隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

房総半島(101)

tsuki110.jpg

折角なので、月崎周辺の隧道をご案内~

五角形の断面に誰もが度肝を抜かれます。


tsuki111.jpg

内部も美しい五角形。


tsuki112.jpg

と思ったら、今度は突如、丸!

よくもまぁ、ここまで丸く出来たもんだ・・・。


tsuki114.jpg

今度は、異形!

やろうと思っても、こんな形は思いつかないなぁ・・・。


tsuki115-1.jpg

お次は、四角!

ウロコのような岩が坑門を形成。

だが・・・

ここまでは良かった・・・

撮影場所は“この辺り”。

あぁこんな事になろうとは、ここはヤマビル蔓延中。

まきき氏足指大出血。パパ氏股間にヒル吸着。

パパ氏の叫びが聞こえます。こんなところを刺されたら、ボクチンお婿に行けません。

あ~ら大変どうしよう。早くズボンを脱ぎなさい。股間に何かがぷ~らぷら。

虫よけスプレー良く効きます。さっと一掛けしんぜよう。どっちがホントのヒルですか・・・


チョ~こぇ~

廻りに見えるものすべてが、ヤマビルに見えた。

ちなみに当方は、なぜかまきき氏のテリオス号に引きこもっていたため、被害を免れた。


tsuki116.jpg

みなさん、気をつけましょう。

(上の写真はbyまきき氏。別名ゲジゲジ博士あるいはヤマビル博士)


  1. 2013/07/25(木) 13:16:16|
  2. 房総半島の隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<奥只見シルバーライン(1) | ホーム | 房総半島(100)>>

コメント

マダニよりは格段にマシとはいえ・・・

 最近あちこちで増えてますね~。昔、蛭の名産地は東の早出(新潟・福島)、西の鈴鹿(三重・滋賀)と言われてましたが最近はありとあらゆる場所に巣くっていますね。鈴鹿でも花崗岩地帯は昔少なかったですが最近は結構いる模様です。
 そういえば去年よとと隊長とピカ氏と共に尾鷲の山の中を漁ったときにお二人は蛭祭りで狂気乱舞してましたが私だけ無傷・・・忌避剤塗ってなかったんですがね?
 まあ、血吸われるだけで病気は媒介しませんが、大きいのが鎌首持ち上げて揺れてるのはいつ見ても悪寒が走ります。
 鹿が媒介していて、その鹿が増えすぎて生息域を広げてるのが原因だそうです。ですから鹿の群れを見つけましたら心置きなくマシンガンでなぎ倒しましょう(爆)
  1. 2013/07/25(木) 21:54:20 |
  2. URL |
  3. おろろん #-
  4. [ 編集]

まきき氏の情報によれば、数年前まで撮影場所付近のヒル被害は少なかったそうです。おっしゃるように、ヒルの生息域拡大中!一瞬のうちにヒトの体に吸着し、血吸いまくる。うわぁ・・・ チョ~こぇ~・・・
猟友会に入るしかないのか・・・。
  1. 2013/07/26(金) 09:48:46 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

ここにも蛭ですか〜!! (・o・)

こんにちは。e-454
懐かしいですね。実は、私が初めてこの隧道を訪れたのが、1997年頃だったのですが…。
当時は、この辺で蛭の話を聞いた事がありませんでした。e-451

ここ最近ですね。
房総半島の山間部、ほぼ全域に夏場は蛭、冬場はツツガムシの被害が拡大しているそうですね。e-447
  1. 2013/07/28(日) 17:05:12 |
  2. URL |
  3. ひろキティ #kTjA9xso
  4. [ 編集]

こんばんは。
え~
夏は蛭、冬はツツガムシ・・・
いつ探索したらいいのでsho!?
  1. 2013/07/29(月) 21:39:42 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zuidou.blog31.fc2.com/tb.php/551-fe590bc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
ちょっと気になる所
(HiroKittyさん)
ほんわかした隧道愛。隧道ファンの癒し所です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。