隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

奥米の川廻し(5)

kawamawa124.jpg

いよいよその姿を現した川廻し。

デカイ! そして丸い!


kawamawa125.jpg

穴の中に佇むまきき氏と比べてほしい。

どのくらいの大きさか、分かった?

え? 分からない?

そうですか・・・。


kawamawa126.jpg

では、この写真をご覧ください。

穴の全景を入れるようにしてセルフタイマーで写真を撮ろうとすると、間に合わないくらいにデカイ!!

え? それでも分からない?

そうですか・・・。


kawamawa128.jpg

では、これならどうでしょう。

何回トライしても、やっぱり間に合わない、の図。


kawamawa129.jpg

丸い穴の先は、どーなっているのか。


kawamawa130.jpg

うわ! 滝になってる!

メチャ高い。

滝壺に吸い込まれそうだ。

落ちたら、おばぁちゃんに会えるかもしれない・・・。

しかしまぁ、よくこんなところに、こんなモンを作ったものだ・・・。

感心と感動である。


kawamawa131.jpg

振り返って見た、の図。

やっぱり、丸くてデカかった。

さて、今回の川廻しの旅もこれにて終了である。 DAiN氏、まきき氏ありがとう。

なお、DAiN氏、まきき氏のページでも川廻しの模様を絶賛放映中!

ココと、ココをクリック!!

(完)


  1. 2012/09/28(金) 09:31:39|
  2. 川廻し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<房総半島(98) | ホーム | 奥米の川廻し(4)>>

コメント

えー、まききさんの身長が5mくらいですから…うわー!17mくらいもありそうですね!!こりゃデカイw

しかしいきなり滝!っていうのが凄いですね…しかも垂直落下って。いつかは行ってみたいな~。
  1. 2012/09/29(土) 09:51:32 |
  2. URL |
  3. クイック・ニック #-
  4. [ 編集]

一枚目の写真を見たときは人が一人かがまずに通れる程度と思ったが、このサイズは凄いし、その先の滝と滝つぼは驚愕に値する。一連の隧道群に加えまさに南房総が誇る観光資源である。すごい。森田知事はどこまで認識しているのであろうか?
  1. 2012/09/29(土) 12:39:41 |
  2. URL |
  3. 怪力堂 #-
  4. [ 編集]

ぬわっ、デカいっ。前回最後の写真では、それほど大きいものとは思っていませんでした。それと、滝壺がコワ~っ。シャッターに間に合うように猛ダッシュすると、うっかり滝にダイブしそうです。あ、全力でも間に合わないんですね。。。(^-^;
  1. 2012/09/29(土) 16:30:03 |
  2. URL |
  3. パパゲーノ #K.YSh4yM
  4. [ 編集]

その節は本当にお世話になりました。
あの丸くて巨大な、垂直の壁面に穿たれた大穴。
上総の川廻しを代表するような物件だと思います。
あの場所をご一緒できて楽しかったです♪

また、帰り道では本当にお世話になりました(苦笑)。

よろしければまたいずれ、どこかの隧道で、ご一緒させてください!
  1. 2012/09/29(土) 17:53:33 |
  2. URL |
  3. DAiN #SFo5/nok
  4. [ 編集]

クイック・ニックさま

滝壺深いです。泳ぎが得意ならば、ダイブが可能と思われます。なお、当方は小学校4年まで泳げなかったというカナヅチですので、QNさまご来隧の際は、是非、よろしくお願いします!
  1. 2012/09/30(日) 11:55:26 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

怪力堂さま

実は、丸い穴から滝壺に下るロープが用意されています。このロープの信頼性は何ら確立されていませんが、怪力堂さまご来隧の際は、当方がロープを持ってますから、下降をどうぞよろしくお願いします!なお、森田知事は、大丈夫です。なにしろ剣道有段者みたいですから・・・。素掘り(素振り)は得意と思われます。
  1. 2012/09/30(日) 11:58:30 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

パパゲーノさま

穴から見た滝壺の恐ろしさはハンパないです。ヒザがガクガク。唇ワナワナ。いや、ホント、吸い込まれそうになるのです。まきき氏やDAiN氏が滝壺を覗き込んでいる姿を見ると、自分以上に恐くなります。もっと恐いのは、もう一人の自分が二人の背中を押してしまうかもしれないこと・・・。
  1. 2012/09/30(日) 12:02:03 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

DAiNさま

DAiNさんから、この川廻しのハナシを聞いてから、2年以上もたって、やっと訪問とは! こんなモノスゲェ~物件が、まさか、こんなところに・・・。
他の面白い情報も是非よろしくお願いします。
DAiNさんご専門の中で、個人的には、潜水橋が好き!!
  1. 2012/09/30(日) 12:05:47 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

トンネルを抜けたらそこは…あれ~ww

♪入れ入れ風呂入れほー 入れ入れ風呂ほっほっぉー
大きくなれよ!丸大ハンバーグ☆ 
(↑昔、こーゆーCM無かったっけ?)

クイック・ニックさん、どこで私の身長をご存じで??
先日、レンガ暗渠でオデコぶつけた所を見られたらしい…。

さて、身長が5mな私でもこの穴のサイズなら余裕でした。♪
因みに、体重は161Kgなので…
滝つぼに下りるロープは止めました。
(身長×体重の比は本物です。笑)
  1. 2012/09/30(日) 14:33:27 |
  2. URL |
  3. まききё #Yx4k.5to
  4. [ 編集]

そのCM、懐かし~
  1. 2012/09/30(日) 16:55:20 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zuidou.blog31.fc2.com/tb.php/511-24e7fdd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
ちょっと気になる所
(HiroKittyさん)
ほんわかした隧道愛。隧道ファンの癒し所です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。