていたのでした・・・。

しかし、神は我を見捨てなかった。 救世主の登場である。 まきき氏である。 まきき氏とは今年の春に初めてのコラボを行い、ミステリアスな隧道を探索し、お互いに頬をポッと赤く染めた仲である(詳しくは房総半島81~89をご覧ください)。

コラボ第1弾に味をしめた我々は相談の結果、次の探索地として富山県のある隧道にターゲットを絞ったのである。 富山の隣は石川県。そこで私はまきき氏に、「富山に行く前に戸谷隧道に連れてって!!」とお願いしたのである。 まきき氏にとって戸谷隧道探索は2回目となるが、快くOKしていただいた。

なお、まきき氏の第一回戸谷隧道探索の模様は、まきき氏のお兄様が運営する、「山の隠れ里」 (←クリックすると飛べます)にレポがあります。オモシロイので是非ご覧ください。

さて、行動計画を練り上げた私たちは、まきき氏の愛車テリオス●●●号に同乗して、石川県小松市に向かって高速道路をひた走ったのであった。 北陸自動車道小松インターで高速道路を降りる。 さすがまきき氏、2回目ということもあってスイスイと戸谷に向かって一直線である。 長年夢見た戸谷隧道に行ける! 行けるのだ! 天にも昇る気持ちや!! まきき氏どうもありがとう。

だが・・・だが・・・ああ・・・隧道まであとほんのちょっとというところで、とんでもない悲劇に襲われたのである。


サイフがないんです・・・。


考えて見て欲しい。 ルンルン気分で何時間。 やっとここまで辿りつき、あと残すはわずかだけ。 ジーパンの、ポケットしまったオサイフは、どこ探しても見当たらず、うぅ、ワンワン! これはきっと夢だ夢だ夢なのだ。あはははそーであってもらいたい!

なお、小松インターから降りてGSで給油したとき、サイフは確かにジーパンのポケットに収まっていたのだ。 サイフの中には旅費、クレジットカード、免許証、健康保険証、近くの薬局のポイントカード、近くの総菜屋のポイントカード・・・おぉい! これなくしたらシャレにならないよおならないよお!! ハアハア。 戸谷隧道まであと数百メートルの地点で、引き返すことになりました。 まきき氏どうもごめんなさい・・・。 なお上の写真は戸谷隧道近くの赤瀬ダムである。 乞次号。

なお、まきき氏のトンネルコレクションでも戸谷隧道ONAIR中です!! “ここ”をクリック!!

  1. 2009/09/07(月) 14:43:48|
  2. 戸谷隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コラボレーション第2弾!戸谷隧道(2) | ホーム | 柳ヶ瀬隧道(6)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zuidou.blog31.fc2.com/tb.php/339-b9770faf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
ちょっと気になる所
(HiroKittyさん)
ほんわかした隧道愛。隧道ファンの癒し所です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。