隧道道

隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

王滝森林隧道(3)

otaki102.jpg


こんにちは! 皆さまお元気ですか?

すっかり年刊誌となってしまった隧道道です。

前回のアップから4ヶ月も経ってしまいました・・・。

月日が経つのは早いものですなぁ~。

更新しなくてはと思いつつ、思ってるだけでああ、4ヶ月。

読者の皆々様、申し訳ございませんでした。

今後はなるべく隙間なく、レポをお届けしたいと思います。

さて、三浦屋のおばあさまの衝撃的な発言の先をお知らせしなくてはなりません。

四つん這いの隧道は、この隧道の中にあったようです。


otaki105.jpg

王滝トンネル。


otaki104.jpg

王滝トンネルは、王滝森林鉄道のレールが敷かれていた場所。

かつてはこのトンネルの壁面から、四つん這い隧道が分岐していたそうな。

今はすっかり埋め戻され、確認することすらできません。



  1. 2014/11/16(日) 21:36:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<熱海の隧道(1) | ホーム | 王滝森林鉄道(2)>>

コメント

あらま、そういうオチだったんですか Σ(゚д゚lll)ガーン

しかし、数年前、千葉のアノ隧道で埋め戻しのために30センチあるかないかという隙間に果敢に突撃しようとした隊長の姿が今でも目に焼き付いています。嗚呼、これこそ隧道道、求道者の姿だ、と

M氏には悪いけど、アレも記事にしちゃおうかな?( ̄ー ̄)ニヤリ
  1. 2014/11/18(火) 01:11:13 |
  2. URL |
  3. パパゲーノ #K.YSh4yM
  4. [ 編集]

四つん這い隧道に入れると思い、遠路はるばる王滝村まで。
しかし、結果はご覧の通りでした。
あ~残念無念。
四つん這いになりたかった・・・。

さて

あの30cmの隙間~ 思い出深い・・・

記事を楽しみにしております。

  1. 2014/11/18(火) 21:29:26 |
  2. URL |
  3. doodoongoo #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zuidou.blog31.fc2.com/tb.php/573-fc32cc3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バナー(険酷隧さまご提供)

隧道道バナー (2)

プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
長くて狭くて暗い隧道を探します。

相互リンク

「険道と標識のページ」
(春日さん)
胸がキューンとなる険道を多数紹介されてます。
トンネルコレクション
(まききさん)
素掘り隧道、趣あります。必見です。
ORRの道路調査報告書
(へなりさん)
緻密な筆致でもって様々な道路・隧道が紹介されてます。
山さ行がねが
(ヨッキれんさん)
様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
険酷隧に魅せられて・・・。
(険酷隧さん)
富山県の隧道を愉快に紹介されてます。池原隧道は必見!!
道にあるちょっと古いもの
(パパゲーノさん)
視点が違います。 隧道愛。 隧道好きにはグッとくきます。
水辺の土木遺産
(DAiNさん)
土木遺産に関する知識や行動力がすごいんです。 必見です!
穴と橋とあれやらこれやら
(クイックさん)
隧道好きの心の琴線に触れる記事が満載です。新規開店!キューンとなること間違いなし!!
道にあるちょっと気になる物
(HiroKittyさん)
新装開店!ほんわかした隧道愛は健在だ。隧道ファンの癒し所です。
maya46の日記
(mayaさん)
戦跡探索のプロフェッショナル。地元民しか分からない遺構を聞き込み調査で果敢に発掘!すごい行動力に脱帽です。
隧隧道
(別館)
隧道道の期間限定別館です。お暇な方はどうぞ~

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。