隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コラボレーション第2弾!戸谷隧道(3)

totani8.jpg

はうあ! まきき氏の叫びでテリオス●●●号が急停車である。

ヘビではなかった。 サイフだ。 キラキラ光るサイフだ。 おれのサイフだ! おれのサイフだよ!! サイフだサイフだおれのサイフだよおぉぉぉぉ!! ハアハア。

まきき氏が見つけてくれたのだ。 俺のサイフを。 旅費も免許証も健康保険証もポイントカードも戻って来た! まきき氏どうもありがとう!! 感激のあまり、鼻血を四方八方にまき散らしたことは言うまでもない・・・。

上の写真は、サイフ発見現場である。 戸谷の入り口で一旦テリオス●●●号を降車したときに落としたらしい。 

totani10.jpg

さて、あらためて戸谷隧道に向かって出発である。 上の写真は険道化した43号線の入り口といってもいいだろう。 看板に色々と書いてあるが(トンネルは狭いよっ)、通行止ではないらしい。

totani11.jpg

険道の途中に橋が架かっている。 古城橋というらしい。 まきき氏は何をしているのだろうか。 爪でも研いでんの? (“ここ”をクリック!)。

totani12.jpg

険道はなだらかな上り坂である。 どうやら戸谷は近いみたいだ。 夢にまで見た戸谷が近付いている。 ああ・・・とうとう来たのだ来れたのだ。 武者震いする自分に気付く。 なお、所々で路床に大きな穴があいているので注意が必要である。

totani13.jpg

そしてとうとうその雄姿を現した戸谷隧道。 高さ1.7m、幅0.8mの信じられない規制標識も健在であった。 あ~、とうとうここまで来た。 来れた・・・。 感激で胸一杯なのである。

ここでまきき氏が何かに気付く。 坑口の左斜め上を見てほしい。 何やら黒ずんでいる。 ま、まさか、坑口の上に旧坑口が!? 

totani14.jpg

よじ登って撮影する。 (“ここ”をクリック!) 裂け目は確認できたが・・・。 さらに接近だ!

totani15.jpg

あんまり接近してないけど・・・。 ただの裂け目でした。 あーははは。

さて、次号ではいよいよ戸谷隧道内部に進入である。 次号をご期待あれ!

なお、まきき氏のトンネルコレクションでも戸谷隧道ONAIR中です!! “ここ”をクリック!!

  1. 2009/09/15(火) 23:05:17|
  2. 戸谷隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<コラボレーション第2弾!戸谷隧道(4) | ホーム | コラボレーション第2弾!戸谷隧道(2)>>

コメント

こんにちは

戸谷 行きたくてしょうがないんですが
自分の運転技術と 車両の形状(断面が真四角w)から 躊躇してしまいますw。
こちらで、タップリ楽しませていただきますw。

  1. 2009/09/15(火) 23:28:04 |
  2. URL |
  3. 奈津子 #-
  4. [ 編集]

奈津子さま

こんにちは。
いつもありがとうございます。
当方が戸谷へ訪問した際(今年の6月)、そこへ向かう道は、普通車ギリギリでした。 一部穴があいてました。 ぶさいく様(失礼)ですと、ちょっと微妙かもしれません・・・。 でも、いざとなったら険道入口から歩けると思います。 戸谷レポはネット上で結構存在してますが、今回は折角の機会でしたので、他の方々がやられていない、新しいパターンをちょっと試してみました。 次号をご期待ください。
  1. 2009/09/15(火) 23:51:25 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

こんにちは。入り口の標識に幅0.8mとありましたが、これは少々大袈裟では?写真で見る限りどう見ても1m以上あると思います。続編が楽しみです。
  1. 2009/09/16(水) 21:05:58 |
  2. URL |
  3. 匿名希望 #-
  4. [ 編集]

匿名希望さま

こんにちは。いつもありがとうございます。幅0.8mの制限標識は、現在のところ日本一だと思います。でも、ご指摘のように幅1m以上はあるかも? 実はコレ、戸谷隧道(1)でリンクさせていただいた、「山の隠れ里」にその答えが掲載されています。是非ご覧ください。
  1. 2009/09/18(金) 13:53:26 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zuidou.blog31.fc2.com/tb.php/341-bf9162e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
道にあるちょっと気になる物
(HiroKittyさん)
新装開店!ほんわかした隧道愛は健在だ。隧道ファンの癒し所です。
maya46の日記
(mayaさん)
戦跡探索のプロフェッショナル。地元民しか分からない遺構を聞き込み調査で果敢に発掘!すごい行動力に脱帽です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。