隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

房総半島(100)

tsuki104.jpg

隧道内に侵入。

なお、侵入には地元のおばあちゃんの許可を得ている。

先頭はパパゲーノ氏(パパ氏)だ。


tsuki106.jpg

出口坑口付近。

藪化している。


tsuki107.jpg

その先はどーなっているのか。

パパ氏が突っ込んでいく。


tsuki108.jpg

パパ氏の姿がすぐに見えなくなった。

その先に道はないのだ。

地元のおばあちゃんの話では:

「この隧道はワタシが小さい時に小学校への通学路としてよく通ったよ。」

「隧道の先には川があって、流れ橋が架かってたよ。 橋の板きれにはワイヤーが固定されていて大水で橋が流されてもワイヤーを引っ張って元に戻したっけ。」

「しかしこの隧道の先の道は、十年くらい前に崩れ落ちてしまい、そのまま今に至っているのさ。」


tsuki109.jpg

出口付近から振り返ってみる、の図。


  1. 2013/07/19(金) 09:26:05|
  2. 房総半島の隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<房総半島(101) | ホーム | 房総半島(99)>>

コメント

房総半島100回記念!

「コイツ誰だぁ?」と思ったらオイラでしたか(^-^;
冬に鳴ったら、隊長お得意のロープを持ってゴッソリいっちゃった路盤跡をたどりたいですね~
  1. 2013/07/20(土) 01:23:53 |
  2. URL |
  3. パパゲーノ #K.YSh4yM
  4. [ 編集]

皆々様のご協力により房総半島も100回掲載と相成り、その記念をパパ殿に飾っていただきました。
ありがとうござぃます。

冬になったら再訪ですな。
今の季節はやべぇっす。
ヒル男爵になってしまう・・・。
  1. 2013/07/20(土) 09:58:13 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

流れ橋!?

パパゲーノさんの帽子が良くお似合いですねぇ。
そして、なんと! 昔はこの先に流れ橋が!?
地元のおばあちゃん情報がまた素晴らしい!
でも、今の季節にはホント、再訪不能ですね(苦笑)。

ヒルというと火であぶるのが定番ですが、
海外ではライムを用意して絞り汁で落とすそうで、
少し前まではポッカレモン100を携行していたのですが、どうやら単なる塩でもOKらしいので、扱いの容易な食卓塩持参が妥当なようです。

火であぶるのは、背中とか、場所に寄っては難しいですからねぇ……。
  1. 2013/07/21(日) 23:02:58 |
  2. URL |
  3. DAiN #SFo5/nok
  4. [ 編集]

流れ橋を確認したくて、川の向こう側からアプローチしようと試みたのですが、道が見つからないし、暑いし・・・。
DAiNさんの出番ですな。

ヒル超こぇ~・・・
何しろ、気付かないうちに血だらけになってしまうのですよ!
見た目も気持ちわりぃし・・・。
  1. 2013/07/22(月) 12:20:15 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

[絵文字:e-407]

近くで草刈をしていたe-407麦わら帽子の
おいちゃんに案内してもらいました…。(一番↑の写真)

●流れ橋、おばちゃんの証言によれば↓●
☆大雨降って橋が流される事もあった…。
☆橋板は流される事を想定してあって、ヒモで繋がっていた。
☆増水が引いた後、プカプカ浮いている橋板を皆でパタンっ!と戻した。
☆近くの小学校へ通うのにこの隧道と流れ橋を使っていた。

ひぃ~何とも萌える話ですねぇ♪
  1. 2013/07/23(火) 17:50:35 |
  2. URL |
  3. ё #LiejO.PI
  4. [ 編集]

あ~そうそう。
確かにそんなお話でしたね。
ヤマビルのショックでだいぶ記憶が飛んでしまった・・・。
あ~ワシも隧道と流れ橋で小学校に通いたぃ~。

  1. 2013/07/25(木) 13:20:14 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zuidou.blog31.fc2.com/tb.php/550-7d433d5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
ちょっと気になる所
(HiroKittyさん)
ほんわかした隧道愛。隧道ファンの癒し所です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。