隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

笹口隧道(2)

sassa107.jpg

さぁ、出発だ!

道は御覧の通り荒れている。 倒木が多いのだ。

でもまきき氏が前回探索した2年前は、もっと荒れていたという。

でも最初からこれだもんな。 先が思いやれるなぁ・・・なんて振りむいてみると・・・


sassa108.jpg

うれしそうにしているまきき氏が居た。

勇気百倍。

(ご注意:今回の探索は“トンネルコレクション”で詳しく放映されています。まず、トンコレをご覧いただき、その後隧道道をお楽しみください。)


sassa109.jpg

藪化しているところは、まきき氏の愛人、ナタリーの登場だ。


sassa110.jpg

しばらく歩くと、廃道が姿を消し始める。 トレースするのが難しくなってきた。

沢に降りて、その先を進むことにした。


sassa111.jpg

こんな風にしながら。


sassa112.jpg

沢をさらに進むと、消えた廃道がまた姿を現した。(写真ではよく分からないけど・・・)

そこで、沢と廃道の二手に分かれることにした。

当方は、沢。 まきき氏は、廃道。

沢のほうが楽そうに見えたし。 ワケー者はイバラの道を進むべきなのである。 あはは。


sassa113.jpg

沢から見上げたまきき氏。

ほぉ~ら、カメラなんて構えてると危ないよ! 落ちないようにネ。 ひひひ。


sassa114.jpg

だが、まきき氏の進んだ廃道は長くは続かなかった。

まきき氏も沢に降りることになった。

まきき氏気を付けて!


sassa115.jpg

落ちるよ落ちるよ!

アブネーっ!!


sassa116.jpg

さらに進むと、道が右と左に分かれていた。

さて、どちらを進むべきなのか。

当方が左手の沢を、まきき氏が、右手の廃道を進むことにした。

沢のほうが楽そうに見えたし。 青春者はイバラの道を進むべきなのである。 あーはっはっは。


sassa117.jpg

左手の沢の先は、このような状態だ。


sassa118.jpg

右手を行ったまきき氏は、またまた高い所で悶えているようだ。

ほぉ~ら、カメラなんて構えてると危ないよ! 落ちないようにネ。 ひひひ。


sassa119.jpg

沢道で見た、不思議な光景。 画像右をご覧ください。

なにこれ~・・・

なにこのしなやかな曲線~・・・。

  1. 2011/09/07(水) 13:56:57|
  2. 笹口隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<笹口隧道(3) | ホーム | 笹口隧道(1)>>

コメント

むふっ、この道(?)が現役扱いとはさすがマ○オン。おふたりの珍道中(?)佳境に入ってきましたね~ (・∀・)
しかし、ブログの写真、最初からある程度大きいサイズで表示した方が見栄えがいいですかね、、、おいらもレイアウト変更しようかなぁ、、、
  1. 2011/09/08(木) 02:59:00 |
  2. URL |
  3. パパゲーノ #K.YSh4yM
  4. [ 編集]

まいどありがとうございます。
この先も珍ならぬ、珍珍化しますので、ご期待ください!
  1. 2011/09/08(木) 09:21:22 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

なかなか手強そうな廃道ですね~。こんなんでもかつては四つ足を通していたのでしょうか…?
  1. 2011/09/09(金) 20:36:11 |
  2. URL |
  3. クイック・ニック #-
  4. [ 編集]

そこのあたりは、まきき氏が何かをつかんでいる・・・かもしれません・・・あたしはただ、目の前の困難を乗り越えるだけで精一杯・・・どうも、すみませ~ん!
  1. 2011/09/09(金) 21:46:31 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zuidou.blog31.fc2.com/tb.php/460-ade4f90e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
ちょっと気になる所
(HiroKittyさん)
ほんわかした隧道愛。隧道ファンの癒し所です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。