隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一谷坂隧道(4)

kanden112jpg.jpg

前回までのあらすじ:

先日、ベランダで布団を干そうとしたら、視覚の隅に何か見慣れない黒いものが写った。

ゆっくりと右斜め上方を見上げると、いた。 そいつが。

Gである。 黒い大きなソイツは壁にへばりついて羽根を休めているようだ。

どうしたらいいのか。

気がつくとぼくチンの右手には●●ジェットプロが握られていた。

シミュレーションしてみる。

●●ジェットプロを噴射する。 Gはしばし壁に留まり、そしてベランダの床に落下するであろう。

では実践である。

●●ジェットプロを噴射する。 Gはしばし壁に留まり、やっぱりベランダの床に落下してもがいている。

さて、ここで問題である。

この先、ぼくチンはこの未確認生物をどのように処理したらいいのか。

カナブンやカミキリやカブトムシは平気なのに、なぜGはダメなのか。

そう言えば、当方は毛虫も大っきらいである。

しかし、これをカワユイと言って慈しむ変態もいるのだ。

まきき氏である。


さて、前方に崩落部が見えてきた。


kanden113jpg.jpg

床はご覧のとおり、デロデロである。

一歩進むごとに、デロデロが長靴にへばりつき、動きにくい。


kanden114jpg.jpg

崩落部である。

下には編みかごが散乱していた。

kanden115jpg.jpg

崩落部の上に乗っかって、入口方向を見た、の図。




  1. 2012/11/08(木) 09:16:12|
  2. 一谷坂隧道
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5
<<一谷坂隧道(5) | ホーム | 一谷坂隧道(3)>>

コメント

初めまして

doodoongooさん、こんばんは。
初めまして、いつもブログを楽しく拝見させて頂いております。e-257

実は、私も“G”が大の苦手でして…。e-447e-330
後、隧道などに居る“v-523GG”も、見ただけでも「ゾッ!」っとしますね。e-444

話は変わりますが、上の一谷坂隧道のe-94写真…。
v-512e-77ライトで照らすと、私は新潟県の旭隧道を思い出しました。

しかし、足元に何でこんなに大量の“編み籠”が散乱しているのでしょうね。e-441
  1. 2012/11/08(木) 22:40:07 |
  2. URL |
  3. ひろキティ #kTjA9xso
  4. [ 編集]

ひろキティさま

はじめまして、こんにちは!
ひろキティさんのお噂はかねがねまきき氏から伺っております。
今後とも、当ブログをご贔屓のほど、よろしくお願いします。

まきき氏のライトの先に見える光景は、確かに旭隧道のようですなぁ~
こういうゴツゴツの素掘りの中に身をうずめると、なんとも言えない気持ち(幸福感、なぜか焦燥感、その他色々)になりますなぁ~

編み籠はいまだに謎です・・・。

  1. 2012/11/09(金) 08:26:05 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

いやぁ~~~ん♪

こんばんは♪

なんてステキな、荒々しい素掘りでしょうか♪♪♪
昇天しそうになりました(笑)

デロデロの路面が写っていますが・・・。
同じ状態の路面を匍匐前進する勇気があれば、富山県の某物件を優待可能です(^o^;
  1. 2012/11/09(金) 19:24:49 |
  2. URL |
  3. 険酷隧 #-
  4. [ 編集]

あはぁ~ん
富山また行きます行きます逝かせてください!
匍匐前進は練習しときます。
よろしくお願いします!

  1. 2012/11/09(金) 21:22:30 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/11/10(土) 08:29:00 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zuidou.blog31.fc2.com/tb.php/516-037cb5c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【一谷坂隧道(4)】

前回までのあらすじ:先日、ベランダで布団を干そうとしたら、視覚の隅に何か見慣れない黒いものが写った
  1. 2012/11/21(水) 16:23:13 |
  2. まっとめBLOG速報

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
ちょっと気になる所
(HiroKittyさん)
ほんわかした隧道愛。隧道ファンの癒し所です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。