隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一谷坂隧道(3)

kanden109.jpg

前回までのあらすじ:

相互リンク先の「穴と橋とあれやらこれやら」の記事を見て驚いた!

岐阜のとある山奥の旧道に、キューンとなる隧道が眠っていた!

入口はフツーだが、3歩進むとキューンと狭くなるのだ。

男たちはこの謎を解明すべく、立ち上がった。

一谷坂隧道である。


さて、先に進もう。

あまりに不可解なこの風景。

なぜに、ここにこんなものが・・・。

詳しくは分からないが、農作業に使用するマシンであると思われる。


kanden110.jpg

探索風景。

狭い。

車両の通行は不可であろう。


kanden111jpg.jpg

もう一つの不可解なもの。

床に散らばる編み籠のようなもの。

シュールな光景そのもの。


  1. 2012/11/01(木) 09:20:58|
  2. 一谷坂隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<一谷坂隧道(4) | ホーム | 一谷坂隧道(2)>>

コメント

某団体職員から見れば・・・。

 近所の農家のおっちゃん(又はS”)が使わなくなった農機具の“永久無可動保管”場所に無断借用したのでしょう。
  1. 2012/11/01(木) 22:25:01 |
  2. URL |
  3. おろろん #-
  4. [ 編集]

農家のおっちゃん、GOOD。
隧道にはあまりにも不釣合いな光景。
アートですな。
  1. 2012/11/02(金) 10:59:35 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

確かにもの凄くシュールな光景ですね(苦笑)。
とはいえ、あの入口に中もコレとは……凄い物件ですねぇ。車両での通行は、なんてことを言われてしまうと、自分が行く機会があれば、是非とも車両(といっても自転車ですが(笑))同伴で、入ってみたくなってしまいます。
  1. 2012/11/03(土) 22:58:32 |
  2. URL |
  3. DAiN #SFo5/nok
  4. [ 編集]

自転車はOKです!
いや、これホント。
これからご紹介する小崩落、大崩落とも、自転車の通行に問題はないでしょう。
ただ、床がデロデロなので、愛車が黄土色になることは必至ですが・・・。

  1. 2012/11/04(日) 21:35:08 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

東側からですといきなりダウンヒル(坑門にド頭しこたま打ち付)でかなり厳しいですが・・・。
 その道のアホーには泥付を極力減らす(水だけでほぼ落とせる)アイテムがありますのでご心配なく。
  1. 2012/11/11(日) 20:42:08 |
  2. URL |
  3. おろろん #-
  4. [ 編集]

アハハハ
確かに。
自転車で勢いよく突っ込むも、坑門に頭ゴッツンして仰向けにひっくり返り、派手に転倒。
ドリフの世界ですな。
「アイテム」とは・・・?
何でしょうか・・・?

  1. 2012/11/12(月) 09:22:30 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

予め対象物に吹いておけば水洗いだけで泥が殆ど落ちてくれるスプレーなんですがね。いろいろと便利なので自分はMTB・長靴・靴底などいろんな物につけてます。ただお値段がいささか高いかなと・・・。
 ホルメンコールでググると出てきます。
  1. 2012/11/13(火) 21:27:57 |
  2. URL |
  3. おろろん #-
  4. [ 編集]

超撥水スプレーですか!
なるほど!
情報どうもありがとうございます。
「靴底」
なるほど~
フツーの靴で長い間雨に打たれていると、滲み入ってきます。
そういう使い方もありましたか・・・。

  1. 2012/11/16(金) 14:48:41 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zuidou.blog31.fc2.com/tb.php/515-b7bae3c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
ちょっと気になる所
(HiroKittyさん)
ほんわかした隧道愛。隧道ファンの癒し所です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。