隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コラボレーション第2弾!戸谷隧道(9)

totani34.jpg

戸谷隧道坑口。

はるか遠く向こうに、一点、光の穴が見えた。

このような隧道が現役として(?)、いまだ日本にあることに感謝する。

totani35.jpg

補強板が規則正しく連なっていた。

このような無機的な光景も、時として趣を醸し出す。 寒々しい模様は異空間のようである。

totani36.jpg

素掘り区間となった。 ヒダヒダが幾重にも連なる。 どういう風に、掘ったのだろう・・・。

totani37.jpg

戸谷隧道の中央部である。 戸谷隧道内部は、微妙なアップダウンがある。

これにより、出口の光が届かない箇所がある。

そこでは、穴がどんどん小さくなっていく・・・そんな風に感じる。

ああ・・・これが戸谷か・・・。 

  1. 2009/10/08(木) 20:54:24|
  2. 戸谷隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<コラボレーション第2弾!戸谷隧道(10) | ホーム | コラボレーション第2弾!戸谷隧道(8)>>

コメント

現代と過去との対話

こんばんは。ご無沙汰です! 飯田文江です。

10月も半ばにさしかかりまして、季節はもう秋に入ったのでしょうか? 最近では台風が日本列島を直撃しまして、多くの地域に多大な被害をもたらしましたよね。doodoongooさんは大丈夫でしたでしょうか? 心配です・・・。


今回は、前回から続いています『コラボレーション企画・戸谷隧道坑口』の2回目ですね。始めのお写真を見る限りで、まず始めに『とても長いのでは!?』と私も感じてしまいました。中は鉄骨で補強されていますが、少しさびが目立ちますね。


途中から素掘りの区間に切り替わるのですね。ここからもかなりの長さがあると思われますが、私掘り方には興味があります。今では想像もしなかったことを、昔の方はやられていたのですね。


最後のお写真は『中間地点』のようですが、一部補強がされていますよね。『徐々に小さくなっている』ということは、意図的なのか無意識なのか・・・。謎は深まるばかりですね。

それでは、また近々・・・see you soon
  1. 2009/10/09(金) 21:49:08 |
  2. URL |
  3. 飯田文江 #-
  4. [ 編集]

飯田文江さま

こんにちは。毎度ありがとうございます。 台風18号の直接的な被害はおかげさまで2時間の停電程度ですみました。
ところで、戸谷はブログでも書きましたが長年夢見ていた隧道ですので、すぐに終わらせるのは忍びがたく、長々とやっております。
隧道の内部のヒダヒダは、どのように掘ったらそうなるんですかね~。興味は尽きません。
戸谷編は、あと少々お付き合いくださいませ。
  1. 2009/10/10(土) 16:24:57 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zuidou.blog31.fc2.com/tb.php/347-5bdf55e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
ちょっと気になる所
(HiroKittyさん)
ほんわかした隧道愛。隧道ファンの癒し所です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。