隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春日氏とゆく! 暗闇トンネルめぐり(2)

kasuga1001.jpg

2010年10月16日。

神奈川県内のとあるコンビニで春日氏と待ち合わせをした。

午前5時のことである。

まだ、日は昇らない。

今日は埼玉県秩父市付近の隧道の探索である。

春日氏とそこに行くのだ。

春日氏とは、いったい、どんな御仁なのであろうか。

ドキドキします。



kasuga1002.jpg

春日氏がやってきた。

どうぞ、と助手席のドアを開ける。

春日氏がどか~んとシートに身を沈める。

春日氏は身長が18●cmもあるのだ。

こ、これが春日氏か!

当方は長年、「険道と標識のページ」でお世話になっている。

その春日氏が、オレの横に座っている。

オ~、ナイス。

隧道を語れるのだ。 あの、春日氏と。

ちなみに上の写真は、途中で通行止めでガビーン!の図である。

あ~腰痛っとストレッチをする春日氏。


kasuga1003.jpg

でー、なんだかんだと言いながら、最初のターゲットであるトンネルに到着である。

場所は“こちら”。

埼玉県秩父市の浦山ダム周辺のトンネルである。

山掴トンネル。

写真をご覧いただきたい。

出口が見えないのである。

きっと途中でカーブしているにちがいない。

浦山ダムにひっそりと佇む、コンクリート製のトンネル。

通行量は極めて少ないものと推測される。

人影のない寂しいダム湖のほとりに、ぽっかりと黒~い穴をあけて、誰かが通るのをじっと待っている。

あぁ~・・・出会いの瞬間にふと漏れた吐息である。


kasuga1004.jpg

トンネル内に一歩踏み出した、の図。 おぉ・・・。 暗いです。 そんな場所に身を置ける。 シアワセ。

  1. 2010/12/15(水) 21:47:15|
  2. 暗闇トンネル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<春日氏とゆく! 暗闇トンネルめぐり(3) | ホーム | 春日氏とゆく! 暗闇トンネルめぐり(1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zuidou.blog31.fc2.com/tb.php/418-8fbf722f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
ちょっと気になる所
(HiroKittyさん)
ほんわかした隧道愛。隧道ファンの癒し所です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。