隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春日氏とゆく! 暗闇トンネルめぐり(21)

kurayami227.jpg

つり橋から無事帰還した春日氏。 次の隧道へ向かうため、急斜面を登り出す。


kurayami228.jpg

やがて、音取第一隧道が姿を現した。 長さ132m。 1987年3月竣工。

ここから、4つの林道暗闇隧道が続くのだが、立ち入り禁止の看板は一切なし。

ゲートをベリーロールで飛び越える必要もなく、我々は大手を振って道のど真ん中を進んでいったのであるが・・・・。

帰宅して写真をよく見ると、右下に「立ち入り禁止」と書いてあるではないか!

全く気付かなかった・・・。 ホントですよ・・・。


kurayami229.jpg

音取第一隧道内部の様子。


kurayami230.jpg

続いて現れた音取第二隧道。 長さ280m。 1990年3月竣工。

音取第一隧道の完成から3年が過ぎている。

落石を模したオブジェがキュートである。


kurayami231.jpg

音取第二隧道を進む春日氏。 身長18●cm、細身のシルエットが映える。


kurayami232.jpg

ズコズコ歩いて行くと、次の隧道が顔を見せ始めた。


kurayami2000.jpg

乾徳山トンネル。 今回の暗闇探訪シリーズの真打ちである。


kurayami233.jpg

長さ733m。 1997年竣工。 音取第二隧道の完成から、さらに7年の月日を費やしている。

出口は見えても733mはダテではない。 中央部付近は真っ暗になる。 ウソではない。 ホントである。


kurayami234.jpg

退避所。 この形状がたまんねぇ~・・・。

トンネルの中に、もう一つトンネルが掘られている・・・。 そんな風に見える。

しかもココはなが~いトンネルのほぼ中央部。 も~たまらん。 いてもたってもいられなくなって、入口へ戻ろうか、出口へ向かおうか、ボクちん、もうどうしちゃえばいいの!? あぁぁ~。 そんな気分なのである。


kurayami235.jpg

乾徳山トンネルを抜けると、すぐに次の隧道のお出迎えである。


kurayami236.jpg

乾徳山第2トンネル。 長さ194m。 2000年5月竣工。

最初の音取第一隧道の竣工が1987年3月だったから、それから13年もの月日が経過していることになる。

(完)

  1. 2011/12/26(月) 13:15:43|
  2. 暗闇トンネル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<沼沢トンネル(1) | ホーム | 春日氏とゆく! 暗闇トンネルめぐり(20)>>

コメント

♪もーいーくつ寝ると・・・寝正月~

こんばんは。
『乾徳山第2トンネル』の天井に照明(横向きな40W蛍光灯?)が設置してある様に見えますが・・・
もしかして、両坑口の壁にスイッチ在ったり???
あ、それじゃー新潟の『中山隧道』ですねぇ。f^^;
  1. 2011/12/29(木) 21:46:22 |
  2. URL |
  3. ё #.609e.qQ
  4. [ 編集]

733mの長大隧道ど真ん中での暗闇、、、平衡感覚がおかしくなってまっすぐあるいても何故かせり上がってくるような地面に躓きそうになりながらあるく感触、想像するだけでもゾクゾクです。(;´Д`)ハァハァ
  1. 2011/12/30(金) 00:25:48 |
  2. URL |
  3. パパゲーノ #K.YSh4yM
  4. [ 編集]

むむむ、あの長いトンネルの内部はこーなってたっけか。自分のデジカメのバッテリーがなくて、内部を撮れなかったのが心残りであります。
  1. 2011/12/30(金) 12:49:45 |
  2. URL |
  3. 春日 #qPQyGfck
  4. [ 編集]

ёさま

第1トンネルの中には、確かに横向き蛍光灯が設定されています。入口出口のスイッチは確かなかったような・・・。う~ん、やっぱりありません。もしあったら、こんな面白いもの見逃すはず無いもんなぁ~。
  1. 2011/12/31(土) 14:22:18 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

パパゲーノさま

確かに!!
平衡感覚が失われ、前につんのめるような感覚!
ありますあります確かにあります。
いつの日か、トンネルの中で熱いコーヒー飲みたい・・・(関係ないけど)・・・。
  1. 2011/12/31(土) 14:25:36 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

春日さま

色々行ってると、記憶がごちゃまぜになりますなぁ~。 自分も写真を見なければ思い出せません・・・。
  1. 2011/12/31(土) 14:28:00 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zuidou.blog31.fc2.com/tb.php/477-7a1075c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
道にあるちょっと気になる物
(HiroKittyさん)
新装開店!ほんわかした隧道愛は健在だ。隧道ファンの癒し所です。
maya46の日記
(mayaさん)
戦跡探索のプロフェッショナル。地元民しか分からない遺構を聞き込み調査で果敢に発掘!すごい行動力に脱帽です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。