隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

旧黄和田隧道(4)

kiwa009.jpg

隧道が貫通しているのならば、向こう側の坑口を確認せねばならぬ。

我々は新黄和田隧道をくぐりぬけ、探索を開始しようとする。

だが・・・。

まぁ~ここで記念撮影する必要はないんでないかぃ?


kiwa010.jpg

新黄和田隧道のその先に、探索スポットがあるらしい。

赤い矢印の如く、谷を登るのだ。


kiwa011.jpg

でも意外に険しいのである。

つかまる何かがないと、滑落してしまう。

デジカメを構えている場合では、ないのである。


kiwa012.jpg

険しい山道を克服したのは良いが、反対側坑口は中々見つからない。

そのときである。

パパゲーノ氏が何かを見つけたのである。


kiwa014.jpg

これだ!

まさしく、これが反対側坑口なのである。

顔を近付けてみる。

隧道内の風を感じる。

隧道内の独特な香りが吹き上がってきた。


kiwa013.jpg

軍手と比べて下さい。

穴はすげぇ~小さい。

なお、詳しいレポは、まきき氏のトンネルコレクション、および、パパゲーノ氏の道にあるちょっと古いものを是非、ご覧下さいませ。

(完)

  1. 2013/11/17(日) 20:52:24|
  2. 旧黄和田隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<房総半島(102) | ホーム | 押日(7)>>

コメント

では、掘りて穴を広げませう。
  1. 2013/11/17(日) 21:04:33 |
  2. URL |
  3. おろろn #-
  4. [ 編集]

では、スコップ買いませう。
  1. 2013/11/19(火) 07:48:21 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

非公式(超仮)再開通ノ通報ヲオ待チ申シ上ゲ候。
  1. 2013/11/19(火) 22:54:28 |
  2. URL |
  3. おろろn #-
  4. [ 編集]

閉塞部分を外側から掘るのはまぁ~安心ですが、内側から掘ったらどうなっちゃんでしょうか。
微妙なバランスで穴の形状が維持されているとしたら・・・。スコップ一回振るっただけでサヨヲナラ。
  1. 2013/11/21(木) 07:41:02 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

 ソノ時ハ只、一本ノ線香ヲ勇者ニ捧グルノミ。
  1. 2013/11/21(木) 22:40:05 |
  2. URL |
  3. おろろn #-
  4. [ 編集]

うふふふ・・・。
わかりましたよおろろn殿。
今日の肴はなんですかぁ!?
逝っちゃってくださぁ~い!!!


  1. 2013/11/23(土) 20:18:58 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

アーチの横の・・・。

こんばんは♪

御無沙汰しておりますm(_ _)m

アーチの横の2本の縦溝?ですが、これって排水?用なのでしょうか?
富山県内の隧道では谷原隧道以外には無い?ので、以前から気になっているのですが・・・。

皆さん、とても楽しそうですね♪
  1. 2013/11/30(土) 23:21:25 |
  2. URL |
  3. 険酷隧 #-
  4. [ 編集]

あぁっ!
ほんとだ、こんなのがあったなんて・・・。
全然気が付きませんでした。
我々は、反対側坑口を求めてここ掘れワンワン、キャイ~ン状態だったので。
次回の機会に観察等いたします。

ps
傷口はふさがりましたか?


  1. 2013/12/02(月) 21:50:20 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zuidou.blog31.fc2.com/tb.php/562-a015ce5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
ちょっと気になる所
(HiroKittyさん)
ほんわかした隧道愛。隧道ファンの癒し所です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。