隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コラボレーション第2弾!戸谷隧道(2)

totani100.jpg

「サイフがない」 この厳然たる事実とどう向き合えばいいのか。 ルンルン気分の旅が台無しなのである。

ひょっとしたら、小松インター付近のGSで落としたのであろうか・・・。 まきき氏が電話で確認してくれた。

GSからの返事は、「はあ~ん?サイフ? ないよナイヨここにはないよ、ありません」。

テリオス●●●号の天井に乗っかっているかもしれない。 まきき氏が確認してくれた。 あったのはトリのウンコだけである。 (上の写真を参照) 

totani3.jpg

いつ、サイフを落としたのであろうか。 記憶の糸を必死にたどる。 でも、何も思いだせないのである。

そうだ! さっきと同じことを繰り返せば何か思い出すかもしれない。 数十分前に行った記念撮影と同じカッコをやってみる(上の写真を参照)。 何も思いだせない。  全然ダメじゃん! 

totani4.jpg

上の写真は赤瀬ダムのトイレである。 トイレからまきき氏の叫びが聞こえる。 えっ!!サイフあったの!? 違った。 マムシみたいな蛇がトグロを巻いているらしい。 な~んだ、オレのサイフじゃないのか・・・。 ドヨ~ん。

totani5.jpg

赤瀬ダムから戸谷方面へ視線を向ける。 写真右側に見えるのはダムの管理事務所である。

おお! 管理事務所で何か分かるかもしれない。 飛び込むワタシ。

doodoongoo 「 あの~すみません、ここらへんでサイフを落としたかもしれませんが、届いてないでしょうか・・・」

ダム管理人 「はあ~ん?サイフ? ないよナイヨここにはないよ、ありません」。

やっぱり、ダミだった・・・。

totani6.jpg

戸谷入口あたりに架かる橋。 ここもくまなく探しました。 ないよナイヨここにもないよ! ドヨ~ん、ドヨ~ん。

totani7.jpg

もう仕方がないのである。 サイフはないけど、ここまで来たからには戸谷隧道のご尊顔を拝すべきである。 戸谷隧道の、入り口戻った我々は、もうサイフを忘れて無理やり笑顔を作り出し、さあ、いざ、いざ、いざ進まん戸谷隧道へ!!

そのときであった。 まきき氏の叫び声を聞いたのは。 はあ~ん。 またヘビでもいたの・・・。

でも今回の叫びは違った。 二人で歓喜の雄叫びをあげる、数秒前の出来事である。 乞次号。

なお、今回の戸谷隧道(2)はまきき氏のトンコレと同じ写真を使っています。 二人の感情の違いを是非、ご覧ください。 “ここ”をクリック!


  1. 2009/09/14(月) 13:45:41|
  2. 戸谷隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コラボレーション第2弾!戸谷隧道(3) | ホーム | コラボレーション第2弾!戸谷隧道(1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zuidou.blog31.fc2.com/tb.php/340-e450328d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
道にあるちょっと気になる物
(HiroKittyさん)
新装開店!ほんわかした隧道愛は健在だ。隧道ファンの癒し所です。
maya46の日記
(mayaさん)
戦跡探索のプロフェッショナル。地元民しか分からない遺構を聞き込み調査で果敢に発掘!すごい行動力に脱帽です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。